管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

ザコ営業マン2~3人

事務員さんの中に苦手な人が居るという心理的な理由で退職したことがありました。その理由を表向きにしたことはありませんでしたが。

将棋の上手な方に稽古を付けて頂く場合、非常に強い駒である『飛車』と『角行』の両方を始めから放棄してもらうという方法がございます(そうやって稽古を付けてもらったのに…駒の動かし方を覚えただけ)。チェスでは、『クイーン』という最強の駒があり、『飛車』と『角行』の両方の動きが取れます(…ということだけ覚えて、結局チェスも身につかず。将棋が弱いのは、漢字が苦手なせいだけでもなかったようです)。

私が苦手意識を持っていた事務員さんは、チェスの『クイーン』のようにマルチな才能をお持ちの方で、『飛車』『角行』級の敏腕営業マンを失ってでも会社に残しておくべき人材…と、私は認識しておりました。退職の意思を上司に伝えたところ、ありがたいことにお引き留めされたのですが、こんなことを言われました。『ゆりちゃんの価値は底辺クラスのザコ営業マン2~3人分ぐらいはあるよ。辞めてもらったら困るなぁ。』

ザコ営業マンが将棋の『歩兵』だとすれば、私の価値は『香車』以下です。ザコ営業マンがチェスの『ポーン』だとすれば、私の価値は『ナイト』(将棋の桂馬みたいなもの)です。持ち上げてお引き留めして下さったのでしょうが、『クイーン』との差の大きさをますます感じました(そんなことでスネて辞めた訳ではありませんよ)。

せめて『銀将』級と言ってお引き留め頂けるように、転職先でも頑張ります。チェスに『銀将』みたいな駒はないので、チェスでの例えは控えておきますね。以前、「パートは一律、チェスのポーン又は将棋の歩兵」だと申しましたが、チェスの『ポーン』は、成金(と金)と違って『クイーン』に成ることができます。ただ、『成る』までの道のりが長く険しい上、歩兵よりもずっと弱いため、なかなかそこまでいきつきません。

そのうち、『プライスレスなクイーンみたいに価値のあるパートさん』…とか、『金将クラスの営業マンに匹敵するパートさん』って言って下さらないかなぁ…。パートが持ち上げてもらえる機会って、退職の意思を伝えた時ぐらいなんですけどね。華々しい『お引き留めの言葉』を目標に、コツコツ精進して参ります。一箇所に留まって辛抱し続けないと、いつまでたっても成れませんね。辛抱している限り、お引き留めの言葉で持ち上げて頂けない?

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へにほんブログ村 就職バイトブログ パートタイマーへビジネスブログ100選
ブログランキング参加中です。よろしければ、クリックお願いいたします。(いつもありがとうございます) .

【おまけ】

将棋やチェスをご存知ない方のために、大雑把にご説明いたします。
これを読んだところで将棋は上手くなりません。私が下手だからです。

駒の動かし方はご自分で調べて下さい。この記事とは関係ありませんので。
動ける範囲によって駒の強弱が決められるので、そのことについてのみ、触れておきます。

将棋は、それぞれ一枚ずつ持っている「王将」を相手に取られたら負け。相手の「王将」を取ると勝ちというゲームです。
弱い順に、歩兵→香車→桂馬→銀将→金将→角行→飛車という種類の駒があります。
敵陣に入ることで、強い駒に「成る」ことが出来ます。

チェスは、それぞれ1本ずつ持っている「キング」を相手に取られたら負け。相手の「キング」を取ると勝ちというゲームです。
弱い順に、ポーン(歩兵みたいなもの)→ナイト(桂馬みたいなもの)→ビショップ(角行)→ルーク(飛車)→クイーン(角行と飛車の両方の能力を兼ね備える)という種類の駒があります。
ポーンが敵陣の突き当たりに入った時、好きな駒(通常クイーン)に昇格できます。

いずれも、どこを守って何を犠牲にしてどこから崩していくか…とても頭を使う、難しいゲームです。同じ数の同じ種類の駒を持っていたはずなのに、なぜか終盤、ボロボロになって負けてしまう、不思議なゲームです。
将棋やチェスが苦手であることを、恥じる必要はありません。

コメント

ザコ営業マン数人分ですか・・・私なら喜んでおくでしょうね。
一応才能を認めてもらっているのですから。でもその表現なんとかならないでしょうかね笑

>星輝さま

ザコでも複数頂ければ良いのですが、底辺クラスではなく、もうちょっと上の…。
いえいえ、贅沢言っちゃいけませんね。

新規のコメントは辞退させて頂きます

申し訳ありません
新しいコメントは受け付けられません。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top