管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

女性営業職とジャレた思い出

客層がくたびれた主婦中心なら、女性従業員は質素な恰好をすべきです。女性なら相手がどんな気持ちで見るのかわかるでしょう?その不動産会社では(パートさん以外の)くたびれた主婦との接点が無かったので、女性営業職もオシャレを楽しんでいました。客層が男性客ばかりなので、キレイにしている方が業務上、都合が良いのです。男性なら気持ちわかりますよね?

仕事の出来る営業レディは、男まさりな方でした。『はちみつレモン水を作って部活やってる男に差し入れるなんて媚び方、今までやったことないし、これからも絶対にしないから!』仕事をする女は自炊なんてケチ臭いことせずに稼いだお金で外食すればいいじゃないと豪語しておられました。見た目キレイで仕事が出来て、性格が男前なんです(同性から見てもカッコイイ)。

そんな彼女も、急に女の子モードに入ることがあります(1か月あたり3日間程度)。そういう時は、女友達が髪型を変えた時に『似合うよ』って声をかける時のような気遣いをしてあげるべきです。そういうことに気付きやすい、事務職の義務でしょう?今月はネイルアートですね^^

『きゃ~~!美川さん(仮名)の爪がメス化してるぅ♪』『コラッ!普段の私がオスみたいな言い方をするな!』…なんて怒りながらも、ホントは気付いてもらって嬉しそう。『あれ?もしかしてコレ、全部自分でなさったんですか?』『そうなのよぉ(←心が女性っぽい男性歌手に声が似てました)。奮発してUVランプも全部まとめてジェルネイルセット一式買っちゃったわよ。』

『毎回自分でオフして付け直すんですか?飽きっぽい美川さんに続けられる訳ないでしょうw今なら私が千円で買い取りますよ♪』怒られながらも続けました。『ご自分の飽きっぽさに気付いてないんですね。でもこれだけは覚てて下さい!最終的に私が500円で買い取りますから。』女の意地か、ネイルサロンにお任せになってからも、またいつか自分で塗ると言い張られました。

飽きっぽさ故?転職が癖にまでなっている美川さんのお宅には、まだジェルネイルセットがあるのでしょうか?使ってないとは思いますが、職場が変わってしまった今はどうなったのかわかりません。私の方が飽きやすかったようで、私が先にその不動産会社を辞めてしまいました。


人気ブログランキングへジャンプしちゃいます?
お仕事中にチャラい話ばかりしてスミマセン!d(>∇<;)

隙だらけの名刺

不動産屋の営業マンの名刺に多いのは、社名と見た目の割に立派な肩書きと、宅地建物取引主任者の資格が書いてあるもの。時々、FP(ファイナンシャルプランナー)が併記されていますよね。こちらは持ってなくても困りませんが、持っていれば書けばいい資格だと思います。
人気ブログランキングを開く
まれに、宅建持ってない方の名刺を拝見しますが、そういう方の前では気付かれないように気遣っています。どうしてもその日しかなくて法定講習のある日の晩に飲むことになったのですが、『いかにも宅建持ってまーす!』って主張する大きな紙袋に入ったテキストを自宅に置いて帰る時間がなくて、事前に用意しておいた大きめの違う袋に詰めかえて後ろ手に隠しながら持ってきました。『バーゲンで大人買いしてきた帰りでーす♪』って顔で。今年こそは頑張って下さい。
人気ブログランキングを開く
『お名刺に資格が書いてありませんが、何か?』とか聞くと意地悪じゃないですか。書けないから書いてないに決まってますし。そう思っていた営業マンの契約が近づいて参りました。店長に重説頼むのかしらね。そういうことに気付いてない素振りで、契約書をチェックし始めました。
人気ブログランキングを開く
普段からボ~ッとしておられるし、いつも寝癖ついてるし、同僚にオイシイお客さん横取りされかけてたし。今回は鬼スピードで電話の取れる新人パートが味方してたから大丈夫だったけど、社内だって敵だらけなんだから気を付けて頂きたいものだわ。それにしても、『いかにも仕事出来ません!オーラ』を噴出している頼りない営業マンが、よく契約なんて取れたものだわ。
人気ブログランキングを開く
色々考え事をしながら読んでいて、二度見してしまった箇所がございました。いえ、当然、誤字脱字は多々あったのでそれぞれ一度見て訂正しましたけど。契約書の最後に、宅地建物取引主任者としてその営業マンの名前と番号が書いてあったのです。結構昔に取得済みのようでした。すっかりシンプルな名刺に騙されてしまいましたよ。相手を油断させる作戦は大成功だと思いますが、その作戦、デメリット多くないですか?…いつものウッカリで刷り忘れてただけ?


沈黙は金ってことなのかも?
人気ブログランキングへジャンプしちゃいます?
文脈とは全然関係ないけど、暑中お見舞い申し上げます

専任媒介のメリットとは?

私、ボケる程は老いさらばえていない、宅建主任者でございます。一般媒介 と違って専任媒介の場合は レインズに登録 する必要があるとかいう話は覚えております。極力専任とか専属専任とかで媒介とる方がお客さん逃げないからプレゼントキャンペーン付けてでも専任に持っていきましょう…って会社側の都合も、不動産屋でしばらく働いてきたので存じております。

ヘンな物件をこの私に売り付けてこようとした悪い不動産会社に居た当時新人の私、新人らしい顔で聞いてみました。『専任にするお客さん側のメリットって何ですか?』子供をあしらうような調子で答えられました。『まだ新人さんだからわからないと思うけど、一般媒介向きの物件もあれば専任媒介向きの物件もあるんだよ。』その後、一般にしても専任にしても不動産業界で相手にされないような物件があることはわかりましたが、メリットが何かは不明なままです。

もう新人ぶりっ子が通用しなくなってきた(トシのせい?)私は、その会社の中ではヤリ手ポジションで居る営業マンに聞いてみました。『長年の疑問なんですけど、お客さんにとってのメリットは何ですか?』『……。答えの代わりに、今スグ使えるイイ話を教えてあげましょう。』

おっしゃる通り、一般媒介の場合、何社でも同時に売却活動を依頼出来ます。各社から様々な報告を受けることになります。週末に内見希望の方が何組居ますっぽい連絡も同時に各社から来て、混乱なさると思うんです。不動産のことは不動産屋にお任せ頂いて、お客様は窓口を一本化してただ静かに私からの連絡を待って頂くだけで居られる、専任媒介がお勧めです。

…っぽい説明をすれば、疑っているお客さんでも専任にしますって言って下さるのだそうです。『借金で首の回らない人を対象にローン一本化します!とかセールスしてるのと同じに聞こえそうですね(笑)。で、メリットは?』『……。不動さんがわからないなら、私にもわかりません!』キレるクレーマーをあしらっているうちに逆ギレする人みたいに、あしらわれてしまいました。

人気ブログランキングへジャンプしちゃいます?

専任でなく一般で媒介契約する最大のデメリットはつまり、かけ甲斐がない って思われること?

カッコイイ営業マンたち

契約が3ヶ月間(まれに半年超の会社あり)取れなかった 不動産屋の営業マン は辞めるのがお約束みたいです。フルコミなら、『契約なし→食べていけない→商売変える?』って話になりそうですが、固定給のある正社員なら在籍しているだけで収入があるのでは?パートの私なんか、『なんでせっかく正社員なのに自己都合退職しちゃうの?』って聞きたくなったものでした。

どんどん人が辞めてどんどん人が入ってくる不動産会社。求人広告の常連なので定職に就いてない方の中では有名企業でしょう。『社保完』の3文字が眩しいです。成績不振でクビにされたとしても失業保険がすぐに受給出来るんでしょ?…なんで『3ヶ月坊主=退職願 』なの?

