管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

非線引き区域

都市計画区域の中には、市街化区域と市街化調整区域とがあることを、不動産業界の方ならご存知と思います。そして、市街化区域でも市街化調整区域でもないけど都市計画区域の中にあるという部分を、非線引き区域といいます。…それもご存知とは思いますが。

ちょっと年上の不動産屋さんは、これを『未線引き区域』って呼ぶことがあります。20世紀はそう呼ぶものだったそうです。なんで一文字だけ変えたの?真面目な営業マンが役所に聞きに行って下さいました。(私だけのために貴重な就業時間を割いて下さった訳ではないでしょうが)

『未』なんて言葉を使っていると、『まだ線引きされてない区域らしいけど、いつになったら線引きされるんですか?』っていう質問電話が殺到して役所がテンテコマイになったから…と、答えられたそうです。『非』に変えてからは、『今後も線引きません!』って断固拒否しているみたいなイメージになったようで、『いつですか?』電話がサッパリ来なくなったのだとか。

漢字たった一文字の与える印象はかなり大きかったということですね(電話殺到という話が実話の場合)。どうしても市街化しなくちゃいけない訳でもなく、どうしても市街化しちゃいけない訳でもないので、そこは線引かずに永遠にそっとしておいてやりましょう。

個人的には、『未亡人』という言葉も何とかして欲しい気がします。漢文として読み下すと、『未だ亡くならざる人』…夫の後追いしていない人…という意味になってしまいます。一文字だけ変えて、『強く生き抜くわよ!』って主張するのが役所の作った言葉…ではありません。

公式には、『寡婦』(かふ)と言います。権利意識の強い女性が、『婦』という字は、『ほうき持って掃除するのが女の務めだという偏見から出来た漢字だから良くない!』って主張することもあるので、この単語がそのうち、『21世紀ではこう呼ばれていました』って言われるのかも知れません。…だんだん不動産と関係のない話になってきたので、このへんでやめときます。
人気ブログランキングを開く 誤字脱字放置は一生の恥。お気づきの点はご一報下さい。人気ブログランキングへジャンプ

トラックバック

http://parttimerealestate.blog42.fc2.com/tb.php/815-8b97340d

 | HOME |  ▲ page top