管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

新年好

今年は年賀状の表題を例年より地味にして目出度い雰囲気を出さないのが流行と聞きました。いい人キャラでもないのに偽善めいた標語を出す気にもならないので、敢えて日本語ではない挨拶にしてみました。ほとんどの日本人には意味が通じないのが残念ですが、何か?
一票ください♪
年始の挨拶を書くのは前年の末です。それが自慢になるような報告事項のある年だったら、年賀状に、『去年がとても幸せでした!』って明るい雰囲気を漂わせるのが通常です。一年前に受け取った年賀状を確認しながら翌年のを作っていると、そういうハガキも見かけます。
一票ください♪
勤務先の不動産屋さんでは感情的にならない接客の出来るパートさんという役割を演じてきましたが。『私がどれだけ苦しんだか聞いてて、よくこんな無神経なひとこと書いて来れたもんだな!』と、一年前のお正月に味わった怒りを再燃させることもあります。自分が調子いい時には他人の痛みに対して鈍感になりがちなので、反面教師として受け取ろう…とか、謙虚な気持ちで受け入れられれば立派ですが。コーヒーでも淹れて気持ちを入れ替えるので精一杯です。
一票ください♪
反面教師たちでも、この春ぐらいは人の痛みを理解しようとしていることのあらわれが、今年の地味年賀状ブームではないかと思います。落ち込んでいる人の前では、『おめでとう』って言わないようにしようとか。他人の幸せを喜ぶ心の余裕もない時に、『おめでとう』って言わされるのが面白くないのは事実ですが。ある意味、今おめでとうって言っていいような気がします。
一票ください♪
古い年が終わり、新年を迎えることになったのですから。明けまして、おめでとうございます。


清き一票を♪
喪中につき一枚も年賀状書いてませんが、何か?

人妻にモテる営業マンへ

お正月のアクセスありがとうございます。こんな時期なのでお仕事のことは少し忘れてみようかしら?女性のブログなので、『女性のみなさん、男性は悪いものだから騙されないで戦うのですよ!』路線で今まで書いてきました(だって、女の子だもん)。今日は別のことを書いてみます。

王様の耳は…男性のみなさん、既婚女性は悪いものだから騙されないで利用するのですよ。ロバの耳ぃ!

人数の少ない不動産屋だとそうもいかないのでしょうが。そこそこ人が集まると、何タイプかの営業マンが在籍することになりがちです。高め安定な人…常に成績高めでお局様のお気に入りで社内に敵を作らなくて気配り上手な人。若いうちにキレイなお嫁さんもらってる既婚者。

そういうチャッカリした方が原因で不快な思いをしたことは一度もありません。が、今日呼びかけているのは違うタイプの方。独身貴族…いい物を身につけてて優しくて正直。お金持ってるのに身を固めない。完全に不器用ということはなく、仕事はそこそこ出来るので生活にお困りでない方です。贔屓のパートさんがお局様に苛められてたら助けて下さるから大好きですよ。

人妻になった途端に飲みにも誘われなくなり(家庭があるからムリって自分が断るようになったのがきっかけ?)、『不倫とか軽蔑しちゃう』ってマトモなこと言ってると対象外扱いされて、長いこと恋愛市場に居なかった奥さん。贔屓にされると大喜びで、お仕事に貢献しようとします。

営業マンが贔屓にしている、お局様ではない事務員と仲良く仕事をしていると…一人でするより早く片付きますが、お局様には好かれません。『社内の女性とは距離を置いてます!』って態度で淡々と仕事する人になら回ってくるような良縁を回してもらえなくなるかも知れません。

…ってことに、贔屓にされている(他人の)奥さんは気付いているかも知れません。だいたいそういう人のご主人はチャッカリしているので、チャッカリしている人の目で物を見ることが出来るものです。『え?私、全然悪気は無くて、ただ言われた通りにお仕事しているだけですよ?』自分が悪者にならないためのセリフも何種類かご存知のことでしょう。嘘は言ってないはずです。

何かのヒントになればいいなと思って書きました。それも承知でかわいがって頂けたら、本当に嬉しいです。あと、高め安定でも独身貴族でもない営業マンも居るものですが。成績不振で八つ当たりされたって、パートさんはそんなに気にしません。そういう人、次々やって来ては消えて行くから、覚えてないんですよ。逆に八つ当たりしてこなかった人の方が記憶に残ります。

清き一票を♪
お正月から職場の話になってしまいましたが、何か?

