管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

建築条件付き土地

『家を建てて住むのに良さげ♪』って思えるような土地は、なかなか見つからないものです。もともと土地を持っていてお住まいを建築したいという方なら、お好きなハウスメーカーを選べます。残念ながら、『すごくイイ!』っていう土地は、プロが既に目を付けていることが多いようです。だいたい3ヵ月ぐらいの期間を定めて、その期間内に指定された建築業者と請負契約を結ばなければ、土地の売買取引が白紙解約されることになる、条件付き土地になっています。

あまりに立地が良いから完成後一年以内の早い時期に誰かが買ってくれる自信があって?建ててから売ることもございます。いわゆる建売住宅です。未入居物件を、『新築』と呼べるのは完成後一年以内なので、一日でも早く広告しておきたいものです。ただ、建築確認の番号を明記しなければ新築物件の広告を出来ないので、建築確認を急ぎたいものです。建売業者さんは先に土地を買っているのですから、投資額を回収するのに大急ぎでしょう。

建確前の青田売り広告は違法なので、見た目が、『建築条件付き土地の売買の直後に建築請負契約』って形式の売り方もあります。感じ良く言うなら、『売建て』住宅。売りたてホヤホヤのまま放置されないように気を付けて下さいね。かなりいい加減な図面数枚だけで結んだ請負契約に、ちょこっとでも当たり前の注文を付けたら即、追加料金かかるかも知れません。

『古家付き現況渡し』の土地が、いい場所に出てくることもございます。気に入れば古家に住んでも構いません。売り物じゃない建物には消費税がかからないからおトクですね、土地はもともと消費税非課税ですし…新築したい方がわざわざ住まないって?!では、心おきなく潰して下さい。解体しようとしてヘンな物(者?)が出て来ないことを祈っておきましょう。『これぞ完璧な土地』ってのに遭遇したことは一度もありません。そこそこの所で妥協してみて下さいね。



コチラを↑押してみて下さいね。

トラックバック

http://parttimerealestate.blog42.fc2.com/tb.php/468-9011d032

 | HOME |  ▲ page top