管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

お手伝い禁止令

子供の頃、困っている人が居れば手を差し伸べるようにって躾けられたはずです。なので、私はそうして生きてきたつもりです。ただ、自分の信条が社風に反することもございます。お給料を頂きに来ているのですから、会社のルールは自分の信条に優先します。

お客様から見える所には、『あなたの住まい探しをお手伝い』って書いてあったはずの不動産屋ですが、就業中のお手伝いは厳禁されていました。隣のお席の営業マンが何か大切な書類を必死の形相で探されているのを手伝っていると、上の方から怒鳴られました。『あなたの仕事はソレじゃないでしょう?!自分に与えられた職務に専念しなさい!』って。

翌日だったと思います。その怒鳴った方が朝から必死の形相で引き出しもロッカーも全部開けて探しているご様子でした。自分の場所だけでは開け足らず?他の営業マンの物も全部くまなく調べているご様子です。夕方になっても探してましたね。言いつけを厳守して、私は与えられた職務のみに専念していましたが。何を探していたのかは、わかりかねます。

昼休み先輩パートさんに突然、『ご主人の写真見せてよ』って言われましたが、携帯には自分の写真しか入っていません(寒い?)。私物を(あまり必死の形相でもなく)探してみると、昔撮ったプリクラが見つかりました。『たいして格好よくもないでしょう?』って謙遜してみましたが、『あなた、こんな穏やかな表情の出来る人だったのね!』って、一緒に写る私に驚かれました。

社風を変えたいなどとは思いませんが、その不動産屋の社風に染まったら人相が悪いまま直らなくなるような危機感を覚え、穏やかな社風の不動産屋に転職しました。辞める前に、上の方に聞いてみました。『あの時の探し物、見つかりましたか?』翌朝に見つかっていたそうで、『良かった~。おめでとうございます。ずっと心配していたんですよ。』と、祝福の言葉を送り、社風に背いて私が善人であったことを最後にアピールしておきました。


いじわるな人ね。あなたって人は・・・そうやって、じらして私をどうする気なの?

…ねぇ。…もぉ!クリックしてっ!!!・・・ア ・ リ ・ ガ ・ ト ♪

トラックバック

http://parttimerealestate.blog42.fc2.com/tb.php/361-98167621

 | HOME |  ▲ page top