管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

プロの撤収

不景気です。不動産屋の営業所の廃止は、突然上から通告されます。儲かって仕方のない所なら油断していても大丈夫なのでしょうが。なぜ 『 突然 』 なのかと言うと、『どうせ廃止するんだし~』 と、営業マンがサボることを避けるためでしょう。情報が洩れても困りますし?

事務所の賃貸借契約が2年だとして、上はもうすぐ廃止することを知りながら平気で更新します。急に出て行くなんて言うと、『少なくとも賃料半年分払って行け。』みたいな話になるでしょう。廃止する営業所での最後のお仕事は、この交渉が重要です。『前もって言っておくし、ただ空けていても仕方ないでしょう?2か月分だけ余分に支払いますから、今すぐ次のテナントを募集すればいいじゃないですか。』…みたいなことを言うのでしょうか。

そこは不動産屋の腕の見せどころ。うまく交渉していくことでしょう。ついでに賃貸の媒介を取ってみたりも、するのでしょうか。『この立地でこの賃料、ついに出ました!(自分が)』とか言って?入る時も出る時も、不動産屋として恥ずかしくない仕事をしておきたいものです。

本日2度目の記事まで読んで頂き、ありがとうございました
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へビジネスブログ100選
ブログランキング参加中です。よろしければ、クリックお願いいたします。(いつもありがとうございます)
 | HOME |  ▲ page top