成績不振な営業マンにとっても居心地の良い会社だとしたら、求人広告の常連になる前に会社自体が業績不振で潰れてしまうでしょう。有形無形の圧力をかけて、成績不振者を自主退職へ追い込むのがお約束みたいです。そして、見切った営業マンの欠員を補充し続ける…と。

男の人って女性に泣き言をあまり言わないみたいですね。常に『なぜか仕事が出来てカッコイイ俺』って姿を見せなくちゃいけないって思うものなのでしょうか。妻子を養うためにつらさに耐えて働いているのなら、奥様にどんなにつらいのか伝えれば良いように思うのですが。

奥様方へ。『常になぜか仕事が出来てカッコイイ』ご主人が、『今の会社は俺の知的好奇心を満たしてくれないから、基本給が半分になるけど別の会社に転職してやることにしたんだ。』とか、納得のいかない説明をされたとしても…。『あなたの立派さに気付いてくれる上司に今度こそ出会えるわよ!』と、話を合わせて応援してあげて下さい。本当は好きで条件の悪い転職をし続けるほどバカじゃありません。『給料運搬人にあるべき理想像』の説明は不要です。

お人好し

見るからに悪そうな顔で本当に悪い人…。マトモな不動産屋さんで仕事できる営業マンにはおられないタイプです。お客さんが怖がりますので(当然?)。『人相よくないけど話してみると何かイイ人』とか、『アタマ悪そうだけど何か憎めない人』とか、『愛想ないけどシッカリしてる人』とか、どこかで第一印象の欠点を補うことが営業力につながっているように見えます。

第一印象ぐらい簡単に良く出来そうなものですが、その髪型なんとか…いえ、若い世代ではアタマ悪そうな方が親しみを感じられるのかも知れません。私だったら大切な財産をバカに預けたくないと思いますけど。私の好みはさておき、そこそこ仕事の出来る方に共通して見受けられる傾向がございます。皆さん、逃げ足が速いです。お人好しで契約につながらないとわかっても一生懸命にサービスし続ける…ってタイプの方は営業マンに少ないみたいです。

事務員なら、『こんなことしててもお金にならないだろうなぁ』ってわかるようなお仕事を、『一生懸命に取り組んでまーす』って顔でこなす人はたくさん居ます。特に時給で雇われているパートにとっては、会社が儲かる仕事であろうとなかろうと時間さえ潰せればどちらでも良いように見えます。また、『なんか暇みたいだからパートさんいらないかも』って思われるよりは、『パートさんはいつも一生懸命に働いてくれてる』って思われる方が保身のために良さそうです。

もっと長い目で見てみると…。『営業マンが、この先は無いに違いない案件につかまって先に進めない→会社の業績悪化→人件費予算削減→非正規労働者のクビ?』という予想が出来ます。私がお人好し営業マンに、『ちょうど私、ヒマしてますからその簡単そうなお仕事全部くださいな。』ってお声を掛けるのは、私がお人好しだからではありません。『ヘンなお客さんに構ってるヒマがあったらちゃんと稼いで来なさいよ!』って言えないから偽善者ぶっているだけです。

隠し事

父と将棋を指す時は、飛車と角行をナシにする、二枚落ちというハンデを付けてもらったりしていました。最初から同じ条件だと差が大き過ぎてすぐに終わって面白くないからです。それでも勝てたことなかったんですけど。駒の動かし方しか覚えられなかったから仕方ないですね。

営業能力に長けた方が手加減して、成績の悪い営業マンに気を遣ってわざと条件を悪くするなんてことは無いと思っていたのですが…よくよく考えたら、ございました!ハンデを付けても尚、稼ぐ余裕があるという、その能力は賞賛したいものですが。人としてどうよ?って思います。

女性が、『家族のことを大切に思っています』って主張していると、幸せな人なら、『うんうん』って素直に思うのでしょうけど、そうでない人からのウケはイマイチです。『主婦なんだから家族を大事にして当たり前でしょ』って言われかねません。男性の場合は、『奥さんのことが大切』って主張すると…私は好感持ちますけど、ダメですか?『愛するわが子のためならキツイ仕事でも頑張れるんです。』っていう男性のことを、『感じ悪い人』って言う人は少ないと思います。

お客様用にキレイゴトを書き綴るブログを晒す不動産会社ってのがございますが。営業マンのことをよく知らないうちは自宅でそんなブログを読んで研究していました。小さなお子さんが居る方は、『○○公園までお散歩です。良い環境でわが子がスクスクと育つ。この子の笑顔を見ているだけで幸せです。』(※不動産の話はナシですか?)ってイイ人アピールをしがちです。

一人暮らししている誠実な仕事人間っぽいイメージを与えるブログを書いている方が、実は妻子持ちと聞いて本当に驚いてしまいました。かわいい盛りのお子さんが居るのに、それも活かさずに?ブログに頼らなくても仕事の出来る方ですけど。妻子の存在を隠して付き合っている彼女が居るんですって!稼ぐ営業マンに社内のパートがケチ付けちゃいけませんけど…。

また別の不動産屋さんに会ってきた時、どうしてもガマンできなくなって言ってしまいました。『あなた、結婚しているクセに独身のフリしているでしょう?なんでそんな嘘つくのよ!』不動産屋さんって嘘つきが多いのねーやだやだ…っぽく責めると、『結婚してるのは事実だけど子供は居ないんだ!』って往生際の悪いことを言います。『千三つ屋の言うことなんて全然信じられな~い♪』余計に悪者呼ばわりしてきました。かく言う私も隠れ不動産屋ですが、何か?

応接室で延長戦?

風前の灯みたいな所に居る方が、儲かって仕方ない不動産業者の話なんて聞いてもつまらないですよね?現在クビの皮一枚というか、崖っ淵に居る私も、『仕事があるなんて羨ましい』って思いますもの。それでも景気の悪い話ばかりもなんなので、思い出話でも一つ。

ミニバブルだったあの頃、混んで混んで仕方ありませんでした。新規の借り入れをするとかだったら銀行が応接室を使わせて下さったものですが、銀行ロビーの、自動ドアから他のお客さんが来るたびに風が入るような所で決済するしかなかったような、取引の多かった時代。

社内の応接室を使うのも一苦労でした。好景気に陰りが見え始めるのが早かった部署の方が愛用してきた応接の予約があいていたので(キャンセルだって!)、なんとか交渉して使わせて頂きました。狭い方の応接では、参観日みたいに後ろにスーツ姿のおじさんたちが立って、お客様が署名捺印するのを見届けているような、混雑する日のことでした。お茶汲むしか能が無いから一応持って行ったけど、『座ってる方々だけにお出しして』って言われましたっけ。

占有権は無かったはずだけど、ご愛用の応接を貸して頂いてありがとうって言わなくちゃいけないとは思っていて、営業マンの出てくるのを待っていました。私の席から遠い応接だから出待ちまでは出来なかったけど。ウッカリくんだから、飲みさしの湯のみを放置して黙ってるなんてことしそうで、それで前回みたいにこちらの部署の事務員一同が叱られるのもイヤでしたし。

気がつくと、待っていた営業マンが席に戻ってきて…慌てて書類を掴んで応接室に戻ろうとしていました。『随分長いですね。お茶のおかわりお持ちしましょうか?』『あっ、おかわりサービスもあるんだ。』『長時間だと喉も渇くでしょう?すぐにお持ちしますね。』『サンキュー♪』

予想以上に長引いているわりに上機嫌でした。人数分のお茶を用意して応接室に入っていると、ウッカリ君と仲良し営業マンが二人でタバコ吸いながら雑談しているところでした。『あれ?お客様は?』『とっくのむ…』仲良しクンが言いかけたのを遮るように、『ごめん!ついさっき帰ったんだ!お茶ありがとうね!飲みながら片付けとくよ。』ってウッカリ君は言いました。

営業マンが馬鹿笑いしながら長時間居座っているのを別の部署の方が気分よく思うはずがありません。貸して下さってありがとうって言いに言ったら、又、部屋の隅にホコリが残ってたとか何とかイヤミ言われるんでしょうか。恨めしい目で見上げてしまいました。事務員って損な役回り!って思っていたあの頃、まだ仕事があるだけ幸せだったなと今は思います。

マジで?!/ご冗談を

相手が真剣に話している時に、軽く流すのは悪いことのようです。昼食の献立より重要な事項について話している時に、『お腹すいたからピザ食べたい♪』って冗談っぽく言うといけないみたいです。真面目に言っているのかふざけているのか判断しかねる時は、真摯な態度で受け止めることにしております。真面目な人が茶化されたと思って怒ると怖いんだもん。。。

