管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

裏紙禁止

極力、経費削減に協力しています。もともと節約が趣味なので。当然、裏紙が発生してもゴミ箱直行にはしません。ただ単に再利用するだけでなく、プロ意識を持って再利用しています。私の大好きなA4サイズの裏紙であっても、個人情報その他需要な情報が載っているものは、広告掲載承諾書の量産には使いません。それだけよけておきます。

重要な情報が載っている裏紙の束を、私専用メモ用紙として使っておりました。電話の受信で軽くメモを書いたら、お留守の営業マンの机で要件を清書したあと、シュレッダーへ直行。ムダのない動きだと自負していたのですが…。問題は、営業マンがお留守でなかった時です。『一気におっしゃいました。○○駅周辺で○千万前後~という条件でお探しのエンドさんが…』的なことを口頭で伝えるだけで担当の営業マンに電話を代わって頂くのは不親切です。

私専用メモ用紙(裏面に重要な情報入り)を、そのままお渡しすることになります。営業マンは急いでいるので、束で持っていかれることも多いです。裏面に重要な情報が残った裏紙に、どんどんメモをとっていかれます。電話のやりとりは営業マンにお任せしておけば良いのですが、ポイ捨てされたらどうしよう!と、私は気が気ではありません。

お電話が終わり次第、『そのメモ用紙、全て回収いたしますので、別の用紙に清書させて下さい!』なんて言うと、営業マンに煙たがられます。時間のムダにもなりますし、記入済みメモ用紙をコピーして、裏がキレイになったメモとして営業マンにお渡しします。新品のコピー用紙とコピー代をムダに使ってしまいました。重要な情報の入ったミスプリに限っては、情報がどこかへ漏れる心配が瞬時になくなるよう、裏が白いままシュレッダー直行が正解かと存じます。


あなたのおかげで、5位のはず…
でも落ちてるかも。正直、見るのが怖いわ・・・臆病な私で、ごめんね。
 | HOME |  ▲ page top