管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

バージンロード後※不動産の話

死にそうな顔をしているお父さんにエスコートされてバージンロードを歩ききった所に新郎が居ますよね。いつの間にかお父さんは着席していて、公衆の面前で新郎とキスしたりするあの儀式、見慣れない頃は衝撃でした。チャペルを出たあと、新郎が新婦のドレスの中にもぐりこんでガーターベルトを取ってきてドヤ顔されてるとか、少し前までお父さんと一緒にバージンロードを歩いてた新婦がですよ。展開が速すぎてついていけないと思いました…見慣れない頃は。

元付・客付・管理会社ってお客さんにはわかりにくいですね。…っていう、ブログ記事を読んでいて、思いました。お客様を新婦に例えるなら、お父さんの手を離れて、新郎の所に行った…という出来事は、新婦にとって『片付いた』ことではないのです。その日の写真をリビングに飾っているのかも知れません。近いうちに新郎の両親と厄介な交渉をしなければならない日が来るなんて全然予想していない…という状態ではないでしょうか。カレシとして素敵だった新郎は、両親が嫁に意見するための伝書鳩に役割を変えた…としても気付かないのかも知れません。※例外が有るのは確かですが、結婚は原則、目出度くて素敵で推奨されるべきことです。

『結婚式を挙げたら幸せになれる』って思い込んでいてその夢が適った所…という新婦は、結婚後の生活を冷静かつ客観的にとらえていないことがあります。『マイホーム買ったら幸せになれる』って信じて下さるお客様には営業マンが税金のお話ぐらいしているとは思いますけど…浮かれ気味であまり冷静ではないような?不動産取引全体を把握しないまま間取り図を見比べてコレッって決めてご連絡下さる方が大半ではないでしょうか。喋るのが仕事なので、営業マンは買えそうなお客様にはポジティブな気持ちになるような話し方をしているでしょう。

賃貸の場合も、元付と客付と管理…って流れは考えずに来店されるでしょう。詳しくは、未経験から始める不動産業 様に解説をお願いするとして、だいたいのお客様は、お父さんのように信頼している客付業者さんと一緒にバージンロードをポジティブな気持ちで歩いてきたのだと思います。その後、お父さんは行方不明にはならないけど、『今後は新郎に連絡取って下さい。』って連絡先を渡されて、『あれ?そういう展開?!』って戸惑うかも知れません。でも、好きな間取りのお部屋に住める高揚感でいっぱいなので、わりと聞き流してしまう…のかも?

売買の場合、エンド さんには、『価格査定なんて、どうせ不動産屋が買い叩くためにわざと安い値段付けるんだ!』なんて言われてしまうことがあるのですが。これも、物件価格を相談して決める元付け業者・買主様を連れてきて下さる 客付け 業者・買主様…という別々の役割を担った人たちがそれぞれの思惑があって動くという流れをご存知ないから生じる誤解。不動産屋さんは成約価格が高ければ高いほど報酬がたくさん頂けるから、そこは疑わないで欲しい…ということをしつこく書いておいた上で。人生の転機を迎えて気分高揚しているお客様に、取引の流れや登場人物の役割を冷静に把握して頂ける方法を考えたいものです。…難しい?

清き一票を♪

何度でもパパパパーン

【人はパンのみにて生くるに非ず】←悪魔の誘惑を退けようと発せられた言葉です。


ある不動産会社のためにお金を稼いでくる部署は営業部(仮名)であり、私はそこで経費を使わせるパートをしておりました。その近くには経費を使わせる総務部(仮名)の事務所が有り、接客スキルとか事務処理速度とかを期待されなくなった方が何人か在籍しているように見えました。勤続年数の長い人の集まりだから粗相の無いように、とだけ言われてきました。

『ちょっと、パートさんたち。総務部の方からの連絡があるから全員聞いて。』営業部の社員さんが若干迷惑顔で私たちを呼びました。『じゃあ、あとはよろしくお願いします。』総務部の言うとおりにしなさいという意味なのでしょう。『総務の仕事が大変だから、1人か2人、手伝いに来て欲しいの。』不動産業界に身を置いたことのある人間なら、今が繁忙期ってご存知ですよね!パート全員が思ったと思いますが、みんなおりこうさんなので文句は言いませんでした。

全員が仕事をたくさん抱えていて、本当のところ、手伝っている余裕なんてありません。でも、営業部が逆らえない相手からの要望であり、どんなに嫌がっても拒否できないのでしょう。嫌がることで心象を悪くする前に腹をくくるべきだと判断しました。『自分で言うのもなんですけど、私は人の二倍働けます。私一人加わるだけで大丈夫だと思いますよ。』同僚パートのみなさん、私が抜けたあとの営業部をよろしくね。無言で送ったテレパシーは伝わったと思います。

電卓



手伝うことになったお仕事は、エクセルで作ってみた表が正しく計算してくれなくて(?)、SUM関数を疑う必要があるから全部電卓叩いて検算しないと(!)という感じの内容。『元データを最初から見直してみた方がいいかも知れませんね。』一応言ってみたし、総務部のオジサンの中には、『営業部のやり方に変えた方がいいんじゃないのか?』って言って下さる方もおられたけど、私を連れてきたオバサンは私が自分の言う通りに動くことしか望んでないご様子。

オバサンが納得する程度にしばらく動いてから、徐々に総務部が必要としていたはずの業務を片付けられるようにしていきました。『ずっと一人でこれ抱えてきたけど、やっと今日で終われる気がするわ。』『たった一人でパソコンに向かい続けるお仕事って気が滅入っちゃいそうですよね。大変ですね。』『そうなのよ。私の苦労わかってくれる人が居て良かったぁ♪あっ、そうだ…』

この手のオバサンがもったいつけて出してくれるおやつ。だいたい予想できるけど、『常識的に想像してたのと違うじゃない!』って顔で落胆したら好意に対して失礼です。非常識的に過度の期待をしてしまう、お目出度い女になりきる方が雰囲気を壊しません。『アレッ?その小さな冷蔵庫からウェディングケーキが出てくるんじゃなくって?』って大きく期待した後でガッカリする方が面白いと思うんですよね。『私のケーキ、半分あなたに分けてあげるわ。』

『ケーキ?!ケーキですかっ?♪パパパパーン♪パパパパーン♪』夏の夜の夢より、結婚行進曲を上機嫌な不動ゆり子が熱唱。『え?え?そんなケーキ期待されたら出しづらいじゃない。』オバサンが出してくれたのは、ウェディングケーキでもショートケーキでもなく、蒸しパンでした…。1本500円ぐらいするロールケーキが出てくるかと思っていたので本当は驚いていました。

『うふふ、冗談です☆今日は頭使いすぎてお腹すいてたので、おやつ嬉しいです♪』オバサンをご機嫌にしつつ本来の業務を片付けたことで総務部に貢献したよ…という意味で営業部のお役に立てたと思いますし。総務部に引っ張られる人員を一人に絞ったという意味でも営業部のお役に立てたと思いますし。同僚パートさんたちが私の抜けた分いつもより多く働いている間に、別室で私が好き勝手に歌ったりおやつ(1個98円の1/2量)頂いたりしていても…許されますよね?美味しく頂きながら、パンとケーキはだいぶ違うと思っておりますが、何か?

清き一票を♪

祝福の時期

若い頃はこの時期、仕事も遊びも多忙だったのに~っと思っているうちに思い出しました。特にクリスマス前は是非とも開催してって言われがちで、よく合コンしていたものです。持ち帰られたことは一度もない(笑)けど、楽しいこともあったものです。男友達が増える!ってのは有るけど、女友達の女友達を知るきっかけにもなりました。『大人しそうに見えて実は頑固な友達と二人で旅行に行くことになってたんだけど、突然こんなこと言われて焦ったのよ~』…っぽい話題の、最初の方の説明が不要になります。実益が少なく地味なメリットですが、何か?

合コンで出会った男友達も当初は『長身かつハンサムだ!』ってことしか知らなかったけど、何度も組み合わせを変えてコンパしていくうちに華やかな見かけの割に地味な中身とか理解できるようになるのもメリットの一つであり…。『我ながら天才的な組み合わせをひらめいた!』ってセッティングした合コンで出会った二人が結婚したのが一番嬉しかったかな。かなりの数打ってゴールインしたのがたったの一組ではありますが、偶然が重なってちょうどいい人同士が納得してお互いを生涯のパートナーとして選ぶきっかけを作る…という行為は好きみたいです。

不動産仲介業も似たような理由で大好きです。臨終の時までそこに住み続ける可能性は高くないかも知れないけど、およそ一生そこに居たいと思えるようなマイホームをお探しの買主様。決して安くない費用をかけて取得したであろう財産を何らかの理由で換金したくなった売主様。お互いに求めている相手は一人居れば足りるはずですが、通勤や教育の問題で妥協したくない部分があったり、ローン残債や今後の出費の関係で値引きできない部分があったりして、簡単には相手を見つけられないことはよくあります。おバカなパートさんの頭の中では、成約する度に感動してゼクシィのCMのような目出度いファンファーレが流れます。♪パパパパーン♪

『不動さんが刷ってくれたチラシで俺の顔を宣伝できてたから成約できました』って営業マンに言われたことはないけれど、『なんか不動さん来てくれてから運が上がったのか、契約増えたんです。ありがとうございます。』ってお礼を言われるのも嬉しいです。要するに成約につながることは何もしてないけど、勤務している不動産屋さんが目出度いと言っているのだから嬉しい気持ちを共有したくなるものです。幸せのおすそ分け…までは期待していませんけどね。

契約後、決済までの期間に色んな金融機関にもご協力頂いております。これからお金を貸して下さる側はニコニコ協力的なことが多いのですが。早めに返されるのが面白くないのか、生まれつき仏頂面なのか。抹消される側の担当者に無愛想な方が多いのが面白くありません。こんな時期だから余計に他人が幸せそうにしているのが面白くないと思われるとして、その気持ちが理解できなくもありませんが。機嫌よく目出度がってる方にはニコニコと『おめでとう』って言いましょうよ。運を上げるための、おまじないの言葉です。パートさんが 物件確認 ついでに他社様に祝福の言葉を安売りするのにはウラが有るかも知れませんが、何か?

