管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

事故物件

どなたかが自殺した部屋で安眠したいなんておっしゃる方が居るというのが、私には全く理解出来ません。タダでもいりません。知らずに入れば何も感じなかったのかも知れませんが、そうと知って事故物件に足を踏み入れて以来、頭は痛いし、思考は暗くなるし、何一つ良いことございません。入居者さんが室内でおかしなことをやらかしたら大家さんには大ダメージとなりますので、せいぜい思考回路の明るくなりそうな塗装でもして事前に防いでおいて下さい。

一方、自然死の場合、不動産屋に告知義務は無いという解釈もありえます。が、告知しなかったことで大クレームが来ているのを何度も見ました。私の頭痛の原因は、『負の感情らしきものを認知したため』…だと思われますが、大クレームという『負の感情』を受け続けるのも心理的な負担となりそうです。『知らなかったもん』とか、『そのあと違う人が住んで大丈夫だったもん』とか、小細工して新たな『負の感情』を作るより、潔く説明しちゃう方がラクかも知れません。

よっぽど部屋に執着して引きこもりだった方だったら、何らかの『負の感情』が部屋に残って浮遊している…のかしら?昔は入院したりせずに自宅で家族に看取られながら、おじいちゃんおばあちゃんが天に召されることも多かったはず。そんな場合なら、気になりませんね。きっと温かい家庭の幸せな思い出の温かい感情に包まれたおうちですよ。正々堂々と説明出来そう!

ある土地が安く売り出されました。古家付きです。かなり古いけど、最近リフォームされているから住めるかも知れません。建物は売り物ではなくオマケなので、消費税がかからなくておトク感ございますが、瑕瑕担保責任が免責となっております。普通に解体して(変な物が出て来なくて)スンナリいい家を建築出来ればおトクになる物件かも知れません。温かい感情の漂う古家に格安で住めてトク出来るかも知れません。或いは…。不動産ってドキドキがいっぱい!


人気ブログランキングへ
クレームよりオバケが怖いです(><)

トラックバック

http://parttimerealestate.blog42.fc2.com/tb.php/565-d4d812a6

 | HOME |  ▲ page top