管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

今更ですが、諦めます

先週電話した時には、『ネットでもチラシでも何でも、ウチの物件載せてちょうだいね~』ってニコニコ顔(多分)で言ってた業者さんが、『ちょっと!原稿(?)をFAXする前に勝手にネットに載せるってどういうこと?!』と、キレたら、ちょっと引きます。ダメならダメで構いませんし、ルールは筋が一本通っているものであるべきだと思います。その方がお付き合いしやすいので。

ブログ版/不動産業界の歩き方

もともとそれ以外知らなかった私が『不動産ブログとはかくあるべし』と思うルールは、『業者ならではの記事を毎日更新する。』それだけです。なんで皆さんそうしないのか最初は疑問でした。簡単そうに見えますが、続けてみると大変だということがわかりました。一旦今年の5月に全て埋め尽くしましたが、今は1ヵ月以上遅れております(直近の投稿は6月30日付でした)。

このペースだと、このブログで夏休みが終わるのは来年になりかねません。現実との乖離(かいり)が甚だしく、嘘つきっぽい印象を強めてしまいます。とは言うものの、日付を埋めるためだけの数合わせ記事を入れるのは、読もうとして下さった方に申し訳なさ過ぎます。毎日遅れずに更新することと、内容で妥協しないことを両立させる体力が今の私には無く( トシ 夏 ですから)、残念ながら、ルールを変更せざるを得ません。懲りずにお付き合い頂ければ幸いです。

毎日更新している訳でもないのに毎日たくさんの方が見に来て下さっている。私は充分に幸せです。それでも、今年7月付けの記事が1つしかないことを、時々ため息を付きながら憂うのでしょう。神経質でない方が幸せを多く実感出来るのでしょう…損な性格だとは思います。

カリスマ級コピリスト

『暑い、暑い。なんで今日は会社の中まで暑いのかしら?』…よく考えたら、私は久しぶりに大量コピー取りというお仕事をしたのでした(連続使用されたOA機器は熱いのです)。いつもこの手のお仕事を頼まれやすいパートさんが、ちょっと早めの夏休みをとられていて、二番手の私が指名されたのでした。ご無沙汰してしまうと耐え難い暑さです。厚化粧してたら大変そう!

汗をかくだけの単純な仕事のように見えるかも知れませんが、こんな仕事にだってコツはございます。不動産屋で用いる書類は、時としてA2サイズとかそれ以上とか、大きいことがよくあります。それを最大A3サイズのFAX兼用機で焼いていくので、実はそう簡単ではないのです。

A2サイズの場合、原本1枚につきコピーを2度ずつします。コピー機の左上に、『角をココに合わせましょう』っぽい印が付いています。最初の半分の角をココに合わせてとりますよね。次に原稿をひっくり返して単純に対角をココに合わせると、上下の余白が異なる場合(ほとんどがそうです)、貼り合わせる時に大幅にズレて見苦しくなります。なので、工夫が必要です。

原稿が薄い場合は、ひっくり返さずに紙を奥に送ってコピーすると高さが揃います。地図の見開きをコピーする時は、ひっくり返す時に高さが揃うよう頭を使います。このように頭を使いながら自動読み取り装置付きの重たいフタを上げ下げして調整しているうちに、汗だくになります。

原稿がA3サイズの場合、角ではなく中心線を意識すると、キレイに仕上がります。キレイに切り貼りしてキレイに折って営業マンにお渡しします。普通はパートだけで担当するものですが、分厚い図面何冊分か同時に頼まれていてどうしようもない時、怖いお局様にもコピーして頂きました。速さ正確さ共に満点の出来で、『やっぱり私はこの人に逆らってはいけない!』と、畏怖の念を強めたものです。地味な仕事だけで凄みを出せる事務員さんに、私もなりたいです。

何切る?

