管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

『キレイ』な仕事に挑戦

ある厳かな不動産会社にて。
宅建業法が激甘に見えるほど、厳しいルールがいっぱいです。
契約に至るまでの間、「別に誰にも迷惑かけないのに?」と、文句を言いたくなるような細かい無数のルールを厳守しなくてはなりません。

その中の一つに、かなり早い段階で、取引先企業様の会社謄本を(最初の締め切り時にはオンライン可)取得しておかなければならないというものがございます。
それを忘れていたことに気づいた営業さんがいらっしゃいました。
今すぐ取ってと言われてオンライン取得しました。

「こことここの日付がまずいですね」
「オンライン取得はファックス受信と違うから、うまく誤魔化してね。」
ファックスだと適当にカスレとか付けて誤魔化せるからラクなんですけど。
私が『キレイ』な仕事をすることで、営業さんや上司が、誰からも怒られずに済むのです。
「がんばります♪」

途中で気づきました。
「代表取締役が最近住所変更されたって登記されていますね。この日付、そのままだと矛盾が生じます。役員区だけ外して取得し直し…も、出来ませんよね?」

住所変更の日付は、おそらく住民票に記載されているでしょう。上の方がどなたも気づかないという絶対の確信があれば、住所変更の日付そのものをいじってしまうことで、営業さんも上司もお咎めナシで済みます。
派手な偽装(作業は地味ですが…)をしたこと自体がバレれば、私はクビでしょうか(別に構いませんが)。営業さんと上司はどうなるのでしょう?

「……。」
「潔く、取得し忘れたって認めてみますか?」

シレッと提出する書類の影に地味な工作があったり、「忘れてました」と白状する前に長い葛藤があったり、目に見えないドラマが潜んでいることがございます。

今晩のブログも最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へビジネスブログ100選
ブログランキング参加中です。よろしければ、クリックお願いいたします。(いつもありがとうございます)
 | HOME |  ▲ page top