清き一票を♪

不動産うらない

うらない…ひらがなで書いてみると『占い』って売買取引したいものにとって縁起の悪い言葉であることがよくわかりますね。それはさておき、昔々ある所で、自らが不動産屋になるとは想像もしていなかった少女が先輩の質問に答えていました。『不動産の種類…ですか?』『そうよ、どんどん言ってってよ♪』『新築一戸建てとか?』『そうそう、もっとよ。』『中古のマンションとか…』『もっともっとたくさん!』『文化住宅、ぼろアパート。中古の一戸建てに新築マンション…』思いつく限り言いました。

一部始終を聞いていた友達が同じ質問をされ、『建売住宅、注文住宅、新築のお城!、中古の大豪邸、億ションの最上階♪』豪快に答えていました。この質問、三番目に答えた物件が、将来自分が住むことになる居宅(きょたく?いたく?読み方に迷ったら、絶対正しい不動産屋 でご確認下さい)なんですって。文化住宅に住むことになると言われた私は、そのイメージがよくなかったこともあって軽く落ち込みました。新築のお城と答えた友達がドヤ顔しているのを悔しい気持ちで見ていました。

当時の私の認識ですが。竣工当時にメジャーだったアパートと比べていくらか文化的だと言われてついた呼び名の文化住宅は、古いデザインであるため現存する建物は老朽化していて防災面で不安であるというイメージでした。その後10回ぐらい引越しを経験しましたが、文化住宅以外の私が羅列した種類の居宅は経験することになりました。意識して避けていたのかも知れません。現存する建物が少ないので希望のエリアで集めた図面に引っ掛からなかったのは確かですが、何か?

その後の調べによると、文化住宅と呼ばれる種類のものには、大正時代~昭和初期頃に立てられた洋館っぽい建物も有るということを知りました。面白そうなので住んでみたくなりましたが、ますます現存している数が少なそうです。この不動産うらない、私に関しても友達に関しても当たりませんでした(新築のお城をご主人が将来建てるとは考えられません…一戸建てを建てたところですし)。

占いなんて当たらないもの、という証明をした実績しかございませんが、ご存知ない方が周りにおられたら、試してみて下さい。さんざん言わせて三番目だけが正解ですって。この亜流で自動車占いというのがあって、スポーツカーだのセダンだの軽四だの色々答えたことがございます。その後、乗り換えた車種も10を超えている私が、当時三番目に答えた『ライトバン』だけ未経験ですが、何か?

清き一票を♪

引越しに必要なもの

あらヤダ、一ヶ月も経ってまして?『また』って感じですけど…引っ越してました!不動産屋さんだからそういう番組に声かけて頂いただけだと思ってたけど、本当に私は引越しファンだったようです。年に一回ってことは無いつもりですが(だいたいの賃貸借契約が2年なので何となく2年縛りを受けているような気分で)。『いえ、私、引越しを控えてるので…』って言ってるのに、『不動さん慣れてるじゃない?いいから来てよ。』…ってノリで、それなりの日常生活を送りながら過ごしてきました。

私の考える、引越しに必要なもの。【大金】これが有れば、何とでもなる!私には無いのでお金で解決出来ず、お財布に優しい方法を選びました。【時間】例えば元の家をあと一年自由に使える状態で次の家も借りるという場合、少しずつお金のかからない方法で運べばそのうち運び終わるはずです。【車両】乗用車で運べない大きさの家具を運べるようなトラックなど使えると助かります。レンタル料金を払えば良いのでしょうけど、無料で貸してくれるコネが有れば費用が大幅に浮きます。【男手】8tまでの車両は女性でも動かせそう?積み下ろしには男性できれば複数名居て欲しいところ。

【梱包資材】私が小ぶりで肉厚のダンボール大好きってことは書きましたっけ?特に意味もなく集めたがるものですが、引っ越そうと思ったらハイピッチでスーパーやドラッグストアでもらって帰ります。徒歩でも小さい箱なら5個以上は運べます。ガムテープや紐、PPバンドも普段から捨てずに在庫。緩衝材になりそうな物も引っ越したくなってきたら捨てずに貯めます(新聞とってると余裕?)。

大型の家具・家電類は既に売却済みということも有りますが、今回は手伝いの男の子にお礼として奢ったご飯(千円ぐらい)と紐2組(210円)以外の出費は無くて済みました。次回は使用済みの紐を在庫しておいた分で済むように梱包スキルを磨いておき、千円以内で引っ越すことを目指します!

清き一票を♪

相続順とか

その昔、日本軍が使っていた戦艦を見に行きました。何年かして、日本軍が使っていた戦闘機を見に行きました。更に何年かして、日本軍が使っていた自転車を見に行きました。だんだん小さくなってきましたが、何か?色々見て気付いたのですが、予習してから本物を見る方がいいですね。百聞してから一見しようって昔の誰か言ってませんでした?予習しよう!って構えると難しく思いがちだし、『80歳以上のおじいさんが何人も登場する話』って私の下手な紹介では良さが伝わりませんが。

永遠の0 (講談社文庫)

中古価格
¥700から
(2013/6/17 17:45時点)



戦闘機のことをよく調べられていて、こういうの読んでから見に行った方が良かった!と思いました。知識を得てからだとどこをどう見たらいいかよくわかるものですから。まだ読んでない方には是非とも読むようにお勧めします。よく売れている本だけに何度も読み返したくなるぐらい感動します。

ベストセラー小説の中にはスケールの大きさ故に夢が有ることが評価されているものもございます。潤沢な資金を持ったお金持ちが酔狂で…みたいなタイプの。その中に、残念ながら著者はそこまでお金持ちでなかったのか?相続についてよく調べていないらしいのが気になる物もございました。私もお金持ちではございませんが、不動産屋さんって宅建の勉強を通して親族法の基本的な知識は持っているじゃないですか。それが出版業界では知れ渡ってないのではないかと。

フィクションだからって民法まで勝手に改正しちゃいけません。莫大な相続財産問題の当事者や法律の勉強をした人以外にも知って頂けるように、インターネットで正しい情報を広めておくと良いと思い立ちました。紹介したかった本とは全然関係ありませんが、同時死亡時の相続人について図解しているサイトにリンク貼らせて頂きます。『あなたっ!一時間でいいから長生きして!』って感じ?

同時死亡の場合の相続@弁護士河原崎弘先生

図を見て頂くとわかりやすいですが敢えて要約しますと、舅と夫が同時かも知れない順番で亡くなった場合は夫は舅の財産を相続しません。舅の方が先だったと証明できれば夫は死の直前でも一旦舅の財産を相続しています。この場合は夫の相続財産の中に夫取り分の舅相続財産が含まれます。面白い小説だったけど、『あっ、舅さんより先とかダメよ!』ってことだけ気になったものがございます。親族間でややこしくなるのが嫌なら、弁護士先生と相談しながら遺言書を作成しておいて下さい。私なら各ページの一番下に遺言書作成キャンペーンとかアピールしそうですが、何か?

清き一票を♪

受話器のカンペ

社名は上品そうな不動産会社なのに、ひどく雑な話し方をする営業マンからよく 物件確認 の電話がかかってきます。弊社の 気持ち長めの口上 が気に食わないようです。不動と名乗る前に、『ハイ、もういいから!』って怒鳴られます。そういうアンタ誰だよ!って反射的に言いたくなりますが、全然興味ないからいいです。大人なんだから有難うぐらい言う方がいいとは思いますが、何か?

不動産業界って大企業の新卒さまは別かも知れませんが、新人を丁寧に指導することって滅多にありません。その中では我ながら丁寧な説明をしているつもりですが…。店長の知り合いというオバチャンは、久しぶりの社会復帰だったらしいのですが、『もっときちんと教えてもらって当たり前』って感じの方でした。オバチャン特有の弱点を理解していなかった私も悪かったのですが、かなり丁寧に書いたのに、『読めないから書き直してくれないと困る』っておっしゃって。(大人になると小さい字を裸眼で読めなくなるけどメガネ姿なんて辱めを受けたくない…って思う方も居るようです)

なんで遠視では読めないサイズの文字で受信の口上を書いたのかと言うと、受話器を持ち上げた時に見える、受話器のあった場所にちょうど収まるサイズの紙いっぱいに口上を書ききりたかったからです。店長の知り合いなんだから、受話器の下にセットする紙を3倍の大きさにして三つ折りにすべきだったのかも知れませんが、面倒くさくて放置しました。若い衆は一日で暗唱してきたもん。

受話器に受信の口上を書いた紙を貼り付けている店舗で働いたこともございます。受話器、耳に当てたら受話器そのものを見ることは出来ないじゃないですか。だから貼る場所オカシイです…って指摘は出来ませんでした。お局様の筆跡だし、彼女は自分が間違ってても逆切れするタイプだということは知っていたから、みんな黙って暗唱してきたのです。それを初めて指摘して逆切れさせていたのもやはり大人世代のパートさんで、色々行動パターンの違う労働者も来る可能性があるから、それに合わせた対応をしないといけないな、と思いました。ちなみにそのカンペ、電話機を新しい物に交換されるまで、ずっと受話器に貼り付けられたままで手垢まみれになっていました。

清き一票を♪

自社ビル一歩手前にて

そこは社員さんたちパートに優しくて。『不動さん!ずいぶん顔色悪いですよ。今日はもう帰っていいから!』時計を見ると定時まであと3分。『ありがとうございます。あと3分だけ頑張ります。』『体調悪いのにごめんね。今から片付け始めて定時になった途端に出てくれていいからね。』

社員さんたち優しいけど、パートはお客さんみたいな雰囲気で、会社の具体的な動きは教わっていませんでした。勤務するビルには遠くに置いていた事業所が集まってきて、自社と関係ない会社がだいぶ少なくなっていました。私は全ての事務所を借りきって買い取るつもりなのかな…って思っていたけど真相はわかりません。そんなことより最大の関心事はお腹が痛いこと…。あと1分半!