大量大物コピーの貼り合わせも、来客がなくてパート総動員出来る余裕のある日には、息抜きとなります。不動産屋の応接室で大きなテーブルをみんなで囲み、社員さん抜きで雑談。時々話に夢中で手の動きが止まってしまうのもご愛敬?たまには私からも話題を振ります。

ありがちな例え話 ですが、仮に人類最後の2人として残る場合に社内の営業マンの誰かを相手として選べと言われたら…』ストライクゾーンが広いと言われる私は誰でも大丈夫なつもりでしたが…ニヤついて妙な鼻歌を歌いながら図面を読んでいるXXさんだけは生理的に絶対にイヤ!私なら最初に消去法でXXさんを選択肢から外してから、誰を選ぶのか悩むでしょう。

チェスで勝算があるなら敢えて一番強いクイーンを犠牲にするという英断が出来る人が居たり。『何が欲しい?』より、『何を切る?』に答える時にこそ、性格が出ると思います。要するに、『一番抱かれたくない男は誰?』ってことになりますが、消去法で生理的にダメな人を感情的に切ってしまう私と比較して、皆さんはどうですか?と、試してみたかっただけなのです。

私が聞きたいのは、『最初に誰を切るか?また、その理由は?』ってことだったのですが、同僚に暴走されてしまいました。最初にベスト3を順に挙げられました。なるほど、男前な順。面食いなんですね。更にベスト3入りしなかった方を外した理由を全部おっしゃいました。

営業部長はそこそこ男前だけど高齢なので、子孫を繁栄(?!親子間・兄弟間でもアリってこと?!)させるにあたり、残された時間が少ないからダメ…現実的な分析でした。仕事が丁寧な営業マンは、神経質過ぎるので二人きりでの会話でストレスが貯まる?手厳しい意見!

手も止まって口も大きく開けて熱弁をひとしきり聞いたあと言われました。『ちょっと!ここまで私に喋らせておいて、なんで言い出しっぺの不動さんが自分のベスト3を言わないのよ?』『私は生理的にXXさんがイヤって言いたかっただけですぅ。』『こういう時に性格が出るのよね、いつもあなたは卑怯なのよ!』…抱かれたい順を暴露しろとは私は言いませんでしたが、何か?

アノ時ナニしてた?

私はそっけなく答えました。『知りませんけど、何か?』だいたい質問された時に反射的に事実を素直に伝えるようでは不動産屋失格なのです。物確 で、『ございますよ』って思っていても、『商談中です。』ぐらいは平気で言えないと。嘘が上手いかを試されたと思っていました。

同じ上司からの質問に、同僚はこう答えたようです。『まだ知らないんですか?失踪が逃走に変わっちゃったのを。』魚を釣り上げた時のような得意顔で上司は言いました。『こらっ!逮捕状が出たってニュースが出たのは仕事中だろうが。何サボってんだ!』『ひー!』

怒ってはいましたが、笑いながらですよ。なのに、動揺した同僚は全てをぶちまけてしまいました。『でも、その話は不動さんから聞きました!こういうニュース速報をいつも社内に流すのは不動さんですよ。』共犯者を選ぶ時は、口の堅い人に絞りたいものですよね。

ひょっとすると、上司は口の堅さを試していたのかも?『仕方ないじゃないですか!仕事で検索する必要があるから yahoo! を開いたら、速報が出てたんですから。』私まで動揺してしまい、謝る前に逆ギレしてしまいました。ひょっとすると咄嗟のクレーム対応能力を試されていた?

してしまったことは認めるしかありません。生きていればそのうち必ず良いことがございます。時間の経過を待てば良いのです。時が流れるうちに、人の記憶は薄れます。私が芸能ニュース速報をいつもチェックしているとかいう同僚の余計な言い訳部分だけでも、上司には早く忘れて頂きたいものです。 ※旬な話題に固有名詞抜きで触れてみました。生きてて何よりです!