トトで出来た蒲鉾

『猫ちゃんみたいに寒い時はおこたで丸くなってたい方なので、お正月だからって羽根つきとか凧揚げするのが楽しみーとか言わない子だったんですよぉ。室内で…百人一首のほか、七並べとかして遊んでました♪』アタマ悪い子の発言のようですが、ババ抜きみたいに明らかに全然面白くなさそうなゲームを挙げるとウソがバレる…とか、それなりに計算していました。

私のようなインチキお嬢様の対面に本物のお嬢さんが座っていました。結婚式以外で化粧してるの見たことなかったです。首席も生徒会長も女の子という環境で育ったため、男性の前で媚びる役目があるとか考えたことがないらしく、常に同性と接するように男性にも接する子でした。

『どんじゃら?親戚の家で一回だけしたことあるけど、ゆり子よくわかんなーい。』大勝ちしなければ良いのだろうと適当に流してきましたが、対面から言われました。『さっきから気になってたんだけど、なんでゆり子だけ、右側を押し出すように斜めに積んでるの?』自動じゃない麻雀では左隣の人が掴みやすいように気遣うのが常識だからその癖が出たの!とはキャラ設定上、言えません。『うふふ…緊張で歪んじゃった♪』苦しい言い訳しか思いつきませんでした。

ここでとりあえず一票♪

労働の対価を頂くのですから、雇って頂いた不動産屋さんでは、『箱入り娘だからわかんなーい♪』とは言わず、出し惜しみすることなく働きます。でも、ブログって儲からないじゃないですか。『おバカなパートさんだから、謄本の意味わかんなくてマンション全体のをとってきて叱られちゃいましたーテヘ♪』って書いた方がチヤホヤされるかも?と、ラクな方に流れようとしたことは有ります。でも、まあ…色々試して気付きましたが、カマトトやってる方が疲れるんですよ。

社員さんがパートを何段か低く見ているのは存じてますし、低いはずのパートが正しい知識をひけらかすかのような発言をすると面白くない?普通の不動産知識を正確に書くと面白くないし、カマトトは自分が疲れるし…で、女性のブログなのにエッチな話の比率が多くなっている気がします。就業中にご覧頂いていたとしたらすみません(でも全部読んで下さいね)。

管理人である私ですら、『こんなこと公衆の面前で言っちゃうパートさんってどうよ?』って思うこともございますが。次々と立派なブログが誕生して行く中で、どういう訳かこんな所にリンク貼って頂けることがあり、大変恐縮しております。その一つ、まだ生まれて間もないブログですが、サイトが何となくオシャレというだけで応援してしまいたくなったのは(要するに私は面食いなの?)、『未経験から始める不動産業 』さま。ありがとうございます。真面目なことばかり書いておられるブログなので、最低限、放送禁止用語だけは使わないように気をつけます!

話が戻りますが、チャラチャラ着飾ってる女の子がタイプという男の子からは、『女だったらムダ毛の処理ぐらいマメにしろよ!』とか言われていた、本物のお嬢さんは、ある不動産屋さんと結婚しました。周到に化粧して媚びて来る女性にしか興味のない人が多いイメージの業界だったのに、彼女の裏表のない性格を好きになってくれる人が居るなんて嬉しいです。実家の謄本とっていい物見つけたからとかいう可能性については考えないことにしておきます。

清き一票を♪

ヌシの一番弟子

私も若い頃はある意味『勇者』だったので、主人のお母さんに躊躇なく意見してしまいました。『え?そのままお出しするんですか?せめてアク抜きぐらいしたらどうですか?』その後の嫁姑の関係がどうなったかは想像にお任せします。『不動家では~する決まりなの!』と、意味不明な、おまじない?調理方法として全く合理性を欠く数々の手法を強制されることになりました…ということからお察し下さい。タイムマシーンがあったら自分を教育し直したいものです。

