管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

居留守を守るのも職務のうち

パートの私は、原則、【(滞在時間-休憩時間)X時給】で、給料が計算されます。営業マンは、違う計算式のようで、滞在時間が長ければ良いというものではなく、成功報酬によって加算されるようです。売買仲介専門の不動産屋さんの収入は、仲介手数料(報酬額)に依存しています。

(代金額-消費税)が200万円以下なら、(代金額-消費税)の5%
200万円超400万円以下なら、(代金額-消費税)の4%+2万円
400万円超なら、(代金額-消費税)の3%+6万円
(通常、最後に消費税5%を上乗せします)

を、上限として、売主様、買主様にそれぞれお支払い頂くものです。これを沢山貰ってきた人ほど、お給料を沢山頂ける仕組みになっています。

意味のない残業をしたからと言って夜更かししている子供のように叱られる訳ではないのでしょうが、食べていくため、無駄なことに時間をさかないようにしなければなりません。営業マンは、手数料が貰える見込みの低いお客さんを避けたりします。すごいクレームの種を隠し持っている人は、隠れたりします。『絶対自分はいいお客さんだと思う』…と勘違いしているだけの人からは、逃げます。

経験と勘で、最後までいきつかない人というのが瞬時にわかるようになってくるようです。手数料が貰えるか貰えないか、の二つしかないのです。どんなに惜しくても。死活問題ですね。

会社の規定によっては、『取引してはいけない相手』…というのがございます。『あまりに風貌がおかしい人については、受け付けたパート裁量で追い返すように』…と言われた時は、『営業マンは誰も居ませんし、目をつけて下さった物件は全部終わっています、今は自社物件特にございません。』…的なことを、丁寧に言ってお引取り頂きました。

人を見る目にあまり自信はありません。でも、今時ルパン三世みたいな派手な上着って…。私のセンスでバッサリ切らせて頂きました。飛び込みの業者さんでも、小奇麗にしてバウムクーヘンの一つでもご持参頂けましたら、気の弱い新人営業マンぐらいは差し出しますよ♪

手ぶらで仕事くれくれ言うためだけにいらっしゃる司法書士の先生に言いたいです。本当は毎回営業マン居るんです。折り返し電話できないほど多忙でもありません。アプローチの仕方をその賢い頭脳で考え直してみて下さい。営業マンを死角に隠して、『あいにく、たったいま急用で外出しました。』ばかり言わされる事務員の気持ちも考えて欲しいものです。

こうして営業マンの大切な時間を守っています。『調査』や、『オープンルーム』の時間は好きに使って下さい。定時までに電話番の交代に帰ってきて下さる営業マンは、事務員の間でも評判いいです。
 | HOME |  ▲ page top