タイプだらけ

3年後の日本経済とか、あまり関心がない。本当は3ヵ月先のこともよくわからない。本当に3日で飽きる。3時間前に宣言したことを平気で撤回出来る。転職を3回以上しなくちゃ一人前になれないと本気で思っている。さすがに離婚3回は多いかなと思って隠している。…男性の場合。

よく言えば、恋愛体質。『女の子はこれぐらいワガママじゃないとかわいくないよね。』と、困惑顔で言わせて当たり前だと思っている。感情を理性で抑える気にならない。平凡な男性と平凡な家庭を築くのが女の幸せとは全く思えない。ロマンティックな恋に溺れたい。…女性の場合。

クラスに半数も居なかったはず。だけど、最近ご縁が深いみたいです。転職しても転職しても、こんな人たちの集団に囲まれます。きっと私は出会うべくして出会ったのでしょう。毎回居心地の良い職場で幸せ♪『日本人の半数も居ないはずなのに、これって私の運命かも知れない。』

同僚に言われました。『普通は3回以上業界内転職したら気付くはずだけどね。』3回以上して、運命だと確信したわよ?『血液型A型の同級生はどこに就職した?安定性のある都市銀行とか転勤のない地方公務員じゃなかった?』…言えてる。つまり、不動産業界に絞って転職し続ける限り、当然B型だらけの職場に居られるってことです。やっぱり私の運命だと思います。

敷地権化される前のこと

チャラい記事タイトルにして色気のない中身…誰も喜ばない記事を続けてしまったので、路線を変えます。不動産屋の女の子が微妙に避けている、区分所有建物がらみのお話です。営業マンなら苦にならないみたいですが、事務員は分譲マンションの 謄本 を取る時に困ります。

分譲マンションは一筆の土地の上に何筆もの建物が建っているので、底地の権利(所有権か地上権か賃借権)は(準)共有状態になります。一部屋だけ持っていた人が売る時は、土地について『○○の持分を全部移転』となりますが、二部屋持ってたけど片方だけ売る時は、『○○の持ち分の一部移転』。何かややこしくなりそうなので、どうせ土地の権利と建物はセットで処分するのが当たり前だからって『敷地利用権』という権利が(だいぶ前に)出来たのでしょう。

区分所有法が適用されるのだし、建物と一緒に土地の持分も処分されるのが普通だから、『○○持分抵当権設定』等の土地の登記申請を別途しなくて良いですよ~という目印が、敷地権です。建物の表題部にその登記がされていればひと安心…なハズ。『敷地権化されているから土地の抄本とらなくてもいいんじゃない?』新卒の新入社員ならそう思っていても良いでしょう。

とうのたった事務員なら知っています。敷地権化される前に土地に何かの登記がされていた場合の見落としが恐いってことを。でも、普通は取りません。最近建てられたマンションならキレイな土地に最初から『所有権敷地権』の登記がされているのが普通。過去に仲介したことのあるマンションなら、底地のことも営業マンが以前しっかり調べていたはず。『例外があるってことまでは知りません』って顔をして許される程度に、素人っぽくふるまっておくのが正解です。

まぐろ伝説

魚屋の噂ではありません。私のことです。その不動産屋では、就業中は休まず動き続け、定時になったらサッサと帰るというスタイルで働いていました。金銭感覚シビアな経営陣の目が恐くて、『時間給で雇っているパートがサボっている=浄水を流しっぱなしにしているのと同じでもったいない!』…と思われているような気がしていました。別に私は止まっても死にませんが。

ある日、定時なのに出そびれました。そんな日もございます。隣の部署の新人パートさんから声を掛けられました。『あっ、フドユリさんだ!ご一緒していいですか?』ご主人出張中でご飯を作らなくて良いのだそうです。『私の主人も今日遅くなるらしいし、お茶していきましょうか?』

その部署では、私は止まったら死ぬことになっていたそうです。社内を常に忙しそうに動き回っているので、家の中でもそうに違いない、とか。実はバイトの掛け持ちをするほどお金に困っている、とか。私に関する間違った情報を否定しておきました。貧乏だと思われたのはショックで、『注文を聞いてから作る』少々高めのハンバーガー代を奢ろうとしましたが、拒否されました。

コーヒーおかわり無料のドーナツ屋でお口直ししていると私の携帯が震えました。『やばっ!主人がもう会社出たって!』慌てて荷物をまとめて席を立つ私を見て彼女は、『やっぱりね…』と、言いました。何がやっぱりなんだかわからないままダッシュすると、駅で主人との待ち合わせに間に合いました。魔が差して、『残業してたの。』と、夫に嘘を付いてしまいました。

