管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

携帯トラブルは私のせい

その不動産屋のマニュアルでは営業マン不在の旨を伝えて『念のため』と念押しした上で連絡先を聞くだけですが、何度も電話をかけてこられたら毎回出る私が面倒です。『帰社してから折り返させましょうか?』と、提案しております。たまに、『今すぐ連絡とって電話ちょうだい。』って言われてやぶへび状態になります。仕方なく『連絡とれ次第、折り返すようお伝えします。』と、言い訳めいた約束をするものですが。その時は帰社してからで良いとのことでした。

かけてこられたのがやや年配の女性であったことでもっと警戒すべきでした。また、営業マンに直接話したいのに不動産会社の固定電話に携帯電話からかけてくるという時点で気付くべきでした。このご婦人、携帯電話を使い慣れていらっしゃらないのです。『あら、困ったわ。自分の電話番号がわからない。』こんなことまで言われて気付かない私が異常でしたね。

『携帯電話の番号は、たいてい、メニューとゼロを押せば出てきますよ。』使いこなせていらっしゃらない方に余計なことを申したため、相手の連絡先を聞き出したという事実を作ってしまいました。なぜか、『この電話、留守電もついてるから、私が出なくても録音してって伝えておいてね!』と、念押しされました。カウンターのお姉さんがオプション付けるとこんなに便利ですよーって言ったから留守番電話サービスも使うことにしたのでしょう。使いこなせない方なのに。

不動産仲介歴の長い営業マンでも、留守番メモ 機能が理解出来ていなくてお客様を怒らせたりしておりますが。やはり、留守番メモでトラブルが起こりました。帰社した営業マンがお客様の携帯電話にかけると出られなくて留守番メモになったので、『今戻りました。また電話下さい。』って録音しました。お客様は留守番電話サービスセンターに問い合わせてみるもメッセージ無しということを確認して、『留守電も残さずに何時間待たせるのよっ!』と、ご立腹の模様。

営業マンには、『私のせいですみません。』と、怒られたことを包括的に謝っておきました。『いや、不動さんが悪いんじゃなくて、相手がご年配で携帯のことよくわかってないせいだよ。何度も留守電残したのに一つも聞いてくれてないんだよ、困っちゃうよねー。』留守番メモと留守番電話サービスセンターの違いを理解出来ないレベルの方に、『メニュー+0』なんて余計なことを教えた私がそもそもの原因です。そのことをお侘びし損ねたのを申し訳なく思っています。

トラックバック

http://parttimerealestate.blog42.fc2.com/tb.php/958-94e2f8ec

 | HOME |  ▲ page top