後に『不動産業界におけるマネジメントの違い』を説明するメルマガ原稿 『 敢えてのもしドラのブーム終息後 』 を書くぐらいに、その違いを理解できるようになるのですが。当時の頼りない私の記憶によれば、そのうちの何Mとかいう名前(忘れた)の部署が二つ上のフロアに入っていて、偉い人がたくさん居るから不用意に近づいて粗相しないように…って注意を受けていました。一つ下と二つ下のフロアは社内の特に気を遣わなくていい部署ばかり入っているそうで、私の職場の有るフロアのお手洗いが混んでる時は、非常階段を使って女性が特に少ない一つ下まで降りていました。

やった定時!『お大事に』って社員さんたちに言われながら事務所を出てまっすぐお手洗いに向かいました。!!!女子トイレの中で社内の女性たち(女性は当たり前か)が、何か深刻な顔で話し合ってる?社内で何か重大なことが起こっているのか、単に人間関係のもつれかは知りません。とにかく、この雰囲気には入っていけません。社内全体で異常事態が有ったとしたら一つ下の女子トイレも深刻に会議中?上に近づいて粗相があったら取り返しつかないし、でもタイムリミットが…。

全てのフロアを確認している猶予は無さそうなので一気に会社関係者の少ない三つ下まで階段を降りて…約5分後に晴れやかな顔で出てきました。私の体調なんて5分もあれば解決できるものなのに、心配かけてしまったことを申し訳なく思います。あの深刻な女性会議は何だったのか?デリケートな問題かも知れないから聞かない方がいいと思って迷宮入りです。私の体調不良についても、お食事中の方には聞かせたくないし、後日昼休みとかに聞かれずに済んで良かったです。

清き一票を♪
トイレ話は尽きませんが、ほどほどにしておきます(´-ω-`;)ゞ

面接慣れ

物件の価格変更が有れば速やかにレインズにアクセスして変更しておく係とかしていると、パスワードとかパソコンには覚えさせない設定にしてますけど、指が勝手に動いてくるようになりません?或いは、さて車で出かけようって思ってから発車するまでの一連の動作って、思い出したりしないで体が勝手にシートベルト締めたりエンジンかけたりハンドブレーキ解除したりしてますよね?

またお店変えようと思って次の不動産屋さんで面接受ける時も、そう。支店長でもない年上の女性が面接官の時は、『彼女に嫌われたという理由をもってパートさんが退職に追い込まれたという過去がありそう』って思って、男性面接官に喜ばれそうな…可愛げのあるオバサン…はずかし…っぽいふるまいは消します。『既存社員を教育して欲しい!』…って言われれば熱血教師のような顔で、『 頑張ります!』って使い古されたフレーズで答えますけど。新人のパートが仕事を教わる前にそんな顔するのは得策ではないので、面接限定のヤル気顔。これも自動的に作ってきました。

それでも採用と不採用の差は大きいと思いますし、極力目を覚まして頭フル回転で面接に望むつもりでは来ています。ただ…その不動産屋さんの面接担当官を拝見して調子が狂ってしまいました。中年の店長がイケメン営業マンを連れて来られたのです。『すみません、面接は店長の私がすべきですが、実際に指示を出すのはこの営業マンからなので、私たち二人で面接しても構いませんか?』『^^はい、もちろん。』小太りの中年が左側、俳優似の長身が右側に座りました。

『…じゃ、そういうことで。来週からよろしくお願いいたします。』(…ヤバッ!どんな話をしていたんだっけ?)『はいっ!こちらの方こそ、よろしくお願いいたします。』特に記憶に残らないということは、予定調和な内容だったということでしょう。面接が上の空だったのは、あの指のせい。自動的に答える時は相手のあご辺りを見ていたはずだけど、机上に組まれた指の記憶しかございません。

短く切り揃えられた清潔そうな左手の爪。対照的に、お琴に例えるなら山田流という感じの先の尖った長い右手の爪。(ギタリストの指だわ。)その指でどんな曲を弾くの?クラシックギター教室の生徒さん?或いはバンド仲間とスタジオに入ってるの?モヤモヤは早く解決したいので就業してスグの頃に小太りの中年…もとい、ギタリスト店長に質問しておきました。『あれ?ギター弾くとか話したことなかったよね?』初対面で指を見てわかったと言って少し気味悪がられましたが、何か?

清き一票を♪

相続=悪ではないけれど

元新興住宅地、空家と独居老人が増えて寂しい雰囲気。…になっている所が有るので、建てよ増やせよと開発しまくればいいってものではないと思います。通勤至便な駅徒歩圏の某住宅地を久しぶりに訪れてみると…マンションと幼稚園と保育園と診療所とスーパーが増え、店舗も若い人の喜ぶ業種に入れ替わっています。この町で育った子供達が家庭を持って戻ってきたのでしょう。昔は簡単に横切れた道で何分も信号待ちしつつ、不動産が転生したみたい…と、しみじみ思いました。

実際に輪廻転生したのは、地主さんだったと思いますが。別に土地所有者がどうなって欲しいとかまで思いませんでしたが、『ここだけ草ボウボウに残っててもったいないなぁ』って気持ちは抱いていました。財産を切り売りしないと食べていけない…ってこともない人だったのかしら、何に使われる訳でもない土地が長いことございました。失礼ながら、長生きされたよね…と、振り返りました。

昔の子供たちは草ボウボウの空き地でウサギを放して遊ばせたり、花輪を作ってあげたりしながら機嫌よく(他人の土地で)遊んでいたものです。立ち入り禁止とか言われてなかったし、それが地主さんの望む様子だったのかも知れません。或いは、土地を持ち過ぎていて、そこはどうでも良かったのかのかも知れません。今の子供たちは、草ボウボウの空き地みたいにひっつき虫をお持ち帰りしなくて済む、最新遊具の揃った 児童遊園 で機嫌よく遊んでいます。それが地主さんの相続人さんの希望なのか、開発業者に売却したあとのことまで関心ないのかは、わかりかねますが。

大工さんが自分で住むために建てたのに住んですぐ退去した築浅中古戸建に住んだことがあります。建物は良かったので隣町に引っ越した大工さんに文句を言う気にはなりません。ただ、隣の家のオバチャンが強烈でした。先日、久々にオバチャンを見かけたので挨拶すると、特別おしゃべりな人だったのに会釈のみ。歯が抜けて喋れなくなったそうです。静かになったオバチャンには長生きして欲しいと思います。オバチャンに何かあっても近所には何のメリットもございませんから。

清き一票を♪

寝過ごした?

おはようございます。のんびりし過ぎたみたいですが、まだ寝ぼけている感じです。いい夢を見ていて起きるのがもったいないような…。自分のブログを見て、放置ってだらしないなと反省して少し目が覚めてきました。広告がうるさいですね。そんな中でもご訪問頂いた皆様に感謝します。

長い間、何をしていたのかと言うと、不動家周辺道路が渋滞するほどたくさんの友達が押し寄せ…盛り過ぎました!少数精鋭(ものはいいよう)のお友達と会って機嫌よく過ごしていました。どうせなら一人一人ゆっくり話したいと思い、重複を避けてこちらで時間指定してしまうことにしたのです。

忙しそうな人を優先しようと、シングルマザーになった友達の都合を聞いてみました。『いつでも大丈夫♪』とのこと。なんで暇なんだ?って質問は会ってから遠まわしに聞くことにしました。昼間のパートだけだと生活が苦しいから夜にもバイトするようになり、時給が安すぎて昼間に働くのが馬鹿らしく思えて、夜一本に変えたそうです。現役で稼ぎ続ける女性は綺麗だなと感心しました。

昼間のキャリアウーマンって連休の中日とか暇なんでしょ?…という私の読みは甘かったようです。『ゴールデンウィーク全部使ってその前後も有給消化しながらずっと海外旅行よ。』そして、一番暇だと勝手に思ってた専業主婦が一番多忙だということに気付きました。私が汗だくでチラシ刷ってる不動産屋の近くのエステに通っていてピアノ続けてるってことは把握していましたが…。『バイオリンの発表会前だから○曜のレッスンは休めないし、ジムのスタジオにお気に入りインストラクターが入る○曜には予定入れたくないのよね。あと○曜は…』暇な同級生ってなかなか居ません。

それぞれの今の話や昔の話、それまで何があったのか話している時間はあっという間。職場で仕方なく居合わせて喋らなきゃいけない相手と違って、たくさん居た同級生の中で特に気のあった友達だから、一緒に居てとても楽しいと思えるのでしょう。それぞれ歩んだ道は違うけど、若い頃から気のあった友達とは環境が変わっても気が合います。当ブログ、なるべく職場っぽい雰囲気で記事を書くようにしているつもりですが、これでリラックス効果は出るのでしょうか?やっぱりお仕事好きなので、そんな効果は狙えそうにありません。今後もマイペースに書いていきますが、何か?