冬生まれ の私にハイソックスを下さった方が、冗談なのか真剣なのか判断出来ませんでした。『三十路でニーハイはキツイと思ったから』っておっしゃっているので、手加減している=本気?アムロちゃんみたいにかわいかったら、いくつになろうとニーハイ(膝がすっぽり隠れる長い丈のハイソックス)履き続けるのもアリと思います♪…私は全然キャラ違うのにぃ~。

中学生の時は似たのを履いてましたが。ふくらはぎの真後ろからベルベッドのおリボンが垂れているのです。ちょうちょ結びにするほかない長さですが…こんな格好って有ると思います?本気だとすれば一度も履いた姿を見せないのは失礼ですよね。でも、網タイ 好きな主婦がおリボン付いたハイソックス姿をご近所さんに晒すのも…。思案の末、足首まで隠れるコートで出勤し、社内ではヒラヒラのミニスカートにハイソックスという泣ける姿を一度披露してきました。

もう一つ困ったのは、謎のフィギュアです。どこの不動産屋にでも居るようなチャラい営業マンから頂きましたが、いつもニヤニヤしているのに、その日は妙に真剣な顔なんです。『かわいいでしょ?使ってね!』見た瞬間、道祖金勢(どうそこんせい)をイメージしましたが、敢えてトボケました。『ええーっと。どちらが上になるのかしら?』ずーっとわからないフリをしましたが、やっぱりアレはアレにしか見えません!アレに見える物を人目に晒す訳にいかず、大事に大事に、包んで持ち帰ったきりです。※強引にコケシと主張して顔を書いてあるような、アレ…の形。

悪趣味?

非常に反応の薄い、不動産屋のパートの誕生日ネタ(1月12日にするより、1月23日みたいな連番にしておく方がずっと忘れずにいて頂きやすくて良かったかも?)。これをテーマに書きたいことがいっぱいございますが、連投すると飽きられそうなので、小出しにしています(ちょびっと空気読みました)。今回は 免許証 の続きになりますが、ガマンしてお付き合い下さい。

更新するとしたら誕生日の前後1ヶ月の間ですよね?警察署でも平日の昼間ならチャチャッと小一時間ほどかければ手続き完了するじゃないですか。だから不動産屋勤務だと水曜定休で便利♪っぽい話をしていた時です。『え?不動さんって竹やりマフラー車なのに違反切符切られてないの?』『…竹を切ってマフラーに改造するなんてことしませんよ(←流行り?のマフラーの形を知らなかっただけ☆)。だいたい、人目につく所ではギリギリ順法する主義です!』

ゴールド免許更新の際に見ることになる『講習』DVDは、アッサリめ。携帯電話片手に運転するとこんなに蛇行して危険だから良い子はマネしないでね☆的な。違反者の場合は重たいストーリー仕立てになっているそうです。人身事故で被害者を死なせてしまった場合、刑務所に入ったり、お子さんが学校でいじめられたり、今後の人生が暗転していくことにもなるので、今のうちに悔い改めておきなさい!的な。『見ているだけで気持ち暗転しそうなお話なんですね。』

(●≧艸≦)゛『他人の不幸な話って最高に楽しいじゃない?』遅ればせながら気付きました。『この方と私の価値観は全然違う!あと、お勧めされたマフラーの形は全然オシャレじゃない!』この営業マンは怨念うずまく競売物件を楽しみながら仲介してこられましたが、より一層楽しむため、宅建より難しい、不動産鑑定士の資格も取得されました。資格を活かして執行官と共に物件に立ち入ることになり、念願の『第一発見者』デビューも果たして気分爽快(?!)なのだとか。

業務として運転する職業に就いている方は違反切符を切られがちです。どうしようもなく急いでいたり、どうしてもそこに停めてしまいたくなったりするケースが発生するからかしら?悪趣味な元仲介屋が喜ぶストーリーをなぞらえないように、常に気を付けて運転して下さいね。

店長も人の子

『おめでとうございます。明日から新人営業マンのOJT担当になられるんですよね?』『ありがとうございます。お世話になってる会社で後輩指導という恩返しが出来るのはにとっても嬉しいことです。』その不動産屋で親しき仲にも礼儀があったあの頃、無報酬でも OJT (On-the-Job Training=お仕事しながらの研修)に力を入れようとする先輩営業マンの姿がございました。

後輩よりパートと親しくなり過ぎちゃってから。『ちょっと!あなたの後輩クン、~とかおかしなこと言ってるし、今やってることも間違ってるわよ!』『だってさぁ、がせっかく教えてやってるのに、話の途中で、でもーっとか言って聞く耳持たないんだもん。もう勝手にしてって感じ。』

せっかく優秀な営業マンのマンツーマン指導が受けられたのに罰当たりな新人クンだと呆れていたものですが。せっかく優秀な営業マンのマンツーマン指導を受けていたのにたかがパートが親しくなり過ぎて転職しました。たどり着いたのは研修制度がほとんどない不動産会社。

一人で役所に行って調べて来いと言われた新人さんに店長が声を掛けました。『午後から役所の調査に行くの?俺も同行するよ。』新人さんが謙虚で大人しい方だから、店長も特別に配慮されたのかしら?まだ新人なのに上司から直接指導を受けることが出来て良かったですね^^

…残念ながら、何も教えて頂けなかったのだそうです。『都市計画課、道路管理課、建築指導課、河川管理課、教育委員会だけで軽く1時間半は越えるかな?その間、車のキーを預かっとくから心配せずに行っといで。』って言われたのだとか。『店長は役所の中にも入らずに何をなさいたかったのかしら?』『通常は90分1クールで快眠出来るって言いますし…。』お昼寝?!

据え膳食わぬ紳士

忘年会の帰り。『私も○○線で○○駅までですよ♪』営業マンに声を掛けました。『それじゃあ一緒に乗ろうか?僕なんかと一緒じゃ嫌かも知れないけど。』なんでそんな自信の無いこと、おっしゃるんですか?人妻という立場で、『むしろ一緒じゃないと嫌です!』なんて強調するのも具合悪いので、照れ隠しっぽく言いました。『最近辞めた△△さんが居なくなって駅まで迷わずに行く自信がないから、同じ沿線の方が居ると助かるんです。』代わりってハッキリ言いすぎ?

実際、△△さんは家族思いの紳士でした。私がパートに来る前に辞めた事務員さんが、不動産業界でも珍しいぐらいに勢いのある伝説の女性だったらしく、その女性の話を車内で聞かせて下さったものです。アルコールが入ると隣に居る男性に必ず、『このあと…どう?』と、誘うのだとかで、何人もの営業マンが一晩だけ付き合ってきたのだとか。職場の人と一通り?

『でも、私だけは断固として拒否したんですよ。新婚で子供が出来たところだったし、この幸せは絶対に失いたくないと思ったから。』エライ!…しかし、△△さんを誘うのもスゴイと思いますが、その上、△△さんに断られたらショックこの上ないでしょう。…とは言えませんでしたが。

『それにね…ふなもとサン(仮名)のことも聞いていたから、ああいう口の軽い女性は避けたかったんです。』私が来る前に辞めた営業マンのあだ名が、『フニャもと』サンだったんですって。飲んだあとですからね~って言っても、そんなあだ名を言い広められるのは不名誉なこと。フニャもとサンの言い分は、誘ったり言い広めたりする女が悪いってことになるでしょうけど。△△さんも口が軽いので要注意!って警戒することにしました。…書いてる私も要注意人物?

