管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

資格商法

資格は資格でも、勢いに乗ってる所に便乗して不動産取引に新たな義務を課し、 資格ビジネスで大もうけ しようとしている人へ献金するような類の資格についてのお話ではございません。どんな時代が来ても、儲かりそうにないイメージの資格(…オッサン的発想?)のお話です。

友達の披露宴で媒酌人となったのは、新郎の会社の重役さんでした。会社の既婚の先輩に、『僕、もうすぐ結婚するんです♪』って言うと、『絶対にあの重役に仲人頼まないとネチネチ文句言われるぞ!』とのアドバイスをもらい、知らない人だけど頼んでなって頂いたそうです。

こなれた感じで機嫌良く喋っておられました。『新郎の○○君は、我が社のホープで…』このフレーズ、少なくとも10回は使ってきたっぽい感じでした。『そして、新婦の○子さんは、ええーっと、そんな資格なんてあるの?ふーん。紅茶の…っていう試験に最近合格したとかいう、真面目で勉強熱心なお嬢さんです。』手元のメモの棒読みではなく、アドリブが間に入りました。

その後、彼女は紅茶と無関係の業界でパートとして働き始めました。儲からない資格に受験料を支払うのはもったいなかったですが、他人に迷惑をかけた訳ではないから良いと思います。

仮にある業界のあら探しをする資格が流行した場合、ある業界に失業者が増えるかも知れません。そこで失業者たちが関連する資格をとって波に乗ろうとするかも知れません。それで ライバルが急激に増え たことで稼げなくなり、元の業界に戻ろうとするかも知れませんが…。

例えば自社で見つけた商品を自社の顧客に売ることを禁止されるような業界だと、同業他社を敵に回すと商売が出来ません。あら探しされて商談を流された同業他社が、全てを水に流して今後仲良く取引してくれるのかは微妙ですね。敵を増やして得することなんてございません。

私も敵を作るのは好きではなく、同業者様が読んでもピンと来ないような、奥歯に物の挟まったような表現しか出来ませんでした。お役に立てなくて申し訳ございません>匿名希望さま。それから…頑張ってとったとかいう紅茶の資格の名前、忘れちゃいました☆ごめんね>○子ちゃん。

トラックバック

http://parttimerealestate.blog42.fc2.com/tb.php/714-8f4c1434

 | HOME |  ▲ page top