管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

まぐれ上司のマネジメント

不動産業界では年功序列制度というのがあまり通用しません。コツコツ小さな案件を数重ねてこなしていく真面目なタイプの営業マンより、時々どっかーん!と大きな案件を当てて大儲けする営業マンの方が賞賛されたりします。『どっかーん!』な方に事務員さんが『すごいわね☆』って擦り寄っている間、コツコツくんに『今日もお仕事お疲れさまです^^』って優しく声を掛けるのがパートの責務ではないかと。私にとってはいずれも大切な営業マンです。

大穴を当てた営業マンが急速に出世することもあります。前職が異業種だったとしても、まぐれ当たりが入社して間もない頃にも起こり得る世界なので、『ほぼ素人なのに上司』という現象が無いこともないのです。こんな素人上司の下で働く方はツイてないなと思います。

営業に向いている方とマネジメントに向いている方とは別だと思うのですが。勉強が出来るからと言って教師には向いていない優等生がいるのと同じで。『営業が出来ないのに性格が向いているから上司』…なんて人の言うことを聞けと言われたら、仕事の出来る営業マンがスネて辞めてしまうでしょうから、上司は過去に良い成績を収めたことがある人であるはずです。

長い年数をかけてコツコツ実績を積み上げた末に出世した方は様々なトラブルを見てきたはずで、部下が困っていると助けることが出来ると思います。逆に、まぐれ当たりで上司になったほぼ素人さんの場合…。せっかく採用されてもどんどん営業マンが辞めていくという部署を傍観していて、補充される営業マンのみならず上司にも当たりはずれがあると思いました。

トラックバック

http://parttimerealestate.blog42.fc2.com/tb.php/887-a7bb02cc

 | HOME |  ▲ page top