イマドキ消費税/坪と歩

不動産業界でのお仕事は、パートであっても最低限の知識が求められる専門職であり、尚且つ接客業でもあります。お茶を出すだけという担当なら接客スキルだけ磨いていれば良いのかも知れませんが、通常の事務員には両方の技術を日々磨くことが求められます。

専門知識を頭に詰めていく方が接客上手になるよりラクな作業だと私は思うのですが。接客が巧いとお客さん以外の方との接し方も要領よくなるので、そちらを磨く方が自分のためになるかも知れません。社内で嫌われにくくなりそうですし、更には親戚づきあいまでうまくこなせそう。

社内の人との接し方にあまり気を遣わないのか、パートだから気を遣わなくていいと思っているのか。『その程度の接客スキルでよく食べていけてるなー』って感心させられる営業マンも時々見かけます。無駄にエラそうにする根拠がわかりませんし、知識を習得する意思が見られないというか、パートごときの進言なんか聞く必要がないと思っているのか。

私の接客スキルを磨くための試練だと思って、おかしな指示をされても、『はぁ?ソッチが間違ってるのよ!』とか言わないようにしています。減価償却しないはずの土地(地価が下がり続けているのは事実ですが)の広告なのに、『価格の所に消費税込みって書き足しておいて』って言われます。そもそも今、税抜き表示なんかありえないでしょうに。…って言うか更地だし。

人気ブログランキングを開く

『建物にかかる消費税は価格に含まれています』って小さく書いてみるとか、『あとでまとめて訂正しまーす』って言って保留しておいて放置するとか。根拠もないのに一方的にキレるタイプの方とは正面からぶつからないように工夫します。論破されたら爆発するタイプだと思うので。

『雑種地1,234m2(公簿)』って書いてたら、『雑種地1,234.00m2(公簿)』の間違いだと言われた時は、面倒臭いから謝ってそのように訂正しました。登記簿謄本で宅地と鉱泉地以外の地積は小数点まで付けないと聞いたことがありますが、パートの私が教えてあげるって言うとキレそうですし。キレられてまで教育して成長させてあげたくなるような営業マンでもございませんし。

営業マンとそれ以上話すことより、私はもっと違うことがしたいと思います。たまに昔の謄本をコンピューター移記してきた時に昔の単位の表記が残っていることがあるのですが。宅地では、『坪(つぼ)合(ごう)勺(しゃく)』って書いてあって、山林では、『歩(ぶ)畝(せ)反(たん)町(ちょう)』って書いてありました。この単位の違いが、小数以下第2位まで書くか書かないかを分けているのかしら?私は生身の人間と接することより疑問点を調べることの方が好きです。

人気ブログランキングへジャンプしちゃいます?
よく食べていけてるなーって言ってる営業マン未満の接客スキルですが、何か?

営業マンを勉強する

パートの私は不動産会社にありがちな朝礼の類に参加することは無く、社員さんが落ち着いて机に向かっていたりお出かけしたりしてから出社します。ある朝、いつものように出勤してきた私の机の上に、見慣れない本が置いてありました。『あれ?これはどなたの本でしょう?』

よく見ると、いつも散らかっていた隣の席の営業マン、○○さんの机が随分片付いています。突然思い立ったように整理とかする、不思議な人です。『も…もしかして、○○さんの本でしょうか?』『あっ、わかる?』見ればだいたい想像できましたが、何か?『不動さんにあげるよ。』

『えっ?!なんで私に?』『僕はもう読み終わったからいいの。』なんで私が?『……どうもありがとうございます。熟読して、○○さんのことをもっと理解出来るように努めたいと思います。』こう答えると、一瞬嬉しそうに笑っておられました。単に邪魔になったから処分したかったのではなくて、本当に私に読んで欲しかったのかも知れません。考え過ぎかも知れませんが。

『本当にお返ししなくてよろしいんですか?』そもそも積極的に読みたいと思わないんですけど。『いいのいいの。読み終わったら捨てるなり焼くなり好きにしてよ。』こういう約束でしたので、通勤電車の中で一気に読んで、捨てたり焼いたりはせずに50円で売ってきました。○○さんと私は血液型違うんですけど…。自分の血液型の説明書って他人に読んで欲しいと思うものですか?この説明書を読んでも○○さんの考えていることは理解できないままでした。

ご本人が読めば理解出来るみたいです。お一ついかが?

日曜(17日)会った不動産屋さん

会ったことなかったけど、本当に一瞬のうちにわかりました。『この人、不動産屋の営業マンだわ!』常に笑顔を絶やさない…けど、絶対に何かたくらんでそうと言うか何というか、ハッキリ言うと人相が悪いんです。その、スーツを着た悪人顔が何度も振り返る相手は、善良そうな若い未婚カップルでした(薬指に結婚指輪ナシ)。あの駅で徒歩圏内に新居を構えるとしたら、収入あるのでしょうね(…って他人のふところ事情を想像している時の私もきっと、悪い顔)。

良かったなって思いました。幸せをこれから紡いでいく若いカップルの新生活のお手伝いをする、私たち不動産業界の仕事…ではなくて、その営業マンが個人的に。宅建試験の当日にお客様ご案内しているということは、彼は既に主任者なのです。きっと若いカップル納得のお部屋も見つかることでしょう。契約も近いように思います。おめでとうございます(フライング気味)。

ほとんどの社員さんが受験されるという不動産屋さんに居た頃は、私の公休日が日曜だったとは言え、お休みするのが申し訳ない気持ちになりました。お客さんがたくさん来たら大変そうですし、私が遊んでていいのかしらって。パートが一人居た所で特にお役に立てませんが。

投稿が遅くなりましてすみません。受験された皆様、お疲れ様でした。気持ちを早く切り替えて勉強続けて下さいね。お仕事でも役立ちそうな話ばかりですから、勉強し過ぎても損しないと思いますよ。…落ちたみたいな決め付け方ですみません。私の所に、『受かりました!』ってメールはあまり来ないのですが、『来年がんばります!』ってメールがよく来ます。…私のせい?

人気ブログランキングにジャンプしちゃいます?

勝手に託します

ある夏の暑い日でした。不動産屋の営業マンなら受かっておきたい、宅建主任の資格を彼はこれから取るところでした。ちょっと心配だったんですよね。失恋したとか言って落ち込んでたし(…でも、奥さんとは上手く行ってるそう??理解出来ない問題は飛ばすべし!私にとっては納得も出来ませんが、とても落ち込んでたんです)。勉強に手が回らないんじゃないかしらって。

『不動さん、ちょっと聞いてくれる?』また失恋の話ですか?『俺、深刻な問題を抱えてるんだけど。』珍しく真面目な表情ってことは、奥さん以外の人にデキちゃったり?!相手がチャラいキャラなのでどうしても思考がソッチに行ってしまいます(スグ人のせいにする…)。『俺さぁ、本当に情けないんだけど、締め切り前に願書出すの忘れてたことに、今気付いた!』Σ(゚Д゚ノ)ノ

『まだ、誰にも言ってないんだけどね。』『むやみに言わない方がいいでしょう。』『確かに、格好悪い。ってか、上司に怒られる。』『…いいこと思いついたんですが、いっそのこと、願書出したことにして、受けてきまーすって言っちゃってもバレないと思いますよ。』奥さんには嘘が付けるのに、かわいがって下さっている上司にだけは隠し事したくないという結論を、24時間後に出されました。『上司に言ったら、受けたことにしてみんなには黙っとくって言ってくれたよ。』

失恋した時ぐらいに落ち込んでてカワイソウ…。元気出すのだ!『物は考えようですよ。ここ10年間ずっと払い続けてきた受験料が今年だけ節約出来たんですから、今年は遊ぶお金が増えるじゃないですか。』『…なんか、どうせ俺なんてバカだから受けるだけ無駄って言ってるようなもんじゃない?』以上、私の失言もふくめて全て実話です。毎年どこかでウッカリ営業マンが受けたいのに受けられなくて悔しがってるんじゃないでしょうか。願書締め切りに間に合った皆さん、彼(ら)の分まで精一杯、解答してきて下さいね。私からも、よろしくお願い申し上げます。 

人気ブログランキングにジャンプしちゃいます?
元気よく行ってらっしゃいませ―*.゚+ヽ(○^▽^○)ノ゙ +.゚*―!!

高級腕時計

営業マンがお仕事中に、心当たりが無いのに体調がおかしいと言い出されました。『ずっと心配を抱えたまま過ごすのも心が不健康になるだけですから、今すぐお医者さんに行かれたらどうですか?』お節介おばさんしてしまいました(した…と言うか、常にお節介おばさんですが)。

血液検査など受けてどこがどう悪いのかわかったので、やや安心とのことでした。早めに病院に行って良かったですねーと言いたいところですが、『これからは別の病院に通うことにするけど!』と、ご立腹の様子。『注射が巧いのは認めるけど、あの医者嫌い!』なんで?

