管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

ホントに初めてですのに

前日まで私は素人でした。そのことは何度か強調したはずです。ただ、その不動産屋さんは【習うより慣れろ】主義だったみたいです。私だったら新人にもっともっと親切に接しますが、新人だった私の頭の下げ方が足りなかったせいでしょうか?さすがにエンド客相手に新人を鍛えてもらおうとは思わないらしく、練習相手は業者さんでした。

『じゃ、ブッカクしていって』「仏閣って何ですか?」『物件確認の電話よ。ここに早くかけて。』全然意味がわかりませんが、先輩が怖いので迷惑電話第一報をかけました。「忙しい所、恐れ入ります。こちらは○○不動産、不動と申します。いつもお世話になっております。」不動産屋には珍しい口上ですよね。「さっそくですが、ブッカクお願いします。」

シー・・・ン。変なマがございました。『どの物件ですか?』「ええ~っと、○○線○○駅徒歩○分のやつです。」『え?え?ええっ?!』「用途地域は近隣商業地域になっております。」『……』「新婚さんにお勧めって書いてあります」『…あのね、物件確認の時は、住所と物件価格を言うものよ』「住所…は、○○町○丁目までしか書いてませんね。物件価格は…○○万って書いてあります。」『ございますよ。がんばって下さいね。』最もわかりやすい回答でしたが、物件確認の目的が遂行できたことすら気づきませんでした。

この不動産屋さん、新人が入っても一週間以内に辞める人続出なのです(当たり前?)。【どうせ一週間もたない人に教えるのは面倒→教えたくない→誰も教えたがらない→新人が右往左往して辞めていく】っていうスパイラルですね。面倒な「新人の教育」役を同業他社に委ねるのは良い作戦かも知れません。○○線沿線の業者さま、迷惑電話で色々教育して頂きましてありがとうございました。今後は私が責任を持って新人指導していきます。

今晩のブログも最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へビジネスブログ100選
ブログランキング参加中です。よろしければ、クリックお願いいたします。(いつもありがとうございます)
 | HOME |  ▲ page top