仕事で十分動き回ったから、プライベートで大慌てでご飯の支度はしたくない(シャレ?)。そう思った私にバチが当たったのでしょう。主人が、『ハンバーガーを食べて帰ろう』って言うので、初めてのフリをしてその日2度目のチーズバーガーを食べることになりました。『ドーナツも食べよう』とまで言われ、『2軒目まで同じ店』交換したばかりのメアドに送信しました。『やっぱりね』…と返ってきた時、これからパート伝説を作るのは彼女になるような予感がしたのでした。

顔見知りが増えました

私が共用カラーコピー機に紙を補充していた時です。自分の部署でも隣の部署でもない、もっと遠くの部署に属すると思しき社内のおじさんから声を掛けられました。『ね、君、次の週末にイベント行かない?』誰だ?!『(^^;イベントによりますが…』かなり楽しそうなイベントの招待状をもらったのに奥様の都合で行けなくなったんですって。私が代わりに頂くことにしました。

スグに招待状を渡すから席までついてくるように言われ…すごく遠いので驚きました。こんな遠くの方がなんで私を知っていたのかしら?絶対に初めてお話ししたと思うのですが。不動産のような接客の機会の多い商売をしている時、他人の顔を覚えるのが苦手というのは非常に不利です。座席表を暗記してくる等の努力はするのですが、不得手な私はかなり苦労しています。

よーくお顔を注視して、お席と名前を覚えておきました。常識的に、週明けに御礼参りしなくてはなりませんので。週明けは早目に出社して、遠巻きにその席をチェックしました。たまに他人の席に関係ない方がチョンと腰掛けることもあるので、間違いのないように気を付けなくてはなりません。先週のおじさんご本人に間違いないことを確認した上で、声を掛けに参りました。

『(´∀`)先週はありがとうございました。』すると、おじさんが起立して頭を下げながら、『これはこれは、わざわざお越し頂いて恐縮でございます!』などとおっしゃるではありませんか。【君】呼ばわりしていたはずなのに?『楽しいイベントでございました。』とまで言うと、ようやく話がつながったようです。『楽しんできてもらえて何よりだよ、あはは。』どうやら私の自意識過剰だったようです。『誰でもいいや、たまたま見えた子に渡しちゃえ☆』って思われただけの話でした。

おじさんの話

不動産屋にしては温厚(…すみません>同業者様)というのが第一印象でした。私は不動ゆり子ですって何度名乗っても、『お姉さん』としか呼んでくれません(父親ぐらい年上なのに!)。だから、お名前は存じておりますが、『おじさん』です。同じ土俵に立ってみました。

クロスワードがお好きな割に、そう得意でもないらしく、手伝わされたものです。意外に旬な話題に強いのね~…ということも、解けた部分を見ればわかりますね。でも、なぜ私と遊びたいのか、よくわかりませんでした。癒し系のおじさんと話していると疲れが飛ぶからいいけど。

『ところで、お姉さんはどういう仕事をしているの?』『不動産屋のパートですが…』 事務員の仕事 は幅広くございますが、全部説明する意味もないでしょうから、当時集中的にとりかかっていた業務についてだけ軽くお話ししました。『おじさんは主にどんなお仕事なさっているの?』

『何度も何度も頭を下げに行く仕事だよ。気の利いた手土産なんか持ってね。土地売って下さい、部屋出て行って下さいってお願いするの。』ひょっとして、怖がらせて買い取って地価を上げる商売の方?『毎回怖がらせるんじゃこっちの身が持たないじゃない?頭を下げて多めのお金を渡すんだよ。』なんだ、地上げ屋さんって怖くない職業だったんだ~。…と、安心したものですが、最近、おじさんを見掛けません。たくさん買い取れたら引退なの?

替え歌 で例えるなら、3つめ「会いたい」(不動産営業マンの歌)に近い気持ち。相場教えてくれたじゃない。地元密着型店舗とオフィスでは立ち退き料全然違うって言ったでしょ?どっちが賃料の10ヵ月分だっけ?メモとってなかったのよ。おじさん、もう一度教えてよ!…キレイに歌詞に収められません。やっぱり私は作詞の才能ございませんね。あ~あ、おじさんは今どこに?