『パテック・フィリップの時計なんてしてたんだ。自分の血がアイツの腕を飾ることになるのかと思うと腹が立つから。』お陰様で何とか食べていけます…程度の地味な人のためなら役に立ってもいいと思えそうですが、他人の無駄遣いを助長したと思うと、面白くありませんよね。

以前勤めていた不動産会社では、ブランド腕時計はオメガまで!という規則がございました。それをお客様の許容範囲の限界だと勝手に決めたのは、『ボーナスが立つ』と言われた高給取りの上司でしたが。そのオメガを、薄給でパートをこき使って浮いたお金がコレに化けたのか…と思いながら見ていたものでした。稼げる職に就いていないのは自分のせいですが、面白くないものは面白くないのです。お客様以外の人の前でも地味な方が損しない気がしました。

人気ブログランキングを開いちゃいます?

そんなことを思い出しつつ、おせっかいパートさんは営業マンを諭しました。『お客さんからどう思われるかって大切ですものね。華美な装飾品はせっかくのビジネスチャンスを逃してしまいますから。』『本当に嫌味な時計だった。絶対にもっと稼いであの医者を越えてやる!』

握り締められた左手を見ながら言いました。『その…宝石ギラギラのロレックス…』『コレ見ながら、いつかもっと高いの買ってやるって気持ちを何度も思い出せるよ。』最高級ではない高級腕時計ってそういう効果もあるみたいですね。もう外せって言えなくなってしまいました。

オメガの上司も、より上限に近いオメガを身につけることによって部下たちが、『あれぐらい高級なタイプを買えるように頑張るぞ!』って発奮する効果を狙っていたのかも知れません。安物だと、『出世してもあの程度の会社なんてやる気出ないなぁ』って思われるかも知れませんし?

人気ブログランキングにジャンプしちゃいます?

ディベロッパーマンの家

ありがたいことに、『不動ゆり子さんに仲介して欲しいのにな~』って言って頂きました。恐縮です。営業職ではない私が重要事項説明をすることは無いのですよ。ペーパー免許状態の宅建主任者証の使い道があってもいいかなとは思っているのですが。お客様に、『今更ですが、規則ですので…』(←ちょっと違う?)なんて言いながら提示して重説するのに憧れていました。

某不動産屋の営業マンに主任者証を見せて頂いて、『あっ、私、絶対に無理!』って気付いたことがあります。顔写真。営業している時点でお客様に顔は覚えて頂いているはずなので、重説まで来て照れることはありません。問題は生年月日の明記です。(美容師さんには)『実際よりずっと若く見えますね~♪』って言われているのに、年齢詐称がバレちゃうじゃないですか。

営業マンの主任者証に記載された住所を見て仰天したことがあります。ハウスメーカーマンが無駄に立派な家に住んでいることが多いということは知っておりました。だから、元ディベロッパー出身の営業マンが元自社施工物件に住んでいても全くおかしくないのです。

『え?○○県から通勤していらっしゃるの?朝、大変じゃありません?』『長距離通勤はデベロッパー時代で慣れてるから平気なんだよ。』郊外で売れ残った物件を社員が買い、買った社員が住んでまた別の郊外にある販売センターに通勤するという生活だったようです。

女性にとって、ハウスメーカーマンの嫁になるのとデベロッパーマンの嫁になるのと、どちらが良いか。定番の悩み、『マンションと一戸建て、どっちがいい?』の答えをどう出すかにもよりますが、私はデベさんを推奨します。ハウスメーカーの家は独身時代に実家近くに建てられていることが多く、なかなか引っ越せません。ディベロッパーのマンションは親戚関係とは無関係の立地ですし、一生に何度も、新築(売れ残り)マンションに入居出来るチャンスが来ますから。

セクハラ合戦

そういう話題には眉をひそめるキャラだったはずなのですが。不動産屋さんにはエッチな話題を好む営業マンがたくさんいます。ひょっとすると男の人はみんなそうなのかも知れませんが、隠さない人が多いってことなのかも知れません。人妻にそんな話をしてリアクションを楽しむ…という悪趣味なのもゴロゴロ居ます。コンプライアンス研修を受けさせられていたはずなのに。

モジモジ…うつむきながら小さな声で、『…わかりません(><)』って構ってやるのがいい加減面倒臭く感じてしまいました。いつもワンパターンなんだもーん。ブログの品位を下げたくないので詳細は書きませんが、とっておきの下ネタを思いついたので使うことにしました。モジモジせずに、うつむきながら口の端だけで笑って魔法の呪文を。『えええーっ!夜の2時じゃなくてまだ昼の2時ですよ。不動さん、何てこと言うんですか?』『ワタクシ、物件をホームページに載せたいって申しただけですが、何か?ヘンな意味にとらえられてまして?』営業マンの悔しそうな顔!

私の反撃が効いたのか、その営業マンは当分つまらない攻撃をしてこなくなりました。これで私が勝者のつもりでいたのですが、油断していたようです。今までおとなしかったのが急に反撃するのもある意味、卑怯ですが、第三者を利用するなんて卑怯すぎます…。負け惜しみ?

『知ってる?俺と不動さん、二人だけの秘密を共有してるんだよ。誰にも言えない秘密もってるんだよね?』アノコトか!当然、言えません。『……』『ほらね!不動さんと俺ってそういう仲なんだ。あのことは絶対に言えないよねー?』『…もぅやめて下さいっ!』負けを認めました。

営業マンの致命的なミスをうまく隠蔽して闇に葬っていました。バレたら笑われるどころじゃありません。プロとして軽蔑されちゃうかも知れません。私が口の堅いことを知っているから、あんな言い方をされたのです。バラすなんてこと、自分が自分を許せません。でも悔しいっ!

怒らせちゃいけない人

人類は皆平等と教わってきました。若いのにやり手の営業マンが年上で格下の営業マンに呼び捨て&タメ言葉で説教しているのを見ても、不動産業界は平等だから当然おこりうる事態だと合点していました。パートのみなさん、勘違いしてはいけません。パートは非正規雇用ですから最下層に居ます。人格や人権を持った『人間』ですらないと思われていますよ。社内全員が平等だと思っていたおめでたい人間は私以外に居なかったとは思いますが。

特に営業マンは外でつらい目に遭っていてストレスを貯めておられます。帰社した時には最下層の小間使いたちからペコペコされたいし、八つ当たりしても良い相手を求めているのです。それがパートの役目だと思っている人も多かったはずですが、逆に『あなた間違ってますよ。』って正攻法で指摘されたくないものです。今更謝るのもなんですが、失礼いたしました。

特にその不動産屋には不思議な封建制度が残っていました。OA化はとっくに済んでいたはずなのに、一部アナログ形式をとっていました。強烈なコネで入ったというお局様がパソコンを使いこなしておらず、彼女の担当する物件だけデータ入力されていなくて紙データを探さなくてはなりませんでした。物件一覧表も紙データ。それが情報入手した順に手書きされたもので、ソートもかけられません。唯一の検索方法は目視のみ。かなり面倒な作業でした。

ノリに乗ってる若手クンに、お局様の所から資料探して持ってきてって命令されました。『はーい♪』いい返事はしましたが、あー面倒臭いっ。流し読みすることたったの1回。『あのー。紙データに載ってませんけど、本当にお局様の担当ですか?』親子ほど年の離れたベテラン営業マンですら萎縮するトップセールスくんに口答えするなんて。恐れを知らなかったのでした。

常時見込み案件をいくつも抱えていたし、パートさんと長話する時間も惜しかったでしょうね。『ほほー、不動さんはこういう作業が苦手なのか。俺がコツ教えてやるよ。こういうのは地道に1個ずつ1行ずつ、指でなぞりながらチェックするんだよ。』社内の端から端まで響く大きな声で1件ずつ所在地を読み上げられました。『ごめんなさいっ。もう一度自分で探します。』その紙データを持って逃げようとしたのですが、読み上げるのをやめてもらえませんでした。

