管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

社会保険

妻子を養う義務のある方が職を求める場合、『社保完』の文字に注目するかも知れませんね。パートの求人では滅多に見ません。パート職に就こうとする主婦の多くは、健康保険はご主人の被扶養者、国民年金は第3号被保険者として、(ご主人のお給料から天引き) 支払いが免除※1 されているので、必要としないことが多いようです。長い期間営業している不動産屋さんは、パートを雇うこととパートに辞められることに慣れているので、会社の言うとおりの条件なら、問題は少なそうです。 ※1 ご指摘ありがとうございます。養われている認識がなくて、失礼しました。

転職に慣れると、諸条件について交渉してみることが苦にならなくなります。1ヵ月ぐらい『お試し』感覚で雇って頂いて実力が認められ、『是非続けて欲しい!』って思われてからだと、より有利な交渉が可能かも知れませんが、押印済みの書類に記載されたことを契約期間中に変更する行為は自制すべきですよね。やはり雇って頂く前に交渉する方が良いかも知れません。

雇う側は、時給はより安くしたいと願っていることでしょう。『その時間に働いていることにしてあげるけど長い 休憩時間 とっていいよ。』っていう譲歩をされることもございます。それを時給換算すると、『1日の手取り÷実労時間=実質時給が50円位アップ』…という計算もありえます。

労働時間長めの条件に変更して頂く場合は、注意が必要です。おそらく、パートで働く方の多くは、扶養範囲内に収めるために収入の上限を意識していると思いますが、労働時間にも見えない上限がございます。たとえ年収が少なくても、あまり社員さんと変わらない時間(おおむね4分の3以上)だと、社会保険に加入しなくてはならなくなるようです。保険料を折半する義務のある雇用者が避けて下さるとは思いますが、意識はしておいて下さい。

お出口です(ジャンプします)→人気ブログランキングへジャンプ  別窓派の方はこちらを→人気ブログランキングを開く

どうもありがとうございました。あなたのクリック、とっても嬉しかったです! By yuriko_fudo

トラックバック

http://parttimerealestate.blog42.fc2.com/tb.php/611-bf083f0f

 | HOME |  ▲ page top