バイク置き場

『バイクOKかも確認しといてね』…というメモを付けて、営業マンが物確リストを私の机上に置いて外出していました。定期的イベントである 物件確認 と違い、数分あれば出来る仕事…を20件分。私なら数十分とかかりませんよ♪この営業マンからの依頼の場合、全く同じ資料が途中に入っていたりするので、上から順に掛けまくる前に確認が必要です。…で、3件抜きました。

ある不動産屋さんに、『バイクお持ちのお客様にご紹介したいのですが、駐輪場はございますか?』って聞いた時、言われました。『50ccと2000ccでは全然答えが違ってくるでしょう?』おっしゃる通り!私自身、50cc(原付)以外に乗らないから気付きませんでした。

咄嗟に思いついた質問は、『では、何ccまで大丈夫ですか?』でした。『あのねぇ、大家さんに直接聞くのは私なのよ。どんなバイクが来るか知らないけど何ccまで置けますかって聞きづらいでしょ、わからない?』子供のお遣いみたいですが、調べてからかけ直すことにしました。

物確の途中ですが、ひとまず営業マンに電話。『何ccのバイクですか?』『あっ、全然聞いてなかったなぁ!』聞いてたら書いて下さってたでしょうね。『じゃ、とりあえず、何ccまでOKか聞いといてよ!』私と全く同じ発想です(軽くショック)。お客様とは連絡が取れなかったので、『総排気量を主張しない人が乗るのは原付』…と、推測し、『原付は置けますか?もっと大きなバイクも置けますか?』という質問をしながら物確を続けました。今後、バイクには気をつけましょう。

幅員、気にしてます

図面下さった不動産屋さんに、『どうしてちゃんと書いて下さらないの?』って聞きたいぐらい。物件の道路付けって大事だと思います。公道か私道か知るのも大切ってことは、私道.net を熟読して納得して下さいませ。パートが知りたいのは、道路の方角よりも、幅員です。

方角は、地図でだいたい調べられます。限りなく南向きに近い南南東っぽい気もするけど微妙…っぽく見えたら、『南東』って書いておけば苦情は来ないでしょう。お客様を騙す気はないので、それで問題ありません。でも、幅員は縮尺微妙な地図から割り出しづらいのです。

わからなかったら、即電話。『さきほどはお図面ありがとうございました。その件で…』面倒臭いとは思いますが、見過ごせないのでお付き合い下さい。『南向き4mって書いてありますが、この4mは、幅員ですか?間口ですか?』普通、間口だけ書いて幅員を書かない訳ないでしょう。きっと幅員。自分でも思います。面倒臭い女ですみません。これもお仕事ですので…。

『あのさ、御社からたびたびそういう電話ばっかりもらうけど、なんでそんなに幅員を気にするの?』愚痴っぽくなりますが、聞いて頂けます?『容積率を入力しないとエラーになって登録出来なくなるんです。』前面道路の幅員が12m未満の場合、用途地域が住居系で【道路幅員×4/10】、商業・工業系で【道路幅員×6/10】で出された数字とその場所の容積率を比べてみて、低い方の数字が容積率になります(例外あり)。『だから幅員をどうしても知りたいんです。』

ちっとも 客付け しないのにパートから質問電話と無駄な物確電話ばっかりする不動産屋、まだ同じことばっかりしているのでしょうか?転職先でのルールで、『計算せずに都市計画で定められた容積率をそのまま記載すれば良い』って言われた時、『ほんっとですか?』と、身を乗り出して喜んでしまいました。気にはなりますが、もうつまらないお電話は差し上げません。

カラ電話

不動産業界の隠語 で、『カラ電』と言うと、例の小芝居のことです。『えっ、今ちょうど別なお客さんに案内しているところなのに?そんなに住みたいの?困ったなぁ!ちょっとだけ待って下さいよ。』…書いているだけで恥ずかしくなってしまいました。そこを乗り越えて敢行中の営業マンの皆様、お疲れ様です!私なら女優になり切れず、途中でふき出してしまいそうです。