何十件か読み上げたのち、より一層大きな声で、『ほら!あっただろう?もう俺のコツをマスター出来た?これで不動さんも仕事が出来るようになったよね!』はい、二度と口答えしませんし、何でもいたします…。『いきなり紙データから探し出して来いなんて無茶を言わないで下さいよー』って思っても絶対に言ってはいけない相手が居るということをその時覚えました。

やり逃げ犯にもの申す

『釣り』っぽい品の無いタイトルでお目汚し、失礼いたしました。女性は、『やる』→『する』、『寝る』→『眠る』等、誤解を招きづらい表現に置き換える習慣を付ける方が良いと思います。誤解じゃない場合でも、せめて『いたす』…みたいな柔らかい表現をする方がよろしいかと存じます。でも、今日は本気でやり逃げ常習営業マンに物申したいのです。私の訴えを聞いて下さい。

各不動産屋さんに必ず1台はあると思われるシュレッダー。これには貯まったゴミを交換するという地味な作業が必要となります。こういう仕事は普通、事務職がします。社員の事務員さんに言われてパートが実際にその作業をするということも多いです。対人関係ほどのストレスではありませんが、ゴミ袋交換の際に必ず粉砕された小さな紙切れが周囲に散らばるのが難点です。コロコロ…と使い捨てる掃除用テープの使用を禁止されている所では特に。

その交換作業を、『事務員に命じてはならない』…というルールの不動産会社がありました。大型のシュレッダーをいくつもの部署が共有しているのですが、最寄りの部署の事務員にだけ頼むと不公平になるので、ゴミ捨てサインを出した本人が黙って自分で片付けなくてはならないことになっていました。でも、自分で片付けているのは最寄の部署の人ばかり。大量の書類を処分している途中でビービー鳴ったりしませんか?たまたま『現場』を見て、事情を理解しました。

最寄りの部署の営業マンは身元がしっかりバレてますから、ビービー鳴らして知らんぷりはしません。目が合えば私がゴミ袋の交換と掃除とシュレッダー作業の続きを引き継ぎます。遠くの部署の営業マンの場合、鳴らしっぱなしでシュレッダーの途中で逃げ出す方がおられます。それはまだかわいい方。音を聞いて最寄の部署に居る私が駆けつけますから平気です。

ずるい方の場合、ビービー鳴るのを黙らせるため、スグにシュレッダーの扉を開きます。でも、面倒なゴミ袋交換作業はせず、ゴミをギュウギュウに底に押し付けます。それで交換センサーが反応しなくなるそうです。そういう『不正』のあったゴミ袋は、通常の倍ほどの重さになっています。交換する時に持ち上げるのが大変なのですよ。事務員さんでも社員さんはダメかも知れませんが、パートの私はどんな雑用を言いつけられても平気です。変なテクニックを使う前に、パートに『あとよろしく』って声を掛けて下さい。重たいの1回より、軽いの2回の方がいいです。

岐阜とセット

行く先々の不動産屋さんで、『パソコン得意そうな顔してるから、コレお願いね♪』って言われるようになってきました。どういう顔?…きっと美人って褒められているのでしょう(ノ^ω^)ノ♪不動産関係の知識の取得にお金をかけることはあっても、パソコンのスキルに大してお金かけてこなかったのですが…期待に答えるべく、たとえ節約コースでも一生懸命頑張ります!

会社から貸与されているパソコンをデフォルトの状態で使うことを信条としているので、アドインを入れたりソフトをダウンロードしたりせずに過ごしたいと願ってきたのですが…。最近、禁を破って自宅用に画像編集ソフト、GIMP2(無料)を入れてしまいました。いっぱい練習したいのだけど、加工すべき画像をあまり持っておりません。あっ、いいデザイナーさんが居ましたわ♪

*たろう*さんには専属専任デザイナーさんが居て、新しいバナーを公開 されました。著作権だ何だうるさいことを言われなさそうな画像でしばらく遊んでいたのですが…。汚れた 塗り絵 を見せて、『私の技術ではコレが限界なので、何とかして下さい・・・って頼んで下さい 』と、お願いしました。無茶振りというか、失礼振りにも関わらず、ご丁寧に 3パターン でお答え頂きました。

画像加工の基礎を最初に教えて下さったのは、昔ご一緒させて頂いた営業マンです。『ウチのシステムで使える画像の形式は、jpgとgifだから覚えといてね』…というセリフを忘れられなくて困っています。私は、戸建とか陸屋根とか居宅とか、最初に覚えた読み方を一生続けるみたいなのです。『jpg』が、『ジェイペグ』なのは問題ないと思ってますが…。『gif』は、『ギフ』じゃなくて『ジフ』って読むのが普通みたいです。ありがち ですが、私の初めてを返して頂きたいです。

或る営業マンに捧げた※公開中

春だけがお別れの季節じゃないのが不動産業界。2~3ヶ月に1度は歓送迎会をしています。この連休明けの出勤で、いつも当たり前に居た営業マンが居なくなったことを実感するようになるのでしょう。人妻という立場で言うべきでなかったかも知れませんが、どうしても言いたいので伝えてしまいました。『寂しくなりますね。』2~3ヶ月に1度は言ってるセリフですが、何か?

私が仕事を覚えていくに当たって全く影響のなかった営業マンは数多くおられますが、そんな営業マンほど…ブログネタになる面白いことをして下さいました♪本人の知らない所でお世話になっておきながらお礼を申し上げてないことを申し訳なく思っております。&ネタにしてゴメンね。

振り返ってみれば、このブログに登場する営業マンってパートさんにケチョンケチョンにけなされていて気の毒ですね。でも、文面の端々に『温かく見守る愛』…みたいなのを感じません?当然、本人の許可なんて得ないで勝手に登場させちゃってきたのですが、私の温かい気持ちをどうしても知って頂きたくて、もう会えなくなる営業マンにメールでお知らせしました。

『新しい所でも元気で頑張って下さい。ところで、あなたとの思い出をこんな文章にしてみました。この文章をあなたに捧げます。』手抜きですみません、ブログの中では『○○さん』って書いていたのを実名に書き換えただけの文章で、ただのコピペです。あと、お別れするに当たって即興で作ったっぽい書き方にしてしまいましたが、何ヶ月も前からブログで晒されていたものでした。『別れ際に思い出話を長い文章にして頂いたのは初めてのことで、感動しております。』

○○さん、手抜きのコピペなんかで『感動』してもらっちゃってすみませんでした。あと、たくさんの方の目に触れる所で二人の思い出話をコッソリ公開していてすみませんでした。自分の書いた過去のブログ記事を読むたびに○○さんのことを思い出します。この記事を読んでまた思い出す日も来るのでしょう。あと…もっと恥ずかしいネタも実は公開しています!すみません…。

もぅ耐えられません!

もともと仲の良かった男女がたまたま仕事で一緒になる…という場合、双方が大人な応対をすることで周囲に『おや?』と思わせないようにするのは簡単です。彼と私の場合はお互いに無関心だったのに職場で仲良くなったので、周囲から『おやおや』って思われていたのでした。

人妻の落とし方?よく話を聞いてあげることです、普通は。私の場合は特別に、スイーツ(特に洋菓子)で餌付けすると簡単になつきます。話を聞くよりお金がかかりそうですが、気にいった営業マンには悪いようにしませんので、お仕事をする上でのメリットも大きいと思います。

その不動産屋では、私たちが仲良しなのを知らない人が居ないという状態でした。甘い物を頂くと両手を上げて立ち上がって喜び、むしゃぶりついた直後に仕事処理速度が上がります(普段がサボり過ぎだったのかも?)。『できましたー!』と、大声を上げて立ち上がってから両手で書類をお渡しするので目立ちます(お急ぎの仕事はスイーツと抱き合わせで頼む習慣を社内に根付かせることにも貢献しました)。周囲から痛い奴と見られている自覚はございましたが。

彼は人の目なんて気にしない人だったようですが、私はこらえきれなくなって言いました。『もう私、耐えられません!』皆さんにって買ってきて下さったのがシュークリームだったのですが、私と彼の分だけ数十円高いエクレアだったのです。『ちょっと冷やした方が美味しいよ』って言うから、エクレアに自分の名前を書いたフセンを貼って冷蔵庫に入れていました。

『冷蔵庫にシュークリーム冷やしてあるからどうぞ』って言われた皆さんが口々に、『2個だけチョコのかかってるのがあるじゃない?』っておっしゃいました。彼は『羨ましがらせておけばいいんだよ』って言いましたが、私は周囲の『チョコがかかってるなんてずるーい!』という目に耐えきれず、溶けたチョコが固まらないうちに『ずるい』エクレアを丸ごと食べてしまいました。

紳士

プライベートな話でスミマセン。派手な女友達が結婚したのですが、なれそめを聞いて感動しました。超ミニのスカートで座ってたら、黙って脱いだジャケットをひざに掛けてくれたんだとか(中身が見えてたのかも?)。『ステキ過ぎるわ!』呆れ顔で言われました。『あはは、ゆり子、昔から紳士が好きだもんね。』紳士的にふるまって頂けると嬉しいものです。普通でしょ?

