管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

旗竿地

スンナリOK頂けましたし、図面も取り寄せ済み。最近、業物ホームページ掲載のノルマがきつくて、社内営業マン同士でも取り合い状態に。ホームページ登録できる物件がなかなか見つからないので助かりました。

でも、図面でちょっとお気づきの点が。土地の形が書いてあるのですが、正方形っぽく見えて、よくよく見ると、間口が狭いですよね。2mあれば、まあ良いのですが、敷地延長部分の長さがいくらか気になるところです。そもそも手書きで正確な長さを書いていないのが気になりました。この手のお電話をうとましく思わなさげな業者さんだったので、もう一度お電話してみました。

「たびたびすみません。もしございましたら、地積測量図とか正確な長さの載っている図面のファックス頂けます?」

受け取ってビックリ!本当に同じ物件なのかと何度も確認してしまいました。正方形どころか、「『長い道』を突き進んだ奥に建築スペースがちょこっとついている」という感じの形状でした。とことん固定資産税を安くしたいお客様や、自宅の真横を車が通るのは絶対にイヤというお客様など、ニーズが無いこともないでしょうが、最初に入手した図面をそのままホームページに載せてしまうと、こちらが嘘つき呼ばわりされてしまいます。

結局、この土地はご縁がなかったようです。その理由は、のちほど…。

※旗竿地・敷地延長型の土地について、良いリンク集を作っている方がおられるので、道路付け等詳しく研究してみたい方は、こちらへどうぞ。

敷地延長の読み方は、『しきえん』であることを確信出来ましたが、『旗竿地』は、どうなんでしょう?『ハタザオ』以外の読み方を知らないのですが…。『はたざおち』であってると思いますよ。
 | HOME |  ▲ page top