管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

業物(ぎょうぶつ)

自社物件しか扱わないから 業物 に用はない、なんていう不動産会社があるのかも知れませんが、通常、業物は無視できません。

宅建業者は、売却の媒介契約締結後、一定期間内にレインズにその物件の詳細を登録します。どの物件が登録されているのか、その地域の宅建業者なら誰でもレインズのホームページからチェックできます。媒介を受けた業者が情報を「漏らしている」のではなく、宅建業法に「従っている」だけです。たまにお客様に誤解されます。

人気のありそうな物件の専任・専属専任媒介の場合、レインズ登録を極力締切ギリギリにして、新規登録と同時に「契約予定」にしておけるよう、がんばります。
媒介契約書の日付をブランクにしたまま放置して、契約予定になってから日付をいじってレインズに登録するのは反則です。売主だけ直接のお客様というのと、売主と買主と両方とも直接のお客様というのとでは、いただける手数料に二倍の差があるので、必死です。

不動産を売りたいというお客様を待つだけでは商売が成り立たない場合は、他業者の物件に、買いたいというお客様を付けることで、買主様からの手数料だけ頂きます。
同業他社さんと仲良くしていると、「まだレインズに載せてないけど、ちょうどいい物件あるよ」なんて情報が得られます。そんな訳で、業者さん同士、気持ち悪いぐらい仲良しです。嫌われている業者さんは、業物に用がないから別格なのかしら?

不動産屋のパートはヒマさえあれば、業物をいっぱい載せて自社のホームページを賑やかにするために、同業他社さんに電話します。「広告掲載承諾書?そんな堅苦しいものいいよ。勝手に載せといて」なんて言う業者さんも居ます。
承諾書のファックスを拒まれた場合の対応については、社の方針に従います。間違っても「知らないの?レインズのホームページに書面による承諾を得ましょうって書いてあるわよ!」なんて正論を主張してはいけません。

基本的に、相手がお客様だろうが、自分がお客さんだろうが、たとえ同業他社だろうが、パートは誰にでも愛想良くしていればいいので、私は今のお仕事が好きです。
 | HOME |  ▲ page top