どう教育するのかと言うと、『お義母様のおっしゃることは絶対!』みたいな話をします。『不動家の嫁なら従うべきおまじない的な儀式を一生懸命に習得しようと努めていまーす!』というアピールをすることが大切だったんです。せめて年長者の顔を立てる話し方ぐらい習得してから嫁入りすべきでした。後悔先に立たず。せめてパート先で役立てるぐらいの事はしましょうか。

不動産屋に限らず社会ではよくある話です。とりわけパート主婦の場合は家庭の都合とかあって簡単に転職し難いとかで、何とか同じ所に留まろうと必死の方を時々見かけます。彼女に実力があるなら妙な小細工も不要ですが、自信が無いのでしょうね…あざとい。そう思っても新人は文句を言わずに従うしかありません。古株から見れば新人は嫁みたいなものですから。

例えば図面を誰でも取り出しやすい順番に並べて片付ければ良いものを、ヌシ相当の古株さんにとって一番都合の良い順番になっていて、探す際には、『ご多忙の所、お手数おかけしますが、なかなか見つからなくて…』ってお願いしなくてはなりません。何ヶ月か辛抱して、『一生懸命ついて行こうと努力してます!』アピールし続けると一番弟子のようにかわいがられ、『あっ、私が居ない時は不動さんでも対応できるから♪』って代理人のような資格を与えられます。

嫁姑の関係が面白くないと言って離婚する人も居る時代、面白くないルールに従って安時給で働くのが嫌と言って出て行く方は多いものです。早い段階で見切って行った人の方が、ヌシの一番弟子より優秀だったのかも知れません。…って経営者や管理職が、ヌシの一番弟子レベルの人材しか残らなくても構わないって思っていたらそれまでなんですよね。こんな所で二番目に恐れられる存在という資格をもらっても履歴書の飾りにすらなりませんが、何か?

清き一票を♪

誕生日会

私の通う幼稚園では毎月何日かに、その月にお誕生日を迎えるお友達を集めて写真を取ったり紙製のメダルをかけたりして祝う習慣が有りました。年少組の時は、『今回は12日じゃないし、ほかの子と一緒か。』って感想を持ったことを覚えています。それ以前は、自宅で毎月誕生日会…と言っても、ケーキ食べて写真を撮る以外に何をしたのか覚えてないけど…をしていたので、そんなものだと思っていたのです。当時の両親の年齢を超えて思うことは、『頻繁にケーキ食べ過ぎ!』ですが、何の努力もせず年に12回も祝ってもらえる目出度いお子様でした。

月誕生日会をいつまで続けていたのか忘れてしまいましたが、年に一回だけ祝う大人のルールに変わってから頭を使う練習を始めました。夜の部は家族のみ、昼の部は学校の友達を呼ぶということで、定員が何名程度だとか、なぜその子を呼ぶのか等を母と話し合って招待状を作ったものです。呼ばれたから呼ぶしかないとか、この子を呼ぶとあの子も呼ばざるを得ないけどそうすると別の子が嫌がるとか。昼の部、正直面倒くさいなぁと思ったものですが、その後の人生で何度か苦渋の決断を迫られる機会に遭遇するので良い練習になりました。

色気づいてくると太りそうな物の過剰摂取はよろしくないと考えるようになりましたが(吹っ切れると好きなだけ食べられます♪)、お年頃の誕生日は『これでは身が持たない!』などと思ってしまったものです。心配しなくてもお年頃はそう長く続かないし、好きなだけ食べられる精神も併せ持って苦労がなくなっていくので杞憂でしたが。学校で何人かの友達に祝ってもらって昼食のあとケーキ、バイト先でも同様、そのあと親には上手く誤魔化してたけどカラ残業でケーキその他、帰宅したら又ケーキ!年明け誕生日誕生日と騒ぎ過ぎたのが原因だったかも?

