管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

まぐろ伝説

魚屋の噂ではありません。私のことです。その不動産屋では、就業中は休まず動き続け、定時になったらサッサと帰るというスタイルで働いていました。金銭感覚シビアな経営陣の目が恐くて、『時間給で雇っているパートがサボっている=浄水を流しっぱなしにしているのと同じでもったいない!』…と思われているような気がしていました。別に私は止まっても死にませんが。

ある日、定時なのに出そびれました。そんな日もございます。隣の部署の新人パートさんから声を掛けられました。『あっ、フドユリさんだ!ご一緒していいですか?』ご主人出張中でご飯を作らなくて良いのだそうです。『私の主人も今日遅くなるらしいし、お茶していきましょうか?』

その部署では、私は止まったら死ぬことになっていたそうです。社内を常に忙しそうに動き回っているので、家の中でもそうに違いない、とか。実はバイトの掛け持ちをするほどお金に困っている、とか。私に関する間違った情報を否定しておきました。貧乏だと思われたのはショックで、『注文を聞いてから作る』少々高めのハンバーガー代を奢ろうとしましたが、拒否されました。

コーヒーおかわり無料のドーナツ屋でお口直ししていると私の携帯が震えました。『やばっ!主人がもう会社出たって!』慌てて荷物をまとめて席を立つ私を見て彼女は、『やっぱりね…』と、言いました。何がやっぱりなんだかわからないままダッシュすると、駅で主人との待ち合わせに間に合いました。魔が差して、『残業してたの。』と、夫に嘘を付いてしまいました。

仕事で十分動き回ったから、プライベートで大慌てでご飯の支度はしたくない(シャレ?)。そう思った私にバチが当たったのでしょう。主人が、『ハンバーガーを食べて帰ろう』って言うので、初めてのフリをしてその日2度目のチーズバーガーを食べることになりました。『ドーナツも食べよう』とまで言われ、『2軒目まで同じ店』交換したばかりのメアドに送信しました。『やっぱりね』…と返ってきた時、これからパート伝説を作るのは彼女になるような予感がしたのでした。

トラックバック

http://parttimerealestate.blog42.fc2.com/tb.php/704-f324298b

 | HOME |  ▲ page top