いつでも誰にでも

他人と同じはイヤという考えのお客様もおられるので、変な間取りとか奇抜な外壁とか、個性的な不動産が求められることがあるかも知れません。私は不動産なんて今思い立ったからと言ってすぐには現金化しづらい性質のものは、欲しいと思ってくれそうな人の多そうな、無難なデザインのしか買いたくないって考えてしまいそうです。賃貸物件なら2年間だけ遊び心に包まれて住みたいって割り切って敢えて変わったお部屋を選んでくれるお客様が多いのでしょうか?

不動産屋さんの中身は、今思い立ったからと言ってすぐ辞めちゃうパートさんが多いように思います。そんなに時給の高い業種でもないし、気にいらない職場なら我慢してまで居続けるのはイヤだと思う気持ち、よくわかります。入れ替わりが激し過ぎて、パートの歓送会はよっぽど何かのついでが無いと開かれないのが普通です。ほとんどの場合、パートだけ(時には影響力の強かった元パートさんも呼び)集まってランチか夕食前のケーキを共に頂く程度でお茶を濁してきました。流動性の低い商品ばかり扱う人間が流動し続けるとは皮肉なお話ではありますが、何か?


引継書作成 に没頭することで暇そうに見えなくなる…と、書いたことがございますが。時々、『不動さ~ん、エクセルで何かうまいこと解決してよ~。』って言って下さる事務員さんに出会うことがあり、そんな不動産会社では本業が暇な時はエクセルファイルを作っていることが多いです。事務員さんが手抜きするための道具作りであろうと、それで忙しそうに見えたらしめたもの。ついでにパートに使い勝手の良いファイルを同時進行で作っていることもあります。事務員さんの機嫌を取るためだけに時給を費やすと見せつつ、同じ立場の仲間の役に立てたらいいなって。


私も、会社はボロ儲けしてて社員さんにはボーナスたっぷり出てるのにパートはこき使われるだけで昇給なしとかだと、一生懸命過ぎる働き方をする気はなくします。同じ時給でも、今月は契約がいくつも流れてキツかったのにパートだけいつもと同じように収入があるなんて申し訳ない…って思えるところなら、事務でサポートすることを頑張ろうと思えるものです。でも、パートという立場でそういうサポートをしたがる人にあまり出会いません。私もいつ思い立って辞めるかわからない流動的な立場ですし、出来れば後任者の後任者にもせっかく作ったものを使って頂きたい…。

それで、3代ぐらい交代を繰り返したあとに入ったような見知らぬパートさんのスキルを問わずに簡単に使えるファイルを目指します。それと同時に、簡単にメンテナンスできるようなファイルであることも目指します。『入力しやすい所にポンポン入れてくと自動的に出来上がるけど、改良版を作り直そうとしたら普通のコピペじゃなくてCtrlとShiftを押しながらEnterしていかないと(仕様上)複製出来ないファイル』…ってのを作ってみたのですが、これで良かったのかな?と、悩んでもいます。


私の退職後、半年以内なら元同僚から質問されても即答していけるのですが。1年以上たつと、自分でも何をどう作ったのか忘れていたりして、記憶力の悪さに自分で呆れたりしています。あと、どんなエラーが出たのか聞いているうちに、随分レベルの低い物を作っちゃっててごめんなさいって思うことがあります。あの頃の私より今の私の方がマシな物を作れるのですが…スミマセン。

複雑な仕掛けに凝らずにアクセスをエクセルの代わりに使えば?って指摘もあると思いますが。パート用のパソコンに入ってたり入ってなかったりするソフト、練習して上達したとしても次の転職先で使えなかったら面白くないじゃないですか?マクロ機能も使用禁止にしている会社が多いので極力回避しております。自分自身が流動的な従業員だからこその無難な選択ですが、何か?

清き一票を♪

平成25年のご挨拶

明けましておめでとうございます。今年も当ブログ、『不動産屋のパートですが、何か?』をよろしくお願いいたします。新人パートのみなさん、年明け最初の出勤は、ご主人の実家での愚痴を『聞いてよ~』って突然始めるのではなく、まずは皆さんに大きな声でお正月らしい挨拶をすることから始めて下さいね。当ブログも何はさておき、新年の挨拶から書かせて頂いております。
一票ください♪
色んな不動産会社さんが見慣れた名刺を持って挨拶に来るような会社だと、受付の対応に多忙で年明けしばらくの間は通常業務を出来ないと思います。渡し慣れた同業社に名刺を持って挨拶に行く営業マンが時にはタオルの入った紙袋を持ってバタバタしている所でも、いつもの気分には戻れないと思います。そんなお正月気分をイメージしながら年末に予約投稿しております。
一票ください♪
お正月と言えば新年の抱負ですが、小学校の頃から目標だの抱負だの作ってくる宿題が苦手でして。6年生の時は年に3回目標を修正して提出し直す主義の先生が担任で、特に困りました。1学期のを3学期に使い回すとか要領の良いことが出来れば良かったのですが、不器用だったもので。
一票ください♪
そんな私が一生懸命考えた今年の抱負。『何か前向きで明るい目標を作ること。』何年生だったかの夏休みの予定表を作るという宿題で、7月中は全部、『夏休みの計画を考える』って書いてたんですけど、全然成長していませんね。いえ、小学生の頃の宿題の答えを使い回すという要領の良さが加わって、少しは私なりに成長したのかも知れません。出来そうなことからコツコツと。少しずつ前進していきたいと思っておりますので、こんな私ですが今年もどうぞ温かく見守っていて下さい。
一票ください♪


清き一票を♪
お年玉代わりに ↑ 押して欲しいな~♪

不動さんに謝りなさい

朝一番に前日の飲み会で多めに出して下さった方にお礼を言って回るのは社会人の務め。それも多く出して下さった順=偉い順。店長の次は副店長の所に行くべきですが、その不動産屋さんではたまたまラッキーが続いて年末の収入が多かったとかで、店長が気前よく全部出して下さったので店長だけにしておきました。店長もニコニコ、私もニコニコ。朝から気分よく就業できます。

しばらく機嫌よく入力仕事をしていると、暗~い顔をした副店長が斜め後ろに立っていたことに気付きました。『不動さん、昨日はすみませんでしたっ!』『えっ?』『ほら、僕、だいぶ酔ってたでしょ?』『あぁ、昨日もよく酔ってらっしゃいましたよね。』『本当に失礼いたしました。』『……?いえ、こちらは平気ですから。』『今後も今までのようにお仕事続けて下さると助かります!』『??』

昨夜は副店長が強いお酒を勢いよく飲んだと思ったら、同じ冗談ばっかり言うようになってしまって、まあいいかと思っていただけですけど。キツネにつままれたような顔で入力仕事に戻っているうち、今度は真横に副店長が居ることに気付きました。『あの、僕もしかして昨日の飲み会で何も言ってなかったとか?』『面白い冗談を繰り返しおっしゃってましたよ、ずっと^^』『……騙されたっ!』

私たちを見ながら事務員さんが遠くで爆笑しておられました。『昨日の記憶が全然ないんだよ、ただ頭が痛い~。』って言うと事務員さんが真顔でこうおっしゃったそうです。『うそ?覚えてないの?大変よ!不動さんに随っっ分失礼なこと言ってたのに。朝一番できちんと謝った方がいいわよ。』騙された副店長に罪は無いと思いますが、一体どんな失礼なことを私に向かって言ったと思っておられたのでしょう?聞いたら私の機嫌が悪くなりそうなので、追求しないことにしておきます。

清き一票を♪
メリークリスマス♪

微妙な三角関係

随分昔の話ですが、私の通っていた幼稚園は周辺道路が特に朝方大渋滞する所に有りました。幼稚園バスは無く、園児は先生が公園まで徒歩で送迎、自宅からその公園までお母さんたちが送迎していました。郊外に引っ越すと幼稚園バスなるものを発見、それが普通の通園手段だと聞きました。小さいうちから車で送ってもらえるなんていい身分だなと思ったものです。

そんなに昔ではない話、私は郊外の某保育園の近くに引っ越しました。いかがわしい施設ではなく平和的な施設の近く、渋滞するような道路でもないからお子さんを自宅前で遊ばせやすい?そう思い込んで住むことにしたファミリー層も多かったと思います。…保育園ママ、怖いです!色んな事情があって時間ギリギリなんでしょうけど、小さなお子さんを乗せた乗用車が幅員の狭さから考えられないような猛スピードのまま、平和を望んでいた住宅街に突っ込んでくるのです。スレスレに通過してくる暴走車が怖くて朝が憂鬱になってしまいました。

自宅とパート先と保育所を結ぶ三角形は極力小さい方が良いという考えを、『 三角地帯 』という記事で書かせて頂きました。自宅が保育所のすぐ近くだと理想的という意味も込めて。該当物件を預かっている不動産屋さんなら言わないと思いますが、敢えて言います。暴走車ママ御用達の保育園近くだと、朝から出勤する主婦のみならず、専業主婦さんもゴミを出す曜日に決まって怖い思いをされる恐れがあるので気を付けて下さいね。…余計なお世話ですが、何か?

