管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

若人と固定電話

おばさんが、『最近の若い者は…』ってありがちなことを書いてそうなタイトルを付けてしまったので、最初に若さをアピールしておくことにします。私が物心ついた頃には家にあったものは、ワープロではなく、パソコンでした(なんて垢抜けているんでしょう!自画自賛…)。但し、プリンターは自宅になく、日立のベーマス…昭和感が余計に漂って悲しいのでやめときます。

各家庭に固定電話がありました。一人一個の携帯電話は持たない時代でした。学校からの急ぎの連絡はバケツリレーのように電話をかけてつないでいました。突然、『ゆりちゃん居るぅ?』なんて話し出すような子供にも容赦なく、マイコン( ※昔はパソコンをこう呼びました )好きな父は、『失礼ですが、どちら様でございますか?』と、日本語のしつけを試みていたものです。

教育の甲斐あって同級生は、『夜分恐れいります。○○小学校でご一緒させて頂いております、○○と申します。』と、言うようになりました。それが当たり前だと思っていたのですが…。

某不動産屋さんで、同期の携帯ではなく内線電話によくかけてくる社員さんがおられます。席についておられたら本人が出ますが、ご不在の時に内線が鳴ると、事務員が代わりに出ます。いつもより出るタイミングが遅い上に明らかに声が違うのに、名乗ることもなく相手を確かめることもなく、突然早口で要件を話されます。『すみません、私はパートの不動と申します。○○さんは席を外しておられまして…』丁寧に応対してますが、心の中で叫んでおります。

『イマドキの若い者は電話のマナーも知らないのかーぁ?』あんまりひどい時には、心の中でもう一声叫びました。『ご実家では一体どんな教育を受けてきたんだーぁ?』2度ほど無言で叫んでみてようやく気付きました。オフィスワークに就くまで、この子には未だかつて固定電話から固定電話に掛ける機会がなかったのではないか?と。…ここまで書いて気付きました。これって結局おばさんが、『最近の若い者は…』ってありがちなことを書いただけの記事でしたね。
人気ブログランキングを開く ありがちなブログで申し訳ございません。人気ブログランキングへジャンプ

トラックバック

http://parttimerealestate.blog42.fc2.com/tb.php/805-2f97a9ef

 | HOME |  ▲ page top