管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

黄ばんだ再生紙

企業のイメージアップのためですか?『環境に配慮した善良な会社です』ってアピールするための?不動産業界にも『極力、再生紙を利用しましょう』という波が近づいて参りました。再生紙かどうかは、ひと目でわかりますよね。黄色いから。

契約書等の重要な書面の作成の時が問題です。黄ばんだ紙ってお渡ししづらいです。そこで、契約書対策として、再生紙ではない真っ白なコピー用紙も少量在庫しておきます。手差し給紙トレイに真っ白な用紙を入れれば良いのです。…が、しかーし!手差し給紙トレイには一種類のサイズしか入らないのに、契約書に使う用紙のサイズはさまざまです。

原稿のサイズを変えるたび、手差し給紙トレイに入っている用紙を出して別のサイズを入れていけば、他人に迷惑はかけません。ただ、『サイズの異なる真っ白な用紙をまとまった枚数ずつ用意しておいて手動で差し替えていく』…場所を取ります。そもそも面倒です!行き着く最終手段は、『各サイズの給紙トレイの再生紙の上から真っ白な紙を補充する』ということに。

途中でファックスを受信してしまって真っ白な用紙を一枚消費されてしまう…ぐらいのことは、大した事件ではありません。再生紙の上から真っ白な紙を補充して大量の契約書を印刷する時の営業マンはお忙しいものです。余った真っ白な用紙をそれぞれのトレイから取り出して、真っ白な用紙をしまっておくべきところまで戻す…なんて面倒なことはなさいません。

一番上に数枚、真っ白な紙が入っているということに気付かず、『給紙トレイの中身が少なくなってきたわねぇ…』と、パートが再生紙を上から補充してしまうことがよくあります。補充した再生紙が消費されている途中、突然白い紙が混じったりすると、今まで気にならなかった再生紙の黄ばみが気になって困ります。…真っ白なのに『環境に優しい』用紙の発明を待ってます♪


環境に厳しい会社の方も、私だけ特別に優しくして下さると嬉しいです。
♪♪♪ありがとうございます^^
 | HOME |  ▲ page top