管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

相隣関係と関係しちゃった☆

一応、宅建受験の時は試験範囲にあったので、さらっと流すぐらいのことはしました。でも、庭付き一戸建てに住んでいる訳でもなく(今後もないかも)、植物が原因でお隣とトラブルになる心配もない以上、一生関係ない話だと思っておりました。

ご存知の方がほとんどかも知れませんが。隣家の竹木が越境してきた場合、枝や葉など、上から来る物については、隣家に頼んで切ってもらうことが出来ます(民法233条1項)。根やタケノコなど、下から来る物については、勝手に切って構いません(民法233条2項)。

全く接点のない世界のお話だと思っておりましたが、たまたま営業マンが媒介をとった中古戸建が、『閑静な住宅街』にして、『大変丁寧にお使いです』…って感じの豪邸でした。売りに出すという話が出ると、お隣さんがおっしゃってきたのです。『お庭の枝がこちらのお庭に出てきているのを何とかして頂いてからにして欲しいのです』…ごもっともです。

…なんだか忙しかったので、放置されておりました。後日、ものすごーく品の良いご婦人から会社にお電話がございました。おっしゃることには、『○藤と申します。営業の~様にお伝え下さいませ。先日お電話差し上げた件、ちょうどうちの庭師さんが来ていた時にお隣のご主人がご在宅だったので、許可を得て一緒に切らせて頂きましたから、もう大丈夫ですの。…そうお伝え下さればわかるはずです。ごめん下さいませ。』…とのこと。

営業の~さんに伝えると、『○藤さんなんて知り合いにいたっけ?』って。『あまりに上品なので、あの中古戸建の件としか考えられませんが?』と、意見すると、『そう言えば、隣の家の人からそんな電話もらってたなぁ』って。<庭師>とか<ごめん下さいませ>とか、セレブな語彙を自分で使う機会がくれば良いのですが。…一生懸命働いてコツコツ貯めます!


マウスをバナーの上に持ってきて。ひとさし指に、ほんの少し力を入れて・・ポチッッとお願い!

ま、まだ、、まだ帰らないで~最後の一仕事が残っていますわよ。クリックお願い~ネッ!……あ ・り ・が ・と ♪
 | HOME |  ▲ page top