管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

どうしても言えなかった答え

長くお勤めの方の質問には、『わからないです…』とだけ答えたものです。『なんで30歳未満と50歳以上は多いのに、30代40代は少ないんでしょうね?』って聞かれて。私の記憶が間違ってなければ、40歳前後の方は景気の良い頃に社会人になったので、良い待遇のまま正社員として働き続けている割合が高いはずです。また、日本では30代の人口が特に多いはず。

社会全体では多いはずの世代の営業マンが、その不動産屋さんから離れているのです。離れて行く方から直接聞いた訳ではございませんが、短期間に何人も見たので理由は何となく想像出来ます。宅建無しで入社して、ちょっとのお給料を頂きながら勉強して、合格したら同業他社へ転職して出て行く。通過点として利用するだけの、寺子屋 と認識されているからです。

有資格者30代を積極的に採用している会社がございます。お給料もいいらしいです。資格が取れればそちらへ移りたいと思うのは自然なことかも知れません。管理職になれるのは一握りの方だけですから、50を過ぎれば別な所へ行かれるのかも知れません。つまり、稼いできてくれそうな人が避けるような会社へ…。稼げない不動産屋さんに、私の見解は言えませんでした。

お出口はコチラ!人気ブログランキングへ(ジャンプします)

従来通り別窓で開きたい方は、こちらをクリック人気ブログランキングへ

トラックバック

http://parttimerealestate.blog42.fc2.com/tb.php/573-09f9ab91

 | HOME |  ▲ page top