私にとっての人生の春はケーキまみれでした。それが結婚して1年たつと夫にも誕生日を忘れられるし、毎年同じ日が幸せに忙しかったのが嘘のようです。パート先でヤの付く怖い自○業者に怒鳴られながら半泣きで何とかお引取り願った日も、私の何歳かの誕生日でした。

現実社会では、食べ飽きてるのに『ケーキ食べるの久しぶりで嬉しい♪』とか言って体の負担が大きかったり、釣った魚がトシとっても気にならないのかとか不貞腐れたりしましたが、インターネットの世界はいいですね。忘れられるも何も、ブログの管理人だから、『今日は、不動産屋のパートですが何か?開始記念日だから、それにちなんだ話題をします!』って仕切れます。ご祝儀の代わりに…何を頂こうかしら?↓プレゼント↓の希望を書くのは遠慮しておきます。

清き一票を♪
クリックして頂く前に、今日ご訪問頂けただけでも感謝しております旨、お伝えしたいです。

手数料無料会社で働く?

不動産仲介会社が頂ける手数料のお話、未経験から始める不動産業 様が、一般人目線で考察しながら書いておられるので詳細は割愛します。真面目な長文の一部を不真面目に抜粋すると、お客さんって事情はさておき安い方がいいなって思われるんじゃないかなって話になります(それは主題では無かった?)。お陰様で、そう言えばそう思われるなって気付きました。

ってことは、そういう所で働く営業マンはお客さんがホイホイ来て仕事ラクそうだな~って、サボりたがりの私は羨ましく思ってしまったのです。…以上が、名乗っているパートさんらしい意見。

以下、名無し不動さんっぽく書きますが、無責任な感想文なので流し読みして下さい。仲介手数料を取らなくても困らない理由の一つとして、自ら売主になる場合とか考えられます。物件を多数所有している会社もあるでしょうけど、仲介がオプション的な部門になっていて、本業は物件を多数建てることにあるという会社もあるでしょう。仲介業より営業がキツそうな業界ですね。

仮に、地主さん達を有効活用しまくる業界がTokyo(仮名) Disney(仮名) Land(仮名)のように3つ巴で競っているとしましょう(頭文字を意識して、Chibaにあるとか指摘しないのがお約束)。立地の良い所に土地が余っていることは少ないので、採算性の悪い所でアパートを建てさせるしかなくなってきそうです。飛び込み営業マンは家賃保証額が低いのに建築費用と称して取るお金が高いとかで苦労しそうです。それと比べて仲介業は駅前のカウンター営業で良かった?

見た目は、お揃いのノボリ を飾っているフランチャイジーと大差ないかも知れません。そう言えば、店名にTともDとも付いてませんでした。ひょっとしたら、『ウチは大手の直営店!』とまで言っているかも知れません。お客様も安心してホイホイ来店してきそうだし、営業がラクかも?

色んなお部屋を紹介して家賃一ヶ月分の報酬を頂くのが本業♪という不動産屋さんではなくて、建築営業が雨にも風にも負けず通いつめて取ってきた仕事を、雪の日も夏の暑い日も駅前の店舗で待機して 客付け することで完成させる部門だとしたら?自社施工物件ばかり熱心に勧めるということで大家さんには喜ばれそうです。なんか厳しそうな会社なので丁寧な接客をしてお客さんにも喜ばれるかも知れません。ただ、肝心の物件の立地がイマイチとかで、なかなか成約に至らないかも知れません。…建設会社からどんな怒られ方するのでしょう?

以上が名無し不動さんっぽい邪推でした。一部屋ご紹介して一ヶ月分の家賃相当額を頂く、コツコツ働く仲介専門会社の方が働き甲斐が有るよねって思います。世間知らずなパートさんっぽくまとめておきました。抜いたの抜かれたのって話、ゆり子よくわかんないから触れません♪

清き一票を♪

スリッパお節介

不動産投資なさってる エンド さんが所有物件でいい雰囲気のおもてなしをするのが珍しくなくなってきた今日この頃、そろそろ不動産業者さんも持ち込む スリッパや靴べら を見直して頂けてますでしょうか。素人大家さんの方が、キレイなスリッパや一部屋分ずつ丁寧に作ったカラー図面のほか、近所の感じいい&便利な施設をやたら強調した地図(新築マンションのモデルルームに置いてそうな感じのもの)を置いたり、お客様目線で丁寧に接しているみたいですよ。

