管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

共有名義

奥様が専業主婦でも、ご夫婦のマイホーム購入にあたって、婚姻前からの奥様の貯金を使うなら、登記名義を共有にすることは可能です。奥様が家事(や育児)と両立して働きに出ているにも関わらず、奥様の収入は全て、生活費に消えたとかマイホームご購入の諸費用に消えたとか言って、ご主人単有名義にしてしまうケース…頂けません。

日本の法律は、夫婦別産制を前提としております。『夫の物は私の物、私の物は私の物。』って考えの奥様もおられるかも知れませんが、それが当たり前だと思っていると、離婚の時にかなりモメます。ご主人の名前しか書いていない物は、ご主人の物です。判例で、『内助の功』として専業主婦の功績が認められたケースもありますが、認めさせるまでが大変です。

単有名義の財産は処分されやすいことも問題です。不動産を担保にすると、大金を借りられることが多いです。出て行ったはずのご主人でも、所有権登記名義人であれば、売却することだって可能です(人が住んでいる物件をそのまま買おうって人は普通の人じゃないかも?)。

『私たちっていつでも対等で平等!』って言わんばかりに、持ち分を2分の1ずつにするのは却って危険かも知れません。ご主人が9割以上出していて、どう計算しても奥様が出せるお金が1割にも満たない場合、持ち分が多めに登記されている部分が贈与とみなされてしまって、課税されるかも知れません。共有にこだわれば十分です。持ち分は正しく申告しましょう。



メリークリスマス♪

トラックバック

http://parttimerealestate.blog42.fc2.com/tb.php/451-f560578d

 | HOME |  ▲ page top