管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

同じビルの不動産屋

生活水準の違う人は、住む所が違います。通う所も違います。時間の使い方も違います。

友人がお医者様と結婚しました。仕事を辞めて習い事三昧の毎日だそうです。最近私の勤務先周辺の地理に詳しくなったと思ったら、同じビルの中にあるエステに通っているとのことです。『 いくらでもあげられるのよ。』 と、無料お試し券を貰いました。カワイイ子の友人やっててよかったです♪

原則、何度も経験あることについては、『 これで2回目 』と、主張することにしていますが、エステは例外です。『 初めてなんです♪』 が、通用します。たったの3000円追加するだけでもう一箇所体験できますとか、今回使用した美容液が今なら5000円とか、この時期は是非このコースを30000円でとか、色々言われるのですが、うまくかわしてきました。

お姉さんの給料はきっと歩合給もあると思います。使い捨てスリッパとか明らかに経費を使わせておりますし。だから自分から 『無料体験試したいです』 と、電話をかけることはありません。なんか悪いですもの。友人知人が 『 無料チケット特別にあげる 』 と言ってくれた場合に限り、せっかくのお誘いを断るのが悪いので、無料体験を満喫してくることにしています。

今回は、『ところで、パートってどういうお仕事なさってるんですか?』と、聞かれたので、『○○不動産ですよ。同じビルの中の。』と、答えたら、しつこいトークが収まってしまいました。『私、不動産屋なんです。』と言うと、しつこい営業を諦めてもらえるのでしょうか?

『全然、らしくない』…と言われた頃は、『一度の体験では良さがわかって頂けないのも無理ありませんよね。明日また試して下さい。』と、言われ、無料体験を連続二日試すことができたものです(それも友達がくれたから仕方なく行ってきたのだけれど)。

『 不動産屋 』 のひとことであっさり帰してもらえる今がトクなのか、見込みがあると思って連続二日無料体験できる過去がトクだったのか、よくわかりません。いずれにせよ、私はエステはタダで遊んでもらう所だと認識しております。お医者様の奥様がエステで気分よく接客してもらっている時間、同じビルの中で私はチラシを刷っているのです。羨ましい時間の使い方をおすそ分けしてくれてありがとう(半泣)。

本日2度目の記事まで読んで頂き、ありがとうございました
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へビジネスブログ100選
ブログランキング参加中です。よろしければ、クリックお願いいたします。(いつもありがとうございます)

コメント

私も妻に毎日エステ三昧の生活をさせてますよっ!


・・・って胸を張って言えたらどんなにカッコイイだろぉ~(苦笑)

気持は、毎日でもエステに行かせてあげてずっと美しい妻でいてもらいたいですが、現実は毎日パートに行っています(涙)

 なるほど
もともと美しい、医者の奥様は
日々エステで磨いているので、ずーっとお美しいのですね

磨くものがないので、どろだんごでも磨いて光らせておく事にしますよ・・・

 それにしても
おそるべし“不動産屋”
脱毛お試しに行った時には、職種を言ったにも係らずしつこかったってことは
らしくなかったんでしょうか
オーラを噴射出来るよう鍛錬します

>安田新聞さま

ずっと美しい妻で…って言われるだけでも、十分幸せな奥様ですね!

>みーやんさま

使用前使用後の写真まで撮られて磨き上げられたどろだんご。
誰にも気付かれないままです。
悔しいのでブログの中で「私もエステ行きました」宣言しました。

新規のコメントは辞退させて頂きます

大変申し訳ありません
新しいコメントは受け付けられません。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top