…と、不動産屋さんへの呼びかけで始めましたが、以下はお客様のために書かせて頂きます。お気に召されたお部屋で、敢えてスリッパ無しというのも体験してみて下さい。木目調でフローリングのように見える床、CF(クッションフローリング)だと、未経験の方がギョッとなさる位、フワフワしています。車酔いなさる方でもフワフワ感は3日で気にならなくなりますが、そのフワフワの床で食器を落としたイメージ、下のお部屋の方への配慮等、想像してみましょう。

良いイメージが浮かびましたね?では、エコジョーズ併用で基本料金の割引も狙える?ガス床暖房もスリッパ無しで体験してみましょう。今の季節、気持ちいいですね。エアコンと違って空気の乾燥を促進しませんから、お肌がこーんなに!潤ったままでいられるんですよ♪…と、潤いその他に自信のある女性営業職の方は言えそうです(また業者向けな話題)。

売りつけたら、或いは 客付け したら、あと知りません!って態度に豹変する不動産屋さんが居ても、あまり気にしないで下さい(よくある話です)。素人大家さんというより投資家という気分のオーナーが、自作のいい雰囲気地図はくれたけどキレイなスリッパは回収しちゃった…ってこともあるかも知れません。納得して決めたお部屋に入ったら、足元が冷たくてビックリしちゃうかも?参観日に持ち込むような携帯用スリッパでも厚手ルームソックスでも構わないので、【決めたあとで入室する際はスリッパ持参】しておく方が無難です。…私自身の失敗談でした。

清き一票を♪
あまりの寒さで床暖房の入らない部屋のカーテンの採寸は諦めて帰りましたが、何か?

ライバルがyahooとか

たまにgoogleで検索します。『不動産屋のパートですが、何か?』って。自分のサイトとかブログランキングが多い気もしますが、リンク貼って下さっている方を見つけて喜んだりしています。どうもありがとうございます。とっても嬉しいです。今後ともお気軽にリンクお願いします。

ところで、『いいえ』とか、『こちら』で検索すると、yahooのホームページが上位に来ることはご存知でしょうか?これは、『~の条件を満たす方は、Enterを押して下さい。そうでない方は…』のあとに続く『こちら』をクリックするような画面とか、ズバリ、『あなたは18才以上ですか?』って書いてある画面から『いいえ』って文字でリンクを貼っているサイトが多いという意味です。

小規模なホームページとかで、リンク貼るのはトップページだけにして下さいとか、リンク貼る時は必ずこのバナーをお持ち帰り頂いてお使い下さいとか、リンク貼る文字はこれこれで~とか、条件を書かれていることがあります。当ブログはリンクフリーなので、好きな所に好きな形で貼って頂いて結構ですが。…『ブス』で検索一位とかなりたくないので、それだけは遠慮します。

不動産屋の営業マンのブログでは少ないケースですが、おっとりしたイメージの主婦のブログでは、『こちら』『☆』等の、押した先に何が出てくるかドキドキワクワクな文字(又は記号)でリンクを貼ることが多いようです。私、そんなに物騒な会社に居る訳じゃないのですが、『ここクリックして下さい』ってメールが来ても見ないんですよ。知らない人から、『タダで大儲けするサイトを紹介します』って胡散臭いメールがよく来るせいかも知れません。疑心暗鬼なのかも。

クリックしたらどうなるのか、不動産業界の特に物騒な所で働くイメージの方 が楽しく解説する記事を半年以上前にアップされていたのですが、硬派じゃない記事は消す方針になったのか、見られなくなって残念です。アレ は特に面白かったのに(文句は本人に直接言えって?)。

※その後、削除された記事がパワーアップして復活しました!

