管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

色んな個室

引越しは過去10回ぐらいしてきました。平家も集合住宅も、低層階も上層階も、一通り経験したような気で居ました。今では24時間風呂からバランス釜まで沸かせます(五右衛門風呂は未経験)。それで調子に乗っていたのかも知れません。私には乗り越えられない壁がございました。

3LDKのマンションで非常にありがちな間取り。リビングの横に和室。廊下を出て子供部屋とマスターベッドルーム。当然そうするものだと思って、マスターベッドルームとされる一番広い個室を寝室に使うつもりで住んでみました。もちろん、共用廊下側の窓には防犯対策の格子が入っていて安全ですが…『窓の向こう側を誰が通るかわからない』って思い始めると眠れません。

平家の寝室の窓の外は庭で、知らない人が窓のすぐ外に居るとは思わず、安眠していました。イマドキ仕様でない集合住宅ではマスターベッドルームという概念もなかったようで、何となく玄関から一番遠い和室で寝ていました。格子の付いた窓なら危険でもないのですが、この年まで経験してこなかったこと(共用廊下側で寝ること)を今更始めることが出来ず、せっかくマスターベッドルーム仕様の部屋があるのに、共用廊下から遠い、奥の部屋を寝室に変更しました。

新しいタイプの部屋をよく観察してみると面白いです。トイレ、洗面所はもちろん、マスターベッドルームも内側から鍵がかかります。ところが、子供部屋には鍵が付いていません。担当の不動産屋さんに聞いてみると、お子さんが個室に引きこもるのを避けるように気を利かせているとのことでした。個人的には家族が用を足している所を覗きたいなんて思うはずないのでトイレにも鍵は不要と考えておりますが、何か?※来客時は万一の事故に備えて鍵をかけています。

トラックバック

http://parttimerealestate.blog42.fc2.com/tb.php/965-8f28134c

 | HOME |  ▲ page top