管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

他店紹介

不動産屋さんの規模が大きくなると、複数の支店を持つ不動産会社になります。
テリトリーというものがございます。

何かの間違いで、他店管轄のお客様が来たりしたら、「紹介」という形になります。
1%も無いにしても、若干、紹介料が入ることがあります。

やはり管轄内の方が強いからいい仕事ができます。
極力お客様にはいい仕事でお答えしたい。
だから、間違って来られたお客様を喜んでご紹介できるよう、紹介料の制度があるのでしょう。

仮に1億円の案件だったら…紹介するだけでも結構いい収入ですね。
逆にお安い案件だったら…。
紹介するだけなら簡単だから、1万円でも貰えたら十分でしょう。
紹介される側としたら、1%の紹介料が引かれる案件なんてヤル気なくなるかも?

…みたいなことを考慮して、お客様に管轄の支店の連絡先を伝えて、お客様の方から直接新規のお客様としてお電話して頂くようにお願いしている営業マンがいらっしゃいました。
紹介料が入らなくなるから、営業マンのトクにはならないのですが。

紹介料が引かれるからって担当のヤル気がなくなってしまっては、お客様にご迷惑がかかります。
杓子定規な社内規定を無視したファインプレーこそ、真のお客様至上主義です!

今晩のブログも最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へビジネスブログ100選
ブログランキング参加中です。よろしければ、クリックお願いいたします。(いつもありがとうございます)
 | HOME |  ▲ page top