車でお子さん預けに来る人のほとんど居ない保育所もあるのでしょうけど、あらゆるリスクを回避するためには小さめの正三角形を描くような通勤経路が良いのでしょうか。『微妙な三角関係』って言葉をよく聞くけど、微妙でない三角関係って正三角形関係のこと?とか考えるようになって思い出したお話でした。お蔭様でアクセスカウンターが30万になった記念に、3に因んだ話題にしてみました。今日もご訪問ありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

清き一票を♪

往生際

宅建試験超直前、「アホ」になってマシーンと化す時です。
※直前期に逆転合格した体験記、更新されましたので10月17日、この2行追加。


その時が来ることを承知の上で生きてきたはずなのに…突然、終盤が見苦しくなるのはなぜなのかしら。残った人が懐かしく思い出すのは美談になりそうですが、去る人が未練がましく悪あがきする姿は美しくないと私は思います。パートの分際で厳しい意見を書いてすみません…。

冒頭から謝ってばっかりですが。不動産業界って人の入れ替わりが多いです。成績の悪い営業マンが順番に退職に追い込まれて行くのは当たり前。短気な事務員さんも人間関係ゴタゴタして辞めていったりします。パートは有期契約だから、どんなに居心地の良い不動産屋さんでも、『この幸せが一年も続けばラッキーぐらいに思っておこう』って割り切って働いています。

『いい物を身に付けてるから贅沢な物を食べさせてもらえると思って、飲みに誘われて付いてったのよ。そしたら、どうなったと思う?』辞めた営業マンの悪口をあとから聞くことも多いです。『明らかに私、年下じゃない?なのにワリカン。しかも、居酒屋チェーン店で、あいつ、割引券とか出してるの!男なのにケチ過ぎるよねー。』辞めてから悪口を言われてるような気がするのも気持ち悪いもの。残った社員さんに温かい気持ちで思い出して頂けるような働き方をしたい…って最初は思って就業します。辞めた私の悪口言ってそうな不動産屋さんのことは忘れます。

みんなが温かい気持ちで思い出している、隣の部署のパートさんの勤務最終日。本当にご退職を惜しまれていたので、私個人からのお餞別は見た目パッとしない物にしました。『……?ありがとうございます。』『これ、地味ですけど、きっとお役に立ちますよ♪』ご本人が思ってもいない部署の方々からも、それぞれ実にたくさんのお餞別をもらっておられました。『両手で持ちきれない…。』いよいよ出番です!手の平に収まるサイズのエコバッグ。広げて使えば、サンタクロースさながらの大荷物も持ち運べるのです。おばちゃんの知恵袋、地味ながら便利でしょ?

ここでとりあえず一票♪

ところで、もうすぐ宅建受験という方の中には、『もう十分勉強したから何をしていいのかわからない』って方と、『もう締め切りが近いのに勉強が間に合ってない』って方とがおられるでしょう。前者の方、合格するとは思いますが、もやもや気分を埋めるために勉強でもしましょう。宅建業法などのメジャー科目で受験生の8割が正解する問題なのに自分は正解しなかった…という物があれば、そこを見直します。それは済んでいるなら、マイナー科目のメジャー問題を見直します。常識的な知識を備えた受験生として堂々とその日を迎えることが出来るでしょう。

後者の方、体調を崩すのは得策ではないので徹夜はせず、起きているべき時間に勉強して知識を詰め込みましょう。仮に当初予定していたより今年の勉強時間が少なくなってしまったとしても、気にしない。小論文も面接もない試験、しかもマークシート式だから、勘が冴えていれば4分の1の確率でもスイスイ当たります♪当日は、臨場感満点の模擬試験に行くような気持ちであなたの勘を働かせて下さいね。良いひらめきがございますように、応援していますよ。

清き一票を♪

ドリカムの歌

※欲望に忠実になり過ぎた表現が気に障られたらすみません。最初に謝っておきます。


パートの一日が終わる時間に お席に居てね
なんにも言わないで やさしいポチッ押して →一票ください♪

そっとカーソル当てて マウスつついて クリックしてね
あなたが眠る前 やさしいポチッ押して →一票ください♪

順位上げてくれたら 確認するから キャプチャーするから
なにもかも放り出して 息を切らし 指をつらして クリックして欲しい

同じ店内で 働けなくても
あなたは
ただ一人の支援者かも 知れない

不動産屋の一日が終わる時間に 店に居られたら…
水曜なんていらない
アクセスして クリックして あなたが眠る前

訪問の記念に やさしいポチッを↓ これが運命だから

清き一票を♪
連休特需ですか?ありがとうございました。

従業者証明書の使い道

あくまでパートの目線で不動産業界について書かせて頂いているブログです。永久就職気分で一途に働く事務員さんや、経営者の皆さんとは立場が違います。従業者証明書、一部の従業員にしか発行出来てない現状の是非については知ったことではありません。まあまあの愛社精神で働くパートとしては、『有って得することなんて一つも無い。』って境地に至りました。
一票ください♪
むしろ、宅建主任者証の方が大活躍しました。そんなに便利でない郊外に住んでいて、警察署が自宅から遠かったのです。バス代払ってまで自動車運転免許証の住所変更手続きしても仕方ないかなーと放置。生活していく上で身分証明書が必要になる場面は何度かございましたが、ちょうど発行されたばかりの宅建主任者証に掲載されているのが新住所。国家資格というだけあって、『コレじゃなくて免許証を提示して下さい』って言われることは、まずありません。取得にかかった費用は警察署まで往復するバス代より高かったかも知れませんが、何か?
一票ください♪
後輩のサザエさん(仮名)も、私と同じくペーパー主任者。『身分証明書としてしか機能していない宅建主任者証、亡くしたら始末書書かされそうな従業者証明書、どっちも無駄に証明写真貼り付けただけって気がしないでもないですよね。』なーんて生意気なこと言ってみましたが、大きく否定されました。『従業者証明書、私よく使ってますよ!』『…どちらで?』『会社の周辺で。』
一票ください♪
いつもバタバタしているサザエさん(仮名)がそそっかしい人だということには薄々気付いていましたが、彼女のそそっかしさは会社周辺のお店の皆さんの間でも有名だったそうです。郵便局までお遣いに行った帰りに美味しそうなケーキにつられて寄り道。『ごめんなさーい。私、財布持ってきてませんでした。ほら!○○不動産の従業員です。コレ置いてきますから財布取って戻ってくるまで預かってて下さいね~。』…って感じのことをよくやらかしているのだそうです。
一票ください♪
そもそも…ってつっこみたい部分がたくさんございますが、驚きの方が大きくて。『そういう使い道があったんですか!』としか言えませんでした。事件現場に落ちてたら真っ先に自分が疑われそうな物を他人に預けてまあ便利!とか言ってる場合でもないと思いますが。財布に入れないで、首から提げるセキュリティーカードの裏に入れておくと使い道が広がるとのことです。

清き一票を♪

ライター公募

体調不良ということである不動産会社に入って1ヶ月ぐらいで辞めてったパートさんが、パート唯一の喫煙者でした。喫煙する余裕があるぐらい肺は健康だったみたいですが、パート唯一なのがそこ以外に、『敬語の使い方知らないけど、何か?』ってのも有って、色々浮いてるのを感じて本当に体調を崩されていたそうです。最後の方は結構痛々しかったと記憶しております。

彼女が年上の先輩たちと初めて食べに出た時に、『えー?ここ喫煙席一つも無いじゃーん。』って言って、みんな『ハ』の字みたいな眉になりました。『そこが喫煙コーナーになってるわよ。』って教えられて吸いに行ってる間、当然にテーブルに残ったパートさんたちの話題は、『私が働いてきて以来、事務で吸う人って今までずっと居なかったわよ。』『営業職なら女性でも吸う方おられますけどね。』…って、要約すると、喫煙歓迎してませんって話題になります。

話題がそれ一色だったので喫煙者がお戻りになると続けることが出来ず、一斉にシーン!となって、何か気まずい空気(…読めますか?)。正直、どうでもいいとは思いながら、『今時の若い人ってオシャレなライター持ってるんでしょ?』って見せてもらいつつ、『営業マンから聞いた話ですけど、彼女さんお気に入りのカップル専用に作られた面白いライターってのが有るんですって。ご存知です?』と、自分が持ってないのにライターの説明をしていました。

そのlighterじゃなくて、writerについて。私、休刊と聞いてコッソリ、バックアップしていたんですけど、まだしょぼくれんメルマガ(不動産投資で不労所得を得て経済的自由を得る、それはすなわちヨッシャヨッシャ)って続くんですね。他労さん(キラキラバージョン)のブログで、ライター公募の記事 が掲載されていました。 343名の読者(うち3名が私…)に無料で広告・宣伝できる上、コンベックス不良在庫39個もプレゼントされるチャンス。奮ってご応募下さい。

