管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

昔居た不動産屋に電話

別れ際って肝心。自分が悪者にならないように細心の注意を払います。また、最後に相手をののしっても嫌な印象を残します。『たまたまご縁がなくなってしまったけれど、今までありがとう』っぽくキレイにしめたいもの。若気の至り時代は不自然な終わり方をしたものでした。『私たちがギクシャクしてから随分たつわよね。これからどうするの?』『どうって?』『このままでいい訳ないでしょう?どうするつもりなの?』『じゃあ、別れよう。』ゆり子、号泣!だから悪者じゃないの!

私も大人になりました。勤務先とご縁がなくなった理由は全て、『一身上の都合』です(99%人間関係に嫌気がさしてブチ切れたのが原因ですが、何か?)。床に頭をこすりつけるような謝り方を求められず、全く相手をののしらずに退社した不動産屋さんには、再会しやすいものです。意外に早くその機会が訪れることもございますから、常に感じよくしておきたいものですね。

別れ際、ぬかりなく 源泉徴収と給与明細 を自宅送付して頂く段取りをつけたものです。私のことですから。そして、転職後はすぐに源泉徴収票を出すように言わない会社だったので、自宅にて大切に保管していたはずです。私にはよくあることですが…どっか行っちゃいました!

受け取った時のことはよく覚えております。『再発行は出来かねますので、大切に保存して下さい。』って一筆添えられていました。それを厳粛に受け止めたはずだったのですが、どこ行っちゃったんでしょうね?1%の確率で以前の勤務先からもらってなかったんじゃないかと非難してみる…なんて大人気ないことはいたしません。潔く自分の非は認めましょう。

『もしもし。今年の途中まで御社で働いておりました不動ゆり子と申します。お世話になっております。』退職者からの電話ということで事務員さんがちょっと構えるかも知れませんが、にこやかに続けます。『年末調整に御社発行の源泉徴収票が必要ですが、申し訳ございません、私の過失で亡くしてしまいました。』謝りながらもチャッカリと、再発行して郵送して頂くようにお願いします。従業者番号のようなものがあれば伝えておくと、手続きして頂きやすそうです。

この方法で、気分よく速やかに再送して頂けます。ウッカリ転職者さまには、私のやり方を見習って頂きたく存じます。そもそも、大切な書類を亡くさないようにすることが出来れば、辞めた会社にペコペコ頭を下げながら電話する必要はなかったという意見もあるでしょうが、何か?

トラックバック

http://parttimerealestate.blog42.fc2.com/tb.php/755-4511f005

 | HOME |  ▲ page top