管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

家主様登場

建築提案会社は土地が無いと仕事にならないので、地主様は大切な存在です。不動産仲介会社は物件が無いと仕事にならないので、家主様が大切な存在となります。高めの価格で決まると仲介手数料も高めになりますし、不動産屋さんは家主様側に付くことが多いものです。だけど、言うべきことはハッキリ言っておく方が良いと思うのです。事前に書いておく場合もございますよね。『ご心配もお有りとは思いますが、責任をもって対処いたします。ご内覧時に買主様が決断されやすいよう、その時間帯だけは鍵を預けて外出して頂くようお願いします。』

空室の目立つマンションで、そちらも空室でした。どうしても鍵は預けたくないという売主様の奥様が内覧に立ち合い、セールストークしまくりました。そこまでは買主様の判断基準に影響なかったかも知れません。『ここね、3,580万円で売り出してるけど、私から主人に頼んで値引きしてもらってもいいわ。ちゃんと私が交渉するから。』苦笑しているお客様がお持ちの資料には、3カ月前から価格変更されている、『2,980万円』って書かれていましたが、何か?

『売主様、そろそろ別なお部屋の内覧に行く時間なので…』ハイ、退場!とはいかず、『下の階の西側の部屋?空いているなら私も見たいわ。』と、ついて来てしまいました。予算をそう上回らないお部屋は内覧の本命と言えます。売主様の前でジロジロ見づらいし気分悪いし…で、ノリの悪かった買主様も、本腰を入れてメモを取りまくりました。焦った上階角部屋の奥様が声をかけます。『ほら、窓を開けたら、こんなにうるさい。こっち側を買わなくて良かったわー!』

売主様には、『販売とか営業には何らかのスキルが必要なので、スキルお持ちでない方はプロにお任せ下さい。』ってことで納得頂けたと思います。嫌われないように話すとか、初対面のお客様に信用して頂くとかいうことは、検定に合格して付けるスキルではなくて、人生経験のようなもの。このスキルが高い方ほど、『いつも内心恐れながらの接客ですよ~。』って仰るので、つまり、頼まれてもいないのに出てくるような奥様のスキルは怪しいのではないか?と、思います。 媒介 とる時に、『内覧時に在室しないと約束します』って一筆とりたいものです。


売主がオープンハウス待機してセールストークが成功、一組目のお客様で満額決まったことは、ございましたよ。営業マンが予定より家族が多くなっちゃったために引っ越したあとの、元々夫婦プラスお子様一人で終の棲家として暮らせるようにご購入されていた物件でした。心から気にいっていらして、プロの目で選び抜いた良い点をいくつもご存知だったのでしょう。

営業マンが中古で購入した物件( ハウスメーカーマンの家 とか ディベロッパーマンの家 は、購入時新築なので除外)って、かなり良さそうだと思いません?色んな営業マンに、『ご自宅出て行く気はございませんか?』って聞いてきましたが、『不動さんに売ってあげる。』って言われたことは一度もございません。それでも、 仲介営業マンのおうち に住みたいです!

清き一票を♪
 | HOME |  ▲ page top