ってことは、私のタイプと言えるのかも知れません。決算期末にノルマ達成した時にケーキを買ってきて配って下さるだけだったエリア部長が居ました(ケーキ配る=紳士=タイプ?)。普段は支店のパートが参加するような飲み会には参加なさらないのですが、このたび初めて飲み会でご一緒することとなりました。女子社員さんがさっと引いて、自然と私が隣の席に。

タイプだから最初は嬉しかったかも。短時間のうちに気付きました。『この方はお酒に弱いに違いない。』遅くまで飲み歩く機会の多い不動産業界では損な体質ですよね。カワイソウ…。すぐにろれつが回らなくなって、同じ質問が繰り返されました。キョトンとした顔をしていると、離れた席から営業マンの声が掛かりました。『エリア部長、だいぶ酔ってるよ。気を付けて!』

私は何にどう気を付ければ良いのでしょう?同じ質問の繰り返しが止まり、テーブルを抱きかかえるように伏せた状態でろれつ回らないまま言われました。『逃げて、逃げて!』?『今すぐ俺から離れて帰りなさい!早く!』ワケがわからないままカバンを掴んで脱兎のごとく逃げて、声を掛けてくれた営業マンと一緒にお店を出ました。…全く振り返らずに。毎回グデングデンに酔ったエリア部長をご自宅に送り届けるのが大変だから、極力呼びたくなかったんですって。

その後を見てないから、私の記憶ではエリア部長は永遠に紳士のままです。『逃げて』って言って下さった時の紳士的なお気持ちのみ、しっかりと記憶に焼き付けておきたいと思います。
人気ブログランキングを開く 押し逃げも大歓迎でございますが、何か?人気ブログランキングへジャンプ

知的な人

その不動産屋で私が働けたのは面接試験に合格したからで、面接官だった彼のお陰と言えるでしょう。ただ、初対面の印象は、『クールで知的だけど本当は何考えてるのかわからない人』というイメージで、しばらく警戒していました。お仕事ご一緒すると、さばき方など効率よく、気持ちよく働けました。タバコを吸わない者同士、飲み会の席が近くになることも多くなりました。

酔ってきたのか、小道具が出ました。『俺、よく本を読むんだよね。こんなの♪』知的な方にありがちですが、活字をよく読まれるようですね。ビジネス書とか読んで仕事の効率アップをはかっているとか?表紙を見せて頂くと、こう書いてありました。『女の子を口説くコツ』…ハァ?

『不動さんには、この本の信憑性を確認する意味でも、是非とも答えてもらいたい質問があるんだ。』…はぁ。『プロポーズのセリフとして女の子が喜ぶ方はどちらが正解か?A.絶対幸せにする。結婚して! B.色々苦労かけると思うけど、結婚して下さい。』『…Aです。』

『マニュアル本にはBが正解って書いてあるのに?無責任でバカ丸出しな発言のAはダメらしいよ?』結婚すれば必ず、幸せとは間逆に感じる事件に遭遇します。その時、『絶対幸せにするって言ったのに、うそつきー!』と、猫パンチして相手を責めまくれるのが、無責任発言Aの嫁。

先回り免責男Bは、『事前に苦労かけるって言っといたもんな。悪いけど耐えてくれ。』と、開き直るはずです。事前に説明しておいたのに聞き漏らしたのが悪いみたいに言って逃げる方法を指南するなんて、著者は不動産屋に違いないとにらみました。それにしても、なんで既婚者がプロポーズのセリフの研究なんてしてるのかしら?やっぱり何考えてるのかわかりません。
人気ブログランキングを開く C.入籍の意思だけ伝える…が、トラブル回避のコツ?人気ブログランキングへジャンプ

それは私です

ベテランさんとは呼べない営業マンの場合、時々、知識が抜けていることがあるかも知れません。若いのに不動産に詳しい方だと、コツコツ努力して勉強して来られたのか、先輩に教えて頂くのが上手なのか、もともと頭が良かったのか…。これ以外の理由を思いつきませんが。

若手でもないのに知識が所々抜けている方の場合は、失敗したことを忘れてしまう、人が親切に教えてくれようとしているのに、『でもー』と、口答えして最後まで人の話を聞かない(意外に不動産業界にはこのタイプ多いですよ)、もともとの頭がとっても…(以下省略)。色々理由はあるのでしょうが、これから正しい知識がどんどん身に付いていく可能性は低いと思われます。

若手とは言えないけどまだまだ伸びる余地のありそうな営業マンが、激しい思い込みをなさっているようなので、進言させて頂きました。『この定義を勘違いして覚えておられるのではないですか?』若くもないのに堂々と間違ったことを言うような方には通常言わないのですが、私は彼に残された可能性を信じました。でも…『そんなことないよ。俺が正しいんだ!』営業マン、お前もか。そういうことには慣れているから平気です。『失礼しました。』謝るのも慣れれば平気。

そんなやりとりを忘れた頃に、パートさんの心の中でお前呼ばわりされた営業マンから声を掛けられました。『ごめん、さっきの話だけど、ネットで調べたら、やっぱり不動さんの言うとおりだったみたい。』営業マン⇔私で意見が対立すると、営業マンの言うことが正しく、営業マン⇔私+ネット検索で意見が対立すると、私たちの言うことが正しいのですね。多数決ってことなのかしら?その、検索結果を見てみると…それは私の書いた解説でした。営業マン⇔私+私…。
人気ブログランキングを開く お一人様一票ずつで結構ですよ。人気ブログランキングへジャンプ

不動如山

動かざることのごとし…本当に、この人は営業する気があるんだろうか?と、首をかしげたくなるような珍しい営業マンが居ます。不動産業界に限らず、営業マンというのはたいてい、がっついて来るものです(お客様の半数はがっつかれるのが大嫌いであることは知っておいて損はないでしょうが)。『今日こうして不動と話して良かった…って思って頂けるよう頑張ります!』とか、『この不動にお任せ頂ければ…』とか、自分の名前を連呼して覚えてもらおうとしたり。

そのしずかなることのごとく、接客中の彼はもっぱら聞き役に回ります。かなりマイホームを買う気のあるお客様の場合、気持ちが前向きになっているものです。家庭不和で離婚の危機だと、一緒に住むための家を今から買おうと思わないはずですし、大金使ってより良い生活を手に入れたいと思っている場合は、近い将来に明るい家庭の様子が見えるのでしょう。しばしば、『何CCのバイクを買うからそのスペースを確保したい!』だの、『かわいいワンちゃん買って家族の一員として迎えたい♪』だの、営業マンに新居の生活の夢を語ることさえあります。

頭金が十分貯まっているし、ローンの審査もラクに通りそう…そんなオイシイお客様が、幸せいっぱい夢いっぱいなのに、突然マリッジブルーのように躊躇することがあります。『言っても、ウチ、 転勤族 だからなぁ…。』追い出されない限り社宅に住んでいれば良いのではないか、と?

そんな時、彼は突然のごとく (お菓子をかすめ取ります) 熱弁します。『いつ転勤になるかわからない、という不安はよくわかります。』冒頭でお客様の意見は肯定しておきます。『ただ、私の見てきた方々のような失敗を、お客様には経験して頂きたくないのです。』買えるのに転勤が怖いから買うのやめたというお客さんは多いのですが…。何に失敗されたのでしょう?