お客さんを騙して焦らせるため、会社ぐるみでやれって言われているところもあるかも知れませんね。それがいいことか悪いことかはさておき、従業員同士が心を一つにするのは良いことです。とてもまずいことが発覚してしまって営業マンが別室でコッテリ上司に絞られている時、鳴ってない電話が鳴ったことにして 天使 事務員が救出に向かうこともございますよ。

お客さんではなく、社内の人を騙すために積極的にカラ電話をかける方もおられました。やたらリアルなレスポンス(大芝居!)、『そう言われても、弊社の立場もあるのでね~』電話の向こうと会話しているっぽい迫真の演技です。みんなが、『誰だ?』って聞き耳をたてている時に、あろうことか本物の着信音が鳴ってしまいました。もちろん、一番慌てたのはご本人。

いっそのこと、割り込み音のやたら大きなキャッチホンだったことにすれば良かったのに。『そう言われてた』さっきまでの相手は放置で、『はいっ!お世話になっております!』…と、普通に出てしまいました。何か聞いてはいけないものを聞いてしまったような気がして、『本物の電話が鳴る前に喋ってた方に掛け直さなくて大丈夫ですか?』…とは、誰も聞けませんでした。

私を置いて行っちゃうの?

社内の人と喋りたくないなら、帰社しなければいいと思います。営業マンなら出掛けるのが仕事みたいなイメージですし(実際はパソコンに向かっている時間も長い気がいたしますが)。或いは、とても深刻なお電話を受けた顔をして、『もしもし?』って言いながら慌てて出て行くとか。

どなたからどんな内容のお電話を受けていた…とかいう内容をネタに喋るつもりはございません(ブログに書くかも知れませんが)。ですから、私に聞こえる場所でも気にせずご着席のまま話して頂きたいものです。気付かないフリしてますが、置いて行かれると寂しいものですよ。

あまり儲かってなかった不動産屋さんでは、よく一人お留守番をしておりました。話し相手の居ないのは寂しいので、一人でも営業マンが戻ってくると嬉しかったものです。でも、携帯が鳴るとすぐに飛び出して行かれます。また一人ぼっち。みなさん、私のことが嫌いなの?

しばらくして原因がわかりました。仕事のあと携帯の履歴を見ると、着信もメールもないのですが、ビルから離れてからセンター問い合わせすると、いっぱい貯まってました。…電波の弱い立地だったようです。着信があったことがわかる携帯をお持ちの営業マンも、ある程度の音質を保つ通話は難しいらしいので、電波の良い所へ出て行かれたのです。私が嫌われていた訳ではなかったようですが、営業する条件の悪い立地でございました。※その店舗は閉鎖されました。

※嫌われていると思って落ち込むのは少数派で、普通 はリベートを疑うものらしいです。

長期休暇

今日はココ・シャネルの誕生日。ドウデモイイデスネ ━━━ヽ(´ω`)ノ ━━━!!営業再開している不動産屋さんも居るでしょうが、まだ休暇中のところもあるでしょう。『まとまった休暇=どこか遠くへ旅行して楽しんでるんでしょう?』っていうのが世間一般の認識だと思います。

バカンスを楽しんで来られた方が、あとでまとめて読んで下さっているとしたら、『覚えていて下さってありがとうございます!』と、御礼申し上げます。お帰りなさいませ。休暇中は アクセス数が激減 するものみたいですね。私も、休暇中にまで、しかもこんな所まで、ご覧頂いている方を大切にしたいと思います。どうもありがとうございます!更新意欲がかなり上がります!!

お仕事に集中する日々を送っていると、仕事のない、長すぎる休暇が嫌になってきませんか?パートは会社滞在時間が短いのですが、私が『居心地いいなぁ♪』って思える場所が、職場なのです。冷房の効いた場所に 居られるだけでも幸せだったのに。会社がないと 暑い 寂しいです。

寂しい時、パソコンに向かってこうして記事を書いていると、画面の向こうに話し相手が居るような気持ちになれるのですよ。読んでいるだけで職場でパートさんに話し掛けられているような気分になりません?休暇中にまで不動産屋に居る気分を味わっている仕事中毒な皆さまにも、いい色に焼けてリフレッシュされて来た皆さまにも、再会出来ることを楽しみに過しました。

