管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

セカンドハウス

自宅以外に所有して使うおうちを、『別荘』って呼んでも良いかも知れませんが、そう遠くなくて往復しやすい場所にあるなら、『セカンドハウス』って呼んだ方が税金対策上おトクかも知れません。毎週土日だけ過ごしてリフレッシュするのに必要な物件ってことで。

個人経営の所でコネで働く場合、面接で緊張する必要は無いと思いますが、経験上、お勧めはしません。振り返ってみると、かなり損していたような気がします。商売人なので、大手(系)不動産会社の雇われ店長などと違って、金銭感覚がシビアです。経費を無駄遣いしないのが当たり前、法に抵触する働き方も強いられました。もちろん、経営者の個性にもよりますが…。

社長の長年の夢だった、『別荘建築』が、実現しました。それは、『セカンドハウス』って呼ばれていました。日帰りで往復出来る距離なので、そこは別に構わないと思います。ただ…。長年お勤めの社員さんが、あることに気付きました。『会社の保養所として届けられている!』

『福利厚生なんて何も無いと思っていたのに、保養所があったとは恐れ入った!』みんなで大騒ぎしていると、従業員全員、社長の別荘に招かれました。入って良いのは、リビングとトイレだけ。従業員が招かれたのは一度だけ。やっぱり、個人の別荘だったと思うのですが、何か?



又お気軽にお越し下さいませ。

トラックバック

http://parttimerealestate.blog42.fc2.com/tb.php/487-aae106d7

 | HOME |  ▲ page top