清き一票を♪

地名リベンジ

住んでおられる方には申し訳ないけれど、その地名を聞くだけで悲しい気持ちになる場所というものが有ります。よそ者にとっては刑事事件を報道するニュースで聞いた以外の思い出が無いから、『その地名と言えばあの事件』というイメージが出来上がるのだと思います。
一票ください♪
よそから来た人によって犯罪の行われた場所というだけで有名になってしまった地方なんかは本当にお気の毒なことですが。日本全国どこに住んでいても巻き込まれた可能性があるということがわかれば、その場所が特に悪いとよそ者から思われることもないと思います。
一票ください♪
よそ者が口出しすべきでない話かも知れませんが。公立の施設の中で問題が有ったり、非の有る地方公務員に対して自治体の長が知らん顔をしていたりするのに対して、地元の方は傍観しておくべきでないと思います。住民一同是正する気がないとすれば、そこで同じ事件・事故が再発するのじゃないかとよそ者は疑います。自分や家族がそこに住むのは嫌だなって考えにつながるような気がします。…その地域の不動産を売りづらくなりませんか?
一票ください♪
『あろうことか市長がこんな態度とってたよ』…みたいな情報をインターネットで拡散することで、その地名のネガティブなイメージは全国に広まりますが、『リツイート何件以上されたからリコール成立』ってルールにはなっていません。『これを受けて市民は動きを見せました』って報道されると、『これからは良くなっていきそう』ってイメージが全国に広がるかも知れません。
一票ください♪
『地域で声を掛け合う習慣が有るから、独居老人も安心して暮らせる』ってアピールポイントのある団地があります。今では良いイメージの強い団地ですが、声を掛け合う習慣を作ったきっかけは、室内で孤独死していたのが発見された…ということが相次いだためとのこと。悪いイメージで有名になってしまったけど、このままじゃダメだ!と、住民の方々が立ち上がり、その運動の方が有名になったそうです。地域密着型不動産屋さんは、携帯を持つ指を動かすことより、投票所に足を運ぶことの方が大切ですよね。…時期不相応な話題で失礼しました。

清き一票を♪

買わなきゃ当たらない

思いついたまま書いた、私の 宅建受験感 に反響があったので、七月中に続きめいたことを書いてみましょうか。出願の締切が今月中みたいなので(まだの方は急いで下さいね)。

自称平凡な主婦だった私より頭良さそうな 不動産研究会 さまは、私が手に取ったことのないテキストをお使いの上、素人でも3ヶ月あれば合格できると仰っています。平凡な主婦(=家事全部して土日休みの夫に毎週48時間捧げる)で週4日勤務、残業は遅い日で21時程度迄、0時就寝6時半起床で朝は夫と一緒に家を出るため行きの電車内での勉強は不可…という条件に該当しない方なら、もっと短期間で合格できそうですね。※週一のお稽古は息抜きだから外せないの。

実際の宅建試験の難易度 という解説記事によると、大まかな理解に1ヶ月、インプット1ヶ月、アウトプット1ヶ月、体調管理に5日ということですから、不動産業界経験者の方は大まかな理解に1ヶ月も必要ないので、2ヶ月ちょっとで済むことになります。今日スタートで間に合うかも?

受験の際にお世話になった本(及び試験勉強免除状態だった科目)が同じだったということで個人的にイチオシの 未経験から始める不動産業 さまが、受験する方のために優しく書かれた 今年の宅建試験申込受付期間は7月31日までです。 という記事をアップされてますので、参考にして頂きたいです。易しい…というより、優しい記事です(歯に衣着せない私のブログよりは)。

私は、『合格に必要十分な量だけ書かれていて持ち運びし易くちょうど良かった』と絶賛するテキスト購入以外に千円模試を2回受験するため別途費用をかけました。それで冷房効き過ぎの会場対策としてストールのような羽織る物が必要だなとか学ぶことは出来ました。最も臨場感を味わえるのは、本試験の会場です。年に一回しか実施されないからこそ揃う顔ぶれ、千円模試より高い受験料ですが、来年合格予定の方も今年受験されてはいかがでしょうか。

マークシートって時々予想外のご褒美をくれるんです。ある場所に初めて到着、何の予備知識もないまま、券を買いました。突然思いついた数字をマークして…購入額の30倍もの現金が戻ってきました!結婚して以来初めて、お皿の色を気にしないでお寿司を食べることが出来たという自慢話、何かの参考になればと思います。…未成年の方は参考にし過ぎないで下さいね。

清き一票を♪

頑張らせたくなさそうに聞こえる話

勉強するのに慣れていて成績優秀だった方にとっては宅建合格のための勉強は楽しいばかりで苦労のない作業だったと思います。不動産屋の営業マンの中には該当しない方もおられるでしょうけど、無いと不便でしょうから苦手な作業でも仕事と割り切って合格して頂きたいです。『もともと俺って勉強嫌いだし…』って思い込まずに、業務上必要な作業だと割り切ると良いと思います( 未経験から始める不動産業さまのブログ記事 の請け売りです)。

アッサリ受かる人が居るのに自分は長時間を要するということがわかって嫌になることもあると思いますが、日本語を理解できて不動産業に興味があるのなら、時間確保やテキスト選び等の条件を揃えれば合格できる試験です。なるべく効率よく受かって頂けると嬉しいです。

不動産絡みの試験で、安易に誰でも時間かけて努力すれば合格するって言えない物もあります。パートの私は簡単な事務処理能力以上のことを求められませんでしたが、社員なら当然受かってよねってプレッシャーのある部署で働いていたことがあります。高い知性のほか体力が必要な試験で、日本全国どこでも受験会場が有る訳でもないのに試験を受けるのに3日かかるのだそうです。自宅の遠い受験生は近隣のビジネスホテルに滞在してコンビニ弁当とか食べながら連日解答を書く…って大変そうでしょ?そこで病んでいかれるのを見ました。

ここでとりあえず一票♪

その社員さんを見ながら、友達のトラウマのお話を思い出しました。もともと明るくはない友達が、いつになく暗い顔でブツブツ言うのです。『受からなきゃ、でも受からない。受からなきゃ、でも受からない。』なんだその呪いのようなセリフは?『横でブツブツ言われ続けたら読んでる文字が頭に入ってこないんだけど、何か?』『あっ、ごめん。でも、受からなきゃ…』

別な友達が言いました。『彼、危ないよ。』私もそう思う。『本当に危ないんだよ。俺の友達が司法試験の受験勉強中に自殺する直前の時の状況と全く同じだ。』え?!天才ではないけどおめでたいバカでもない彼は、受験日までの日数と詰め込める知識量を計算できて、今年の合格が不可能だということに気付いたのでしょう(残り3週間ぐらいでした)。ブツブツ言っても誰の得にもなりませんが、損得を計算できる精神状態でなくなってしまったようです。

受験直前に頑張るなって言うのもどうかとは思いつつ、『今年合格しなくちゃいけない訳ではないけど来年合格できたら嬉しいから一年ちょっと先の試験日に合格レベルに持っていけてることを目標にしたらいいんじゃない?』ってことを友達みんなで言って落ち着かせることに成功しました。翌年の試験終了後合格発表前に電話して、『合格することで得られるであろうことの小ささに比べてプレッシャーから解放される気分の爽快さがどれだけ大きいことか…』という説得をした甲斐あって、彼は受験勉強から足を洗いました。今も元気に働いています。

足を洗わせるというか資格学校から見たら足を引きずる行為ですが、効果があるのは相手が自分の言うことに耳を貸してくれる精神状態であるという条件が必要です。彼の場合はもともと私を怖れていて、私にクリームパン買って来いって命令されたら急いで購買部まで走って買って来なくちゃいけない存在だと思ってくれていたようなので、説得は難しくなかったです。

ここでとりあえず一票♪

誰の目にも明らかにその年の合格も難しそうな社員さんの場合。その時も不合格なら異動は間違いないという追い込まれた状況で、パートの意見を聞くどころか、クレーム電話かけてきたお客さんにも逆ギレしまくるという精神状態に陥っていました。その後…。

『クレーム処理も何もかも、彼の仕事は全部自分が引き受けます。』って言って下さった社員さんのお陰で、試験が終わるまで出社しなくて良くなりました。優しい仲間の居る会社だと気付かれたのではないでしょうか。受験後は久しぶりに爽やかな笑顔を見せて下さいました。異動されてからもちょくちょく見かけますが、穏やかな表情をしておられます。

私の定義する、『まあまあの頭脳を持った定時退社できる20~30代』の場合。宅建合格に半年の勉強期間が必要でしょう。『まあまあより下の頭脳』とか、『時間とれない』とか、『昼食とったこと忘れてランチ食べに行くレベルの記憶力』とか、『今から初めて勉強する』とかの全部又は一部に該当する方の中には、今年の試験には間に合わない方もおられるでしょう。業務上必要なら、少なくとも来年には間に合うような計画を立てて今から実行していって欲しいと思います。

清き一票を♪

幸せな受験生

主婦も若くなくなってくると、採用時に重視されるのは学歴より経歴だなと感じるようになりました。見栄え要員は若い女の子に任せるとして、とうのたったパート候補者はお化粧ではなく取得資格を見られるような気がします。宅建さえ持っていれば不動産屋で働けると油断していられる年齢を過ぎる前に、違う資格もとっておきたいな…と思って、資料請求してみました。

合格体験記兼この学校を勧める理由が書いてありました。『資格もなくブランクの長い専業主婦、パートに出て社会復帰するのに資格が必要だと思い、まずは3級を独学で取得。』そこでお勤めに出ることが出来てめでたし、めでたし…だと、この学校を勧める文章になりません。『簡単に合格してしまったため、実務経験がないならより難易度の高い2級も取得しておかないと採用してもらえないと判断し、たまたま見つけたこの学校で学ぶことにした』…とのこと。

『学校のお陰でアッサリ2級に合格、もうひと頑張りして1級を目指す決意が固まりました。』1級合格者は珍しいでしょうから未経験でも採用してくれる会社はたくさん有りそう!『これまた学校のお陰で合格。』もともと頭の良い方だったのではないかという気がしてきましたが、何か?