買わなくても良かった時は確かに買えた。ただ、転勤の恐れがなくなった時点では買えなくなってしまった。…そういう失敗です。若いビジネスマンで成人病を患っている方はほとんどおられないでしょうが、中年になってくると色々と病気が出てきます。健康でないと 団信 に入れないからローンが組めなくなるパターン。大手企業は倒産しにくいですが、会社を維持するために人を飛ばします。出向させたり転籍させたり。有利なローンが組みづらくなるパターン。

『やっぱり、自分にとっての買い時は今しか無いんだ!』唯一の懸念、『自分は買えるけど買ってはいけない立場なのではないか?』という部分が彼の熱弁のお陰で払拭され、お客様は迷うことなくマイホームを購入なさいます。不安材料が消えてから契約にいたるのはのようにスピーディー。最初から最後までがっつき続けるのではなく、こんなメリハリのある営業を、きっとお客様は求めている…はず。(風林火山の順番どおりに書けなかったことはスルーして下さい。)
人気ブログランキングを開く 押して押して~!押しの一手です。人気ブログランキングへジャンプ

アレの話

春。共学にしか通ったことがなかったのに4月から女子校に通うことが確定した女の子たちは、不安な気持ちをいっぱい抱えているかも知れませんね。世間が勝手に妄想するような恐ろしい花園ではございません。きっと、来て良かったと思われるはずです。……。こんなオトナのブログに女学生がアクセスしてくるはずないか☆安心してオトナでないとわからない話しまーす。

『この人、共学出身なんだろうな…』と、思わせる漫画家が居ました。女子高が舞台の漫画で、『アレちょうだーい!』と、大声で叫んだクラスメイトに向かって、遠くの席の女の子がアレを遠投します。ヒロインは宙を舞うはんぺんっぽいアレを見て絶句。…ンなことする訳ないでしょう!

ひそひそ声で、『どうしよう…。』困った顔をする友人に、『アレ?』とだけ短く答え、確信。ハンカチに包んだ何かを机の下で渡しつつ、『何もしてないわよー』って顔で演技するクラスメイト。ハンカチごとポケットに突っ込んだ友人は、お手洗いに急行するのでした。…これが現実。

三次元ポケットから何でも出して友達を助けてあげたいので、私はいつでも何でも持ち歩きました。高校生の時はハンカチを携帯しない友達のために、常に2枚のハンカチをポケットに入れていました(1枚のハンカチで2人連続手をぬぐうと乾かなくなるので)。みんな私が鎮痛剤を携帯していることを知っていて、『ゆりちゃん!お願いっ』って言われると黙って出していました。露骨な表現をしなくても、女性がそういう顔をしている時はお腹が痛くてつらいのだとわかります。

大人になって不動産屋さんで働くようになりました。何度かお困りの事務員さんにお薬を差し上げたことはございます(翌日以降に代わりの薬を返してもらった数は生涯で5個以内ですが、何か?)。ある日、営業マンが困っておられました。『うぉー!頭が痛い!痛いよー!困ったなぁ。誰か頭痛薬持ってない?助けてー!』私の出番です♪『空腹時に飲むと胃を荒らしますので、何か召し上がられてから飲んで下さいね。』言われた通りにして落ち着かれました。

『ありがとう、不動さん。ホント、頭痛持ちってツライよね!』『すみません、私、頭痛持ちじゃないから、よくわかりません。でも、おツラそうでしたよね。』『え?頭痛持ちでもないのに、不動さんって頭痛薬持ち歩いてるの?何で?ヘンなのー!頭痛薬なんて頭痛以外の何に使うのさ?』…デカい声で言わないで下さい。女子校に帰りたい!って思いつつ、何も答えませんでした。
人気ブログランキングを開く ハッキリ書きませんが、お察し下さいませ。人気ブログランキングへジャンプ

こうべを垂れる稲穂になあれ

三国志の中では諸葛孔明、新撰組の中では土方歳三、ゴッド・ファーザーの中ではマイケル。かっこいいです。知的に仕事の出来る男の姿に、男性でも惚れ惚れすると思います。感情むき出しで鉄砲玉のように飛び出すのではなく、耐えるところは耐え、時期を見て必要な時に攻撃するのです。そういう男を好きになれれば良かった…。短気なバカ男の何が良かったのか…。

不動産業界では、こういう策士タイプの方には滅多にお目にかかれません。根拠もないのに自信満々で、弱い犬ほど…の例えどおりに吼えまくる営業マンが多数。不動産屋で働いていると、本気でケンカなさっているのを見かける機会もたびたびございますが、そのきっかけを聞いてみると子供みたいに馬鹿馬鹿しい理由で、関係ないのにこちらが恥ずかしくなります。

そんな世界では全然珍しくないタイプの方でしたが、不必要にエラそうでした。特に子会社に対する横柄な態度は目に余るものがあったとかで評価は低く、人事異動となりました…その、子会社へ。親会社にも子会社にも、彼を嫌う人はいっぱい居ましたので、悪意的な報告が続きました。『あれだけのことを言ってただけあって、すっごく冷たくされてるらしい。』『ご飯一緒に食べてくれる人居ないんだよ。みんな避けてるから。』自業自得とは言え、居心地悪そう…。

ホント何が良いのかわかりませんが、私は不動産屋の営業マンにありがちなタイプが好きなのだと思います。『バカね…』って見下すのが好きなSなのか、弱い犬に吼えられるのが好きなMなのか…。サラリーマンの給料は、こなした仕事量に比例する対価ではありません。エラそうなバカ上司の下で耐え続けたことに対する報酬です(組織が大きくなるにつれ、無駄な人材が管理職としてはびこります)。辛抱の足りない者は、突然切られたり降格させられたりします。

特に独身の事務員さんは、不動産屋の営業マンと結婚する率が高いのだそうです(水曜しか休めないことも一因かも?)。何が良いのかうまく説明出来ないけど、好きになる気持ちは理解出来ます。ステレオタイプな女の幸せというものは、コツコツ辛抱して稼いできてくれる夫と、地味に健康的な家庭を築くことではないかと思いますが。好きな気持ち、敢えて止めません。
人気ブログランキングを開く 短気は損気!ですが、お幸せに。人気ブログランキングへジャンプ

灰皿にだってルールは有る

最近の不動産会社は事務所内禁煙の所が多いですね。上司が居なくて残業してる時に自席で吸う用の灰皿を隠し持ってる営業マンがまれに居ますが、普通は指定された喫煙場所に移動します。このルールを全員が守って下さればよろしいのに。入っているビルが、『指定した場所以外は全館禁煙』ルールの不動産屋さんの時は良かったです。応接室に灰皿が無いから。

応接室に灰皿が有る場合、お客様がご来店の時にキレイなのを出せるように、パートの私が吸殻を捨てて灰皿を拭いておきます。お客様がお帰りになると、コップ類を下げて文房具を片付けて、同時に灰皿も下げます。そしてキレイにして戻したはずなのに…。次のお客様のためにお茶をお出しすると、キレイにしたはずの灰皿に吸殻が入っていて慌てることがございます。

指定された喫煙場所が遠いからって、手近な応接室で済ませている営業マンが多いようです。異なる銘柄の吸殻が入っていました。気の弱そうな方を問い詰めてみますと、『喫煙場所だと座って吸えないから、資料見ながら気分転換できなくて困るんです。』…とのこと。資料見てるけど気分は転換?『 測量しなくていいけど境界確定して! 』のたぐい?突っ込みませんが。

お客様の前でバタバタと灰皿のお世話をしていてもお邪魔ですので、新しいルールを守って頂くことにしました。応接室内の目立つ所にある、凶器になりそうな重厚な灰皿は、接客中以外は使わないこと。『資料見ながら気分転換』したいなら、目立たない所に置いてある、UFOみたいな薄っぺらい灰皿だけ使うこと。なんでこんな簡単なルールも守れないの?!気の弱い方は、『僕は安そうな灰皿しか使ってません!』っておっしゃいます。他にマイセン吸う方は…?
人気ブログランキングを開く 犯人を追い詰めるのが得意ですが、何か?人気ブログランキングへジャンプ
«  | HOME |  » ▲ page top