管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

女の子に魔法の呪文

不動産屋らしからぬロマンティックな記事タイトルにした理由は、こんな時期なので自分にクリスマスプレゼント的な意味で無理矢理かわいく取り繕ってみたからです。お嫌でなければ皆様もご一緒にロマンティックな気分に浸って下さいね。言葉の魔法にかかるかも知れませんよ。
一票ください♪
主人がいつも会社でお世話になっているらしい経理のおばさんって仕事が出来て人柄も良いのだそう。社内エピソードをありがたく伝え聞いてきました。『今日はつくづく思ったな。このは本当に残念過ぎる顔をしているな~って。』…恩をあだで返すような発言で申し訳ないですけど、写真を見る限り…そうかも(すみません)。まあ、失礼な部分は聞き流して下さい。
一票ください♪
主人から見ても随分いい年の女性を、『この』と呼んでいるのです。もちろん社内ではさん付けらしいですけど。『その言い方って…』『さんざん親切にしてもらってるのにってわかってるけど、本当に顔が…』繰り返させるだけなのでその話題全体を流してしまうことにしました。
一票ください♪
女性同士では、年上の人を『女の』呼ばわりにすると失礼にあたるとか色々考えてしまって、目上の方を『この』って呼ばないし、心の中で思うこともないと思います。男性の場合、『女の』と呼ぶために超えるべきハードルが結構低いらしいです。これは素晴らしいことです。
一票ください♪
『好きな方を選んで。』って言って下さった営業マンが、『こっち選ぶってたいてい…』って占い師みたいな診断して下さったんです。『当たってますね。』って答えつつ、頭の中では、『きゃ~~!久しぶりに、って言われちゃった♪』って有頂天でした。結局一回しか言われませんでしたが、その一回で10歳ぐらい若返ったように感じました。向こう10年ぐらい感謝され続けることになると思うので、周囲の色んな女性を女の扱いすることを皆様にもお勧めいたします。

清き一票を♪

ダメージ付き

不動産屋さんでなくてもご存知のはず。エレベーター無し(階段昇ってね)、敷地内駐車場無し(近隣に見つけましょう)等々、有れば便利だったと思われる物が無いことで、安くなっている物件がございます。逆に、無い方が良かった物が付いてくることで安くなっている物件も有り得ますよね。科学で存在を証明出来ないはずの同居人がもれなく付いてくるとか(……無理!)。

某ムラ社会みたいな団地も賃料は安いのですが、住んでいるだけで主に精神面でダメージを受ける物件です。最短記録で1ヶ月弱と伺いましたが、引越し直後でもお金に余裕のある方はスグに逃げ出せます。有形無形のダメージを与えているヌシみたいな人は余裕のありそうな世帯を妬んでいるのでしょうか。特にお子さん小さい世帯が昼間頭上から狙われるらしいので、中庭があるからと言ってそこに入居したいとかおっしゃる方には個人的に警告しています。

営業マンも事務員も美男美女で楽しく働くことも出来る不動産会社は…ダメージ付きの職場でした。『家庭円満でとっても幸せなの~♪』って雰囲気の機嫌の良いパートさんが狙われやすかったと記憶しています。幸せそうな奥さんがどんどん逃げて行くのを、『かっこいい営業マンが優しくしてくれるのに、なんで?』って思いながら見送ってきました。当たり前の話、家庭が幸せで経済的に困窮していないなら、ダメージ受けながらそんな所で働く必要ありませんでした。

選択肢の多い方は本当にお幸せなのだと思います。ダメージ付きしか選べないから仕方なく住んでいるとか働いているとかいう者も多いのです。『不動産屋でーす』って名乗りながら迷惑電話をかけて区分マンションを売る営業…よりも、より仲介業者らしい所の方が精神的にキツイと聞いたことがあります。『借金してでも収益ビルを買えば儲かるはずです』って勧めれば勧めるほど業績が上がって褒められる不動産屋さん。元お得意様が返せなくなった借金を苦にして自殺したと聞いてショックを受けつつ、生活のため、同じお仕事を続けているのだそうです。

清き一票を♪

不動さんに謝りなさい

朝一番に前日の飲み会で多めに出して下さった方にお礼を言って回るのは社会人の務め。それも多く出して下さった順=偉い順。店長の次は副店長の所に行くべきですが、その不動産屋さんではたまたまラッキーが続いて年末の収入が多かったとかで、店長が気前よく全部出して下さったので店長だけにしておきました。店長もニコニコ、私もニコニコ。朝から気分よく就業できます。

しばらく機嫌よく入力仕事をしていると、暗~い顔をした副店長が斜め後ろに立っていたことに気付きました。『不動さん、昨日はすみませんでしたっ!』『えっ?』『ほら、僕、だいぶ酔ってたでしょ?』『あぁ、昨日もよく酔ってらっしゃいましたよね。』『本当に失礼いたしました。』『……?いえ、こちらは平気ですから。』『今後も今までのようにお仕事続けて下さると助かります!』『??』

昨夜は副店長が強いお酒を勢いよく飲んだと思ったら、同じ冗談ばっかり言うようになってしまって、まあいいかと思っていただけですけど。キツネにつままれたような顔で入力仕事に戻っているうち、今度は真横に副店長が居ることに気付きました。『あの、僕もしかして昨日の飲み会で何も言ってなかったとか?』『面白い冗談を繰り返しおっしゃってましたよ、ずっと^^』『……騙されたっ!』

私たちを見ながら事務員さんが遠くで爆笑しておられました。『昨日の記憶が全然ないんだよ、ただ頭が痛い~。』って言うと事務員さんが真顔でこうおっしゃったそうです。『うそ?覚えてないの?大変よ!不動さんに随っっ分失礼なこと言ってたのに。朝一番できちんと謝った方がいいわよ。』騙された副店長に罪は無いと思いますが、一体どんな失礼なことを私に向かって言ったと思っておられたのでしょう?聞いたら私の機嫌が悪くなりそうなので、追求しないことにしておきます。

清き一票を♪
メリークリスマス♪
 | HOME |  ▲ page top