管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

逃げおおせた営業マン

実質、上から紹介された良いお客様の良い物件を上から紹介された良いお客様に仲介するだけのお仕事ですが、違うこともしてみたくなったのでしょうか?トントン拍子に話が進んだからって、パッと見た感じが無難だったこともあり、お客様の審査の申請を後回しにしてしまった営業マンが居ました。物件問題なし、ローンも問題なし、万事うまくいくはずの取引でした。

早め早めに準備しておくのが当たり前の社風、準備しておかないのが悪いのです。審査機関からシレッとお返事が来ました。『この方との取引は禁止されています。』物件に問題がなくて、売りましょう買いましょうの合意が出来ていても、上がダメと言ったらダメなのです。残念ながら、お断りせざるを得ません。少なくとも、大クレームは覚悟しなくては。

普段エラそうな不動産屋でも、こちらの一方的な事情でお断りするのですから、呼びつける訳にいきません。営業マンがお客様(未遂)の所へお詫びに行きました。が、何時間たっても戻りませんし、電話もつながりません。どこで何してるんでしょうね?……。

結果を先に申し上げますと、営業マンは戻ってきました。ありがたいことに、身体の欠損もせず、無事に。お詫びに行った所、当然お客様(未遂)は激怒。…もちろん、『弊社の都合』の詳細は口が裂けても言えません。長時間に渡って怖い目に遭わされたそうです。さすがは一流の審査機関、パッと見た感じが無難な人をも見抜く能力は本物でした!


忘れないわ、あなたが来てくれたことを…。いつもクリックしてくれたよね!ねぇ、そうでしょ?

うれしかったから…。いつも、あなたがクリックで支えてくれてる。そう思ったら、涙がでてきたの。ごめんね…

トラックバック

http://parttimerealestate.blog42.fc2.com/tb.php/356-e18ac158

 | HOME |  ▲ page top