管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

デキる営業マンのご寵愛

パートの分際で、しかも、新人なのに、営業マンに近づくのは生意気です。不動産屋さん同士はヨコのつながりも大切ですが、不動産屋さん内部ではタテの関係を常に意識しなくてはなりません。通常、【管理職】→【営業マン】→【事務職】→【パート】です(まれに実質管理職と同格で偉い事務員さんが居ますが、そこは気付かないフリを)。パートは最下層の人間なのです。

下心の有無とは無関係に、パートの素質を伸ばして下さる営業マンに出会える機会もございます。心に余裕が出来たベテランかつ面倒見の良い営業マンとお近づきになれれば幸いです。事務職の視点では気付かないようなコツを惜しみなく教えて下さいます。知識を吸収するばかりでは申し訳ないので、その営業マンの前では必殺技を惜しみなく使い、サポートします。

良い関係を保てると最高なのですが、いつまでも続くものではありません。不動産屋さんの営業マンは、転勤・転職で居なくなることがよくあります。残されると少しつらい目に遭います。その営業マンを恐れていた人たちから攻撃を受けることもあります。他の営業マンに何か確認しようとしても、『俺は○○さんじゃないからわからない』と、意地悪されることも。

【○○さんのお気に入り】と呼ばれるようになる場合、ある程度のリスクを受け入れる覚悟が必要です。下心だけで近づいてくる、ハイリスクノーリターンの営業マンには困惑顔(≒迷惑顔)で対応しておきます。デキる営業マンからは、リスクを覚悟しながら【お気に入り】として存分にスキルを伸ばして頂きます。次の職場のポスト○○さんにお返しできる必殺技も増えているはずです。お互い転職を繰り返すうちに、どこかの不動産屋さんで再会出来たりして☆


今夜も一生懸命書きました。ちょびっとでも喜んで頂ければ幸いです。
今日があなたにとって素晴らしい1日でありますように・・・By yuriko_fudo
 | HOME |  ▲ page top