管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

志望動機のタテマエ

宅建主任の資格が無いパートは採らない…というケースはまれですが、有れば有利です。社員さんが10人以上の会社で資格者が2人応募に来たら、1人採用の予定を2人にして両方採用してしまうケースがあります。資格がなくても、受験した経験や不動産屋で働いた経験があれば、やはり教えるのがラクになるので喜ばれます。時給は同じですからね。

経験があるにせよ、無いにせよ、不動産業界で働きたいと思って下さる方が居るのは嬉しいことです。私と感性が近いってことですよね?志望理由として、不動産【業界】が好きだから!って言うと好評です。仮に事実だとしても、『不動産屋の営業マンが好きだから』って言ってはいけません。『不動産業界が好き』…が、その隠語なのでお口に出して言う必要はありません。『社内の円滑な人間関係を破壊しに来ました~』って宣言されると、面接官が困ります。

なぜ不動産業界に興味を持ったのか?ウソでも、『不動産取引を始めようとしていて興味を持った』…って言うのもアリかも知れませんが、私の時のようにヘンな物件を押し付けてくる悪い会社もあるので注意しましょう。どうせ言ってみるなら、『両親が土地を売却しようとしているので相談に乗っているうちに興味が出てきた』…みたいな売案件の方がウケるかも知れません。収益ビルの買い案件の方がウケるかも?…ついたウソの後始末の仕方はわかりかねます。

トラックバック

http://parttimerealestate.blog42.fc2.com/tb.php/365-340dbd30

 | HOME |  ▲ page top