それで毎月どれだけ稼げるようになったのかと興味を持って続きを読みました。『1級合格させてくれるぐらいなんだから、この学校で学び続ければもっと難しい試験にも受かることを確信、現在勉強中です!』…とのことでした。この奥様は、妥協するような形で社会復帰することよりも、より満足度の高い試験に合格していくことで幸せを感じるタイプの方なのだと思います。

幸せの形はこうでなければならない…って先に決めておくと、それが叶った時に無力感に襲われたり、叶わなかった時に絶望を感じたりしそうです。3級→2級→1級→…と、次々に目標を設定してクリアしていく過程を楽しめるのは、数ある幸せの形の一つだと思います。ご主人が家にお金を入れてくれるからフルタイム勤務しなくていいってだけでも幸せなんじゃないかと思いますが、ご本人が楽しんでおられるみたいなので他人は口出ししない方がいいなと思いました。

清き一票を♪

裸の女王様はイヤ

最近、ありがちな 不動産ブログ を滅多に見かけなくなりました。きっと、ブロガーさん達が洗練されてきたのでしょう(他人様のブログを読む時間をほとんど取れていないという私側の都合も関係してそうですが、何か?)。だから余計に感じるのか、某ブログのつまらなさは異常。
一票ください♪
つまんないブログ主と飲み会で同席した時に、実直な先輩が話しかけました。『私、時々ブログ読んでるんですよ!』日によっては3回ぐらい更新されてるんですけどね。『私は、☆本日のランチお披露目☆のコーナーの最新記事を、いつも楽しみにしてます♪』。一番いらないと思われているコーナーに間違いありませんが、書くのが一番ラクなカテゴリーだと思いました。一票ください♪

嬉しそうに、『安いお店ばっかり載せてるでしょ?』とのレスポンス。『はい♪手に届きそうな予算だから読者の皆さんも実際に参考にされていると思いますよ。本当にコストパフォーマンスいいお店ばっかりですし。昨日も、先輩誘って吉田家(仮称)さんに行って、ブログに紹介されていた通り、裏メニューのつゆだく注文してみたんですよ。ねー、美味しかったですよねー?』
一票ください♪
不動産屋でなくてグルメ評論家のブログなら良かったかも知れないけど、そんなこと言ったらグルメな人たちに怒られそうなレベルだし?悪魔に魂を売った新人パートの話術で異例のスピード昇給が実現、先輩もそれに伴って昇給しました。立場上、『読者たち』で、つまらない物をつまらないって言える人は皆無です。面白く書けない日は黙っていれば良いものを、『つまらない物しか書けませーん』アピールを毎日し続けているのです。その後の更新頻度が増しました。
一票ください♪
叱ってくれる人だらけの環境ってある意味、恵まれているなと思います。周囲からの見られ方って大事ですよね?私も、ヤリ手の怖いオバチャンだと思われてしまうと誰にも叱られなくなりますから、素直なカワイ子ちゃんに見えるよう繕わなくては。カワイ子ちゃんに見えた訳ではないでしょうけど、最近色んな不動産ブログから当ブログにお客様を招いて頂きました。少なくとも、つまんない訳じゃないって評価ですよね?嬉しいです。今後ともよろしくお願いいたします。


清き一票を♪

世の中ね顔かお金かなのよ … 不動産研究会 さま、営業対策用のデートプラン乙でした。
アンケートの結果。。。… 狼旅団の地下に潜った不動産ブログ 様、有難うございます(゜-Å)
たったの三百万弱の波紋(笑) … 正直、流行語大賞は難しい?(反応薄いんだもん)
不動産屋のラノベ読み … Lhankor_Mhy 様の所からこんな所に多数お越し頂いて恐縮です。

あちら側のカワイ子ちゃん

隣の部署は、暇そうなオジサンだらけ。あくせく働くお兄ちゃんたちのお陰で今年度も存続出来た自分の部署のことにしか興味なかったのですが。上司同士が友達という訳でもないのに、異動してきたオジサンが何かと理由をつけてはこちらの部署に来るのです。パートの私は電話の受信をすることが多いので、オジサンが何を話しているのか聞き取れないけれど、だんだん同じ言葉ばかり使うことに気付きました。『若い女の子…』ソッチにもコッチにも居ませんよ?

上司も、『ウチは最年少で30代!もちろん、そちらの部署のように難易度の高い不動産の仲介をするにはまだまだだけど、新入社員が来るような部署じゃありませんってば。』って説明されています。私の部署は言いがかりを付けられてる?振り返った時に隣の部署のオジサンと目が合いましたが、慌ててそらされました。私も慌てて背を向けて事務作業に戻りました。

『新入社員がこの辺一帯来てくれないのは知ってるよ。だけどお前助平だから、派遣とかアルバイトとか、若い女の子をコッソリ呼んでるんだろう?なんで俺にだけ見せないんだ?居るのはわかってるんだ!』と、上司に言いがかりを付けている日もありました。ボケているのか、私たちには見えない事務員さんが見えているのか。怖いというより、面倒くさいオジサンです。

上司が相手にしなくなっても諦めず、無言でこちらの部署をウロウロされるようになりました。こちらのお兄ちゃんたち(40代)が一生懸命働いている間、なんで隣の部署は暇であることを徘徊してまでアピールするのでしょう。私も暇そうなオジサンのことは気にしないで業務に集中することにしました。電話を切った時、私の真後ろにオジサンが居たことに気付いて驚きました。

しかも。『おい!』突然怒られました。『俺、ずっと翻弄されてたんだからな!』顔は覚えましたが、言葉を交わすのは初めてですよ?『…私、何かいたしましたか?』『そうだよ、せめてその声で電話に出てくれ!』物真似までされました。『ぉ電話ぁりがとぅござぃますぅヾ(≧ω≦)ノ○○不動産でござぃますぅ。o.+゚。(´▽`o人)』だいたい電話一本もらったぐらいでそんな嬉しそうに話すな、とか、ひどく叱られました。『どんなカワイ子ちゃんが居るのかと期待しちゃっただろ!』

電話掛けたらカワイ子ちゃんが出てくれる不動産会社だと思って頂けることで貢献しているつもりですが、何か?なんで他部署の方に、カワイ子ちゃんでないことを指摘されて叱られないといけないのか、訳がわかりません。そんなこともあって、徘徊するオジサンは苦手です。

清き一票を♪

パートの時給で見る傾向

300万って年収の話をしてたのに、なんで物件価格の話になってるんですか?!』って、期待通りのツッコミを頂けて、大満足です。機嫌よく、お給料のお話を書かせて頂きます。

ご主人の扶養範囲内でのみ働きたい方もおられます。住宅ローン減税が適用されるご主人ではなく自分の収入で税金の控除を受ける方もおられるでしょう。時給が百円違うだけで家計への影響が大きくなることもございますし、奥様の見込み年収も計算しておくべきでしょう。

主婦達が入れ替わり立ち替わりやってくる不動産屋さんだと、パートで望みがちな年収の上限を割り出し、一日何時間なら週何日で年収いくら…って数字を把握しておられるので、自分の頭を使わなくて済んでラクとも言えます。ご主人の勤務先によっては扶養家族の定義が厳しいこともあるので、事前に調べてから面接や勤務開始日の相談等に臨みたいものですね。

何社か転職してきて傾向が見えるようになりました。時給が最低賃金プラス百円未満の所では肉体労働系の無理をさせる傾向が強く、高めの時給の所では頭脳系で難しいことを要求する傾向が強い気がします。もちろん、何となく多めに決めた時給に大した根拠がなくて仕事がラクとか、ギリギリの安い時給で文句言えないぐらい仕事がラクとか、そもそもパートさんを極力こき使おうって気のない善良そうな不動産屋さんも、まれにございますけれど。

最低賃金に近い時給の所でこき使われた場合、ひざの周りがアザだらけになったり定時で上がる頃には化粧が全部落ちてしまうほど汗をかいたり(狭い事務所内を走らさせられるから)、目に見える部分のダメージが大きくなりがちです。気前良さそうな時給の所では、近視が進んだりストレス性の病気が悪くなったり、体の内側のダメージが大きくなりがちだと思います。

派遣会社を通していれば、事前に契約していない種類の労働を拒否出来たり、入力作業の合間に堂々と休憩が取れたり、するんですけどね(違法労働すると派遣元に迷惑をかけます)。

個人契約で就労する場合、『最近入力ばっかりで体が鈍るな~』って思ったら次は肉体労働系体育会ノリ不動産会社に行ってみるとか、逆に、『一日中電話ばっかり掛けさせられて喉がガラガラになっちゃいそうよ~』って時には閑静なオフィスで働こうとしたり、直近と違う雰囲気の会社に行きたくなります。年収以外の視点からも時給で色々想像して転職を繰り返しています。

清き一票を♪

たったの三百万弱

風邪で寝込んでいた反動みたいな感じでしょうか、元気になってから起きているのが楽しくて。私、ブログ書いていたことを忘れかけてましたね。更新をお待ち頂いていた方には申し訳ないことをしております。更に、頂いているのにお返事書いていないメールも貯めておりました。ちょうどお金の話題のメールを頂いているので、お金についての記事を書かせて頂きます。

3,500万円ぐらいのマイホーム欲しいなーって思っていた方が、何となく寄ってみたオープンハウスがステキで急にそこに住みたくなるというのは、よくある話です。運命の出会いを感じたお部屋の売り出し価格が3,780万円だったとします。予算に近いものだと思ってしまいそうですが、予算範囲内と予算範囲外は違います。280万円背伸びするということは、何年かパートで働いてきてくれる奥さんがもう一人必要なぐらい、支払う額が増えるということです。

実際は、奥さん居る人のためにパートで働いてきて給料を全額差し出す人が現れる訳ありません。毎月口座から引き落とされていきます。計画性のないローンを組むような方は不利な条件で不本意な形でご自宅を手放すことになりがちです。手元にお金が残るような返済計画を立てて日々の暮らしを楽しめるようにすべきでは?と、お客様のためになるアドバイスをする営業マンも居るはずですが。マイホーム購入の話をする時って気が大きくなってしまうんですよね。