話は逸れましたが、住宅ローン繰上返済したり宅建取ったり色んな資格取得に挑戦中…ちゃんとした主婦の方から、『 こちら 』ってご紹介頂きまして、結構みなさん素直にクリックされるんですね。一週間で約30アクセスほど頂戴しております。1700万円トクした主婦の家計管理応援ブログ さま、こんなブログに読者さまを誘導して下さり、ありがとうございました。私の書いた『こちら』の信用度が低いとしたらすみません。怒られる前にあらかじめ謝っておきます。

せっかく女性から信頼の証?『こちら』でリンク貼って頂いたので、打倒yahooとアドビ!検索結果が上位に来るのを楽しみに待ってみます。読者層が疑心暗鬼気味な場合は、『不動産屋のパート』でのリンクがお勧めです。リンクのお礼なのにエラそうな文章ですが、何か?

清き一票を♪
もう、『yahooがいいえって文字でリンク貼られる理由わかんなーい』って言うのが疲れました。

書斎の外で起こっていること

『不動産投資で儲けた私のやり方教えます』って本を時々見かけます。支出と収入の差がプラスになれば勝ちという感じですが、勝敗は売り切った時に決まると私は考えます。『ヤバそうなババ抜きを卒業したいから私のジョーカーを引きに来ませんか?』ってお誘いでしょうか?

中には善良で賢明な著者が、『自分一人だけ儲かっているのは申し訳ないから不特定多数の人にも教えたい』って書かれた物も有るのでしょうが、見分け方がわかりません。『このジョーカー買いに来て』って営業文が書かれてそうだと疑い始めると、素直な気分で読めません。

読書そのものは好きなつもりでしたが、友達が絶賛する本のほとんどが面白くないのが悩みです。泣けるとか感動するとかいう女流作家の恋愛小説…読んでいて不快になります。女性は男性に惹かれるのが普通です。相手はテレビのチャンネルを2秒おきに変えるとか面白いブログだったのに削除するとか、女性には全く理解不能な行動を取る連中です。それと対峙してブチ切れたり泣かされたりしながら攻略法を編み出すのが恋愛の醍醐味ではないでしょうか。

※圧力に屈して再掲載されたブログ記事→営業-辛くもあり楽しくもあり

友達の好きな小説に出てくるカレシ?は、男性ではありません。描写によると肉体は人間のオスと同じみたいですが行動パターンが絶対に違う。『で、このカレシはどういう生命体なんだ?』って気になると感動する余裕がなくなります。本物の男性と恋愛したいなら、男性の書いた小説を読む方が相手の気持ちを理解する手がかりが掴めて良いと思うのですが、『つまんない』のだそうです。きっと人間のオスに興味ないのでしょう。慣れたらカワイイ輩なのにね。

理性を優先しないとか、結論がないのに話すという目的のためだけに話し続けるとか、反論されただけでキレるとか、女性の言動もパターンを覚えるまでは理解困難ですが、慣れたらカワイイじゃないですか。だから男性は女性に惹かれるのでしょう。違う目的もあるのでしょうけど、わかんなーい。そうして相互に理解し合いながら愛をはぐくめる…とか思わない方が良いと思います。

ザッツ「アンジャッシュ」メント

中古価格
¥150から
(2012/2/11 18:25時点)


全然違うことを考えている者同士が勘違いし合いながら会話している…とか、面白いコントであるじゃないですか。お互いに理解し合いながら恋愛しているつもりの男女もコントの登場人物みたいなものだと思います。客観的に見ると笑えますけど本人たちは大真面目。傍観者として笑って過ごすか、当事者として泣いたり怒ったりして過ごすかは、本人の自由ですけどね。

本ばかり読んでないで外へ出てみませんか…と、『買っちゃいけない物件の見分け方』っぽい本を読む前に不動産屋さんへ行くことを勧めても良いのですが。パートならではの歪んだ目線で、不動産取引を始めるか見送るか悩まれる様子を傍観する立場で居ようかな、と。あくまで見る側に居ると思い込んでいたのに…案外、見られてた?!( 不動産ブログの探し方@不動産研究会 )あまり女性らしくない私の考えが参考になるかどうか微妙ですが、何か?

清き一票を♪
 | HOME |  ▲ page top