管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

リスク

特に収益物件が苦手な私には、いつまでたっても理解できないことがございます。『なんで借金してまで必要でもない不動産買うの?』…こんなことが言えるのは、歩合給のない事務職だからです。…また、不動産業界が不振になっても我が家の経済が破綻しないよう、リスクヘッジしているからです(転職をそそのかすことを止めてくれた不動産屋さん、ありがとう!)。

ローンを組んで収益物件を買う場合、その金利が変動型であったりします。未来の金利はわかりません。賃料収入があることが前提の返済プランなのでしょうが、ずっと賃料が入ってくるかどうかもわかりません。オーナーが変わった途端に売主と近しい関係の店子さんがゴソッと抜け出す仕組みかも知れません。金利が上がって返済がきつくなってくるのに店子さんが出ていってアテにしていた賃料が入ってこない…という事態も起こり得ますよね。

所有するということは、責任と義務が生じるということです。納税も必要ですし、メンテナンスも大切です。不測の事態に備えて加入する保険料も支払わなくてはいけません。『そもそもなんで借金してまで?』って話に戻ってしまいますが、貸してくれる人もプロなのでしょうから、貸してくれたということは、『この人は返せる人』ってお墨付きをもらったと解釈すべきなのかしら?前向きっていいですね!苦労したことのない方に多い傾向みたいですが。

賃料でローンの返済がまかなえなくなった場合、身銭を切る必要があります。借りたお金を返すのはマナーですから。現金がない場合は、何かを現金化する必要があります。自分で用意できなければ、儲けるために買ったはずの収益物件を手放すことに。自宅と一緒に競売にかかる可能性も。何もかも失ってしまって、大丈夫なのでしょうか?

大丈夫な方もいらっしゃいます。身銭を切る余裕のある方なら(じゃあ、借金せずに頭金を多めに入れればよかったのに?)。ご実家等に余裕があれば、イザという時に頼れるでしょう。投資家さんの多くはそういう方なのではないかと推測しております。…さて、収益物件の仲介をしている会社にとってかなりリスクのあるお話をしてしまいました。会社にバレると私の立場も危ういです。とてもリスクの高い記事ですが、私にとってのメリットって、一体…?


押せ!(#゜Д゜)ゴルァ!!・・ウソ、冗談(笑)。
だけどマジ押して、ヤバイから。マジで。
 | HOME |  ▲ page top