『日々の暮らしを楽しむため、入居前に改善しておいて欲しいと思った箇所は、工事の費用も合わせて有利なローンに組み込まれるようにしておくと良いでしょう。住み始めてガマン出来なくなってからのリフォームだと、工事中の住み心地が悪くなってしまいますし。』…って感じで、私なら勢いに任せて気前良く使うためのアドバイスだけして、気の大きくなり過ぎたお客様を冷静にするようなアドバイスは出来ない気がします。不動産屋さんにクールな営業マンが常駐しているとは限らないので、お客様ご自身で、高揚している時こそ正しく計算して下さいね。

清き一票を♪

一番嫌いな人について考える

閑静な住宅街で昼間は大型犬のお世話をしながらガーデニングも楽しむ生活。幹線道路から遠い郊外なので謹賀新年ツーリングの喧騒とも無縁で、夜間は静寂の中で安眠できます…ステキですね。或いは…。深夜に思いたっても自炊が出来る、食材豊富な大型スーパーが一階に入り、ファッション用品や便利な日用品を買える専門店が中層階に入り、最上階にはシネマコンプレックスが入っているような大型ショッピングモールの隣地で暮らす生活。レイトショー観て帰っても寝不足になりません…ステキ!或いは、パートのあと駅に着いたら夕立が。それでもダッシュで帰れる場所に自宅があるから傘なしで通勤できる生活…ステキでしょ?

してみたい生活を叶えてくれそうなお家は点在していますが、どのお家も全ての願望を満たしてはくれません。閑静な住宅街が成立するような用途地域に映画館は建たないし、駐車場を広くしないといけないショッピングモールは駅からダッシュで帰れる場所に出来にくいものです。あれもこれもとステキそうな生活を夢見ているだけでは、マイホームを買うことが出来ません。

甲乙付け難いステキな生活を夢見る楽しみは置いておいて、現実問題としてネガティブなことも考えてみましょうか。あなたにとって、一番苦手な人ってどんな人ですか?例えば、幸せそうな家族が楽しそうに買い物する様子を見るのが耐えられない場合、水曜定休の不動産屋さんと違って土日祝日休みの業種にお勤めなら、休みの日にそういうショッピングモールに行きたくなくなるような場所に住むと良いです。単身者が多くて便利な都会暮らしを推奨します。

私の場合、すれ違う他人が幸せかどうかは気になりませんが、お仕事オフの時にまで他人から干渉されるのが苦手です。だから、一番そばに居たくないのは教育ママゴンのように思います。私は子供の成績が悪いのは親からの遺伝のせいだと思うのですが、『近所の環境が教育に悪いとウチのかわいい子供達がバカになっちゃうから配慮しなさい!』とか自分のことを棚に上げて人のせいにするようなオバサンは嫌いです。近所に居ないで欲しいものです。

ネイルサロンと美容室が林立している中、男性客の多いお店がたくさんあって、ところどころに婦人科やら泌尿器科やら見かける町に住んでいる時は快適でした。ママゴンなんて一人も見かけません。ファッション雑誌より分厚いバイト情報誌なるものを道端で頂くこともありますが、これも楽しく読めます。色んな特集があって、和風の目を特殊メイクでアニメのヒロインみたいに大きく見せる過程とか、日本髪の限界に挑戦した盛り方をしてくれるサロンの紹介とか、読書感想文の苦手な私が書いても良さが伝わらないかも知れませんが、面白いですよ。

もともとは、マイホームをお探しなら口に出す必要もなくニーズを掴んで気遣って下さる営業マンの居る不動産屋さんに出会いたいものですねって記事にしたかったのですが。不動産研究会 さんが、お子さん居ない夫婦に勧める物件は産婦人科が近所にないことを確認しておくっておっしゃっていて( 距離の話 )感動したのに、こんな感想文しか書けなくてすみません。

清き一票を♪

試用期間は無関係かも

一応、パート採用時にも面接試験なるものが有ったのに、『更に二週間の試用期間が有ることをお含みおき下さい…』って言われることがよくございます。慣れないうちは、『まだ正式にここに落ち着くと決まった訳じゃないんだ』って思っていたものですが、もう気にならなくなりました。新人パートの試用期間が過ぎたとか何とか、どなたも気になさってないようです。
一票ください♪
面接に行ったら、『時給はこう書いて募集してるけど、試用期間3ヶ月間は先輩にいじめられないように時給を何十円下げておくからね。』って言われたこともございます。そういう会社では新人パートの試用期間が済んだかどうか、経営者は気にしそうですけど、私はそういう条件後出し求人広告を載せる媒体を次は使わないようにしようと考える主義なので、期間満了後の様子を想像出来ません。『おめでとう、時給上がるよ。』とか、経営者から言われるのでしょうか。
一票ください♪
インチキ求人広告会社のことは知りませんが、普通の不動産屋さんの場合、試用期間ってほとんど意味がないように思います。面接でお互い何を見てきたのか?すぐ辞める人って1日とか3日とか、一週間以内で突然、『やっぱり辞めます!』って言うようです。面接した人の感想が良かった、ガマン強いパートさんの場合、雇用契約通り3ヶ月だけ耐えて、『次からの更新は辞退いたします。』って落ち着いた口調でおっしゃいます(逃がした魚が大きかったパターン)。
一票ください♪
面接官は、『これは大きな魚だ!』って思って採用されたのでしょう。ただ、大きな魚を見つけてくることだけが彼の仕事で、釣った魚にエサをやるのは別の人が担当していました。これが正社員だったら、『新人いじめのひどい会社だな!』って思ったとしても、『それでもこの条件で終身雇用してくれる会社が見つかったんだから終身辛抱しよう。』って思われるのかも知れません。宅建合格したから給料高い他社に転職したとか、3ヶ月坊主で退職せざるを得なかった社員さんは見てきましたが、試用期間内だからって退職した社員さんは見たことありません。
一票ください♪
正社員よりパートの方が、成績不振で退職に追い込まれる立場でもないのにスグに辞める人が多いのは、仕様だと思って諦めて下さい。体を壊すぐらいに耐えたとしても、あと3ヶ月雇用期間を延長してもらえるという見返りしかないなら、もう少しマシな待遇の不動産屋さんに転職したいって思えてくるので(時給や時間帯が不満なら、辞める前に交渉するかも知れません)。
一票ください♪
長期間に渡ってご覧頂いてきた方は驚かないと思いますが、最近になって見に来て下さった方は、パートのブログが突然止まっても仕様だと思って諦めて下さいね。無責任な運営をしておりまして、現在の私はオフライン状態です。記事は予約投稿してきましたが、頂いたメールへのご返信は自動で出来ないため、1ヶ月以上お待たせ続けることになっているであろう読者様、すみません。お詫び文の予約投稿です。パソコンに向かえるようになってから返信しますね。

清き一票を♪
留守中に押しておいて頂くと助かります^^

「女性」を武器にする

卑怯過ぎるとか手段を選んでいる場合でもないでしょ?積極的に使おうではありませんか。

社会保険の損得 を考えたら自分の時間削るとかダルイ思いしてまで旦那の扶養から外れたくない。』とか申す主婦は少なくありません。仮に4分の3ルールが改正されたら一人当たりの労働時間を少なくすればいい…って雇ってる不動産屋さんも働くパートさんも言い出しそうです。

『子供を遅くまで預かってくれる場所を探すのダルイし、フルタイムで働かなくていいや。』とか、『家族構成こんなですけど実家が近いので何があっても会社にご迷惑かけません!って面接官の意地悪な質問をかわしてまで就職活動するのがダルイ』とか、単純に『病弱だからガツガツ働くのがダルイ』とか、パートで働く人妻には、アンニュイなワケ有り主婦が多いものです。

ダルイダルイ言ってると色気が吹き飛ぶので言い方を替えてみましょうか。『私、不器用なものですから(笑)、フルタイムだと家庭とお仕事とを両立する自信がございませんの。ですから、ほどよく(笑)働いて時々休めるパートの求人を探していましたの(笑笑)。』…笑いすぎ?社会保険料の負担なんかしなくて済む方が助かるという考えの不動産屋さんでしたら、『そちもワルよのう(言いたいことは伝わった・笑)』って一緒にほくそ笑んで下さるように思うのです。

ほんの短い時間だけ社保なし低時給という条件に合意して働きに来る主婦が、本当にダルがっている、値段相応の仕事をするおばちゃんかも知れません。もしかすると、たまたま女性特有の何かワケがあってそんな働き方をしているけど、そうなる前は荒稼ぎをする敏腕社員だった奥様かも知れません。お子さん小さいうちは時短社員にすることで仕事の出来る女性営業職を他社に手放さないという不動産会社もございます。役立つ人材が主婦ならではの事情が発生したからと言ってこの世から消滅する訳ではないのですから、どこかに居るはずです。

そういう方々を低コストで雇うことが出来た不動産屋さんは随分トクするのでしょうから、もし出会えたら大切にしてあげて下さい。良い人材確保のためにたくさん募集して下さい。…っていう内容なら、この記事のタイトルには、『近所のおばちゃん積極採用』が最適なのかも知れません。それだと皆さんが中身を読む気にならないような気がして、少し色気のある漢字をタイトルに取り入れておきました。私は卑怯な手段でも積極的に武器として使う女性ですが、何か?

清き一票を♪
「女性」を武器にする。最後まで読んで頂いてありがとうございます。
«  | HOME |  » ▲ page top