管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

お取引

以前もチラッと書きましたが、銀行系不動産会社でなければ、不動産屋さんは、銀行員にエラそうな人が多いです…影でバカにされているとは思いますけれど。エラそうに出来るのは、銀行からお金を借りて利子付けて返してくれそうなお客さんをザクザク紹介するからです。

担保が提供されるのが融資の条件なので、抵当権が設定されます。前回の説明が雑だったので、補足します。『銀行からお金を借りたから銀行のために抵当権を設定した』って話、あまり無いので。都市銀行が本当に担保権者になるのは、根抵当権の時でしょう。

不動産の価値が下がり、仮に抵当権を実行しても回収出来なかった場合、銀行名義の債権が不良債権になってしまいます。そうなる前に、負債を子会社に集める体制を作っておきます。都市銀行の融資を受けて購入した物件は、『保証』等のわかりやすい名称の入った会社が抵当権者になっていることが多いです。金銭消費貸借契約そのものは銀行と交わしたのですから、無事に完済出来た時の抹消原因は、『弁済』ではなく、『解除』になります。

『銀行からお金を借りている=将来性のある会社だと銀行がお墨付きをくれた』って解釈も出来るせい?『○○銀行とお取引があるんです^^』って自慢する社長さんもおられますね。この場合のお取引って、『単に住宅ローン1件紹介したことがある』って意味じゃありませんよね?ちょっと客付けして頂いたことのある不動産屋さんのホームページで、『主な取引先:○○不動産』って書かれているのを見た時は、『誤解を招きそうな表現、ヤだな~』って思っちゃいましたよ。



是非またお越し下さいね

トラックバック

http://parttimerealestate.blog42.fc2.com/tb.php/485-e7fbf970

 | HOME |  ▲ page top