管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

バックデイト

諸般の事情により、当ブログにコメントをつけて頂くことは出来ません。楽しいコメントを頂ける日もあり、断腸の思いでコメント機能をカットしたものです。けれど、カットしたことによって得た自由もございました。バックとかデイトとか、以前は怖くて書けませんでしたから。

日付(date)を戻す(back)という意味で使っております。時間の流れが法の予定する順番に流れていれば、そのような操作は不要ですが、一市民の個人的な理由で法を改正してもらうのが困難な場合、時間に融通してもらうという発想の仕方がございます。『今日が何日だから、合法的には○日前であるべし』…と、引き算の計算をすることになります。

ありがちなのが、媒介の日付の操作ですね。契約予定が確定した日がレインズに載せた日だという事実が曲げられない場合、媒介契約締結の日から5日以内になるために媒介日付に動いてもらうとか。日付ブランクの書類にあとから加筆したことはバレづらいですが、媒介契約書に書いてある日付より一週間以上たってからレインズに載せたという証拠は残るのでバレやすいです。バレづらさを優先して、イケナイ橋を渡ることがあるかも知れません。

従業員を解雇する場合は、30日以上前に予告しておかないといけない義務があったりしますよね。時間の流れは色んな所で動かされている可能性があります。少なくとも足し算・引き算ぐらいは出来る人でないと不可能な技です。大きな不動産会社だから絶対にしないとも言い切れません。仮にそれに気付いたとしても、気付かないフリするのが大人のマナーなのでしょう。


私があなたの分までぶつかってきてあげる。

ケガの少ない人生をおくってネ!

トラックバック

http://parttimerealestate.blog42.fc2.com/tb.php/390-7a7500b0

 | HOME |  ▲ page top