単純

単純に私が誤解していた話…近付いてくる男の人って結局アレだけが目的じゃないの?ブログ書いてきてわかりました。どうやら私の自意識過剰だったようです…お恥ずかしい…ごめんなさい!圧倒的多数が紳士的で、私の入力した文字をWeb上で読む以外の目的もなさそうです。ごめんなさいって気持ち以上に、嬉しいって気持ちが大きいです。どうもありがとうございます。

今までの誤解は申し訳なかったですが、やっぱり男の子の好きな世界って女の子の好きな世界と比べて単純だと思うんです。例えば少女マンガ。見分けの付きにくい多数の登場人物の複雑な思いが交錯しています。考えにふけるシーンも多く、マンガなのに活字がいっぱいです。少年漫画の場合は、『うぉりゃー!』『ボカッ』『ぐぶぅ!』等の短いセリフが大きな吹き出しで繰り広げられ、たびたび出てくる暴力シーンではパラパラ漫画のように素早くページをめくります。

女の子が工夫を凝らして人形の洋服を着せ換えている間、男の子は正義のヒーローごっこに興じています。ヒーローになりきるためには、やっつけるべき悪者が必要です。人畜無害な食パンマン人形と比べて、悪者であるバイキンマン人形の痛み方が激しくなるものです。

かつて郵便局を悪者にして勝った政党をライバル視する政党が、今回は不動産業界を悪者にしたがっているようです。他の業界ならいじめてくれても構わない…とは申しませんが、既に痛み方の激しい私たちをこれ以上いじめないで頂きたいです。単純に理解されそうな、『悪者征伐』政策を出す方が楽勝するものかも知れませんが。『○○党に入れて下さい』的なことを言うつもりは全くありませんが、不動産が悪者扱いされて、単純に熱く語りたくなってしまいました。

両手禁止などという愚策を見て、『ケンカ売られてる』ってとる方、『いじめられてる』ってとる私、慌てふためく方、色々な感じ方があると思います。 直接電話して聞いてみた方 もおられたようです。「勉強会レベル」発言に、振り回されているってこと?!でも、発表しちゃってるんですよね?…男の人の考えていることも、政治家先生のしたいことも、私にはよくわかりません。

無駄な印刷は避けましょう?

『弊社は社内でこんな通達を出しています!』っていうパフォーマンスがしたいだけなのだと解しております。むやみやたらと、『無駄な印刷は避けましょう。資源を大切に。』…などと言い始めました。会社ぐるみで地球に優しくすれば、経費も削減出来るという計算かも知れません。不動産業は紙を無駄遣いしてナンボという感じですが…また業界全体がいじめられちゃう?

以前は印刷した紙を物理的に『回覧』して、それぞれが押印して返すシステムだったのが、『各々がweb上で読んでおく』ってルールに変わりました。自分で社内専用サイトにアクセスしてマメにチェックしておく義務が課せられましたが、多忙な営業マンは構ってられません。

パートのお仕事は、『更新したからアクセスしてチェックしなさい』通達だらけでサーバーがいっぱいにならないよう、営業マンの代わりに読んでチェックしてくることです。8割方は、読まなくてもいいような内容なので(ごめんなさい)。お出かけ中にパソコンを使わせて頂いております。

2割程度、本当に重要なお知らせが紛れています。その場合、営業マンの人数分印刷してそれぞれの机の上に置いておきます。重要なお知らせが、読まなくてもいいような内容のものと同様に、『更新したからアクセスしてチェックしなさい』って知らされていることがそもそもいけません。一枚を回覧する方が印刷する紙も少なくていいのにな~とは思いつつ、回覧制度に不慣れな営業マンが失くして皆様に迷惑をかけぬよう、地球に厳しい『人数分印刷』し続けます。

資格商法

資格は資格でも、勢いに乗ってる所に便乗して不動産取引に新たな義務を課し、 資格ビジネスで大もうけ しようとしている人へ献金するような類の資格についてのお話ではございません。どんな時代が来ても、儲かりそうにないイメージの資格(…オッサン的発想?)のお話です。

友達の披露宴で媒酌人となったのは、新郎の会社の重役さんでした。会社の既婚の先輩に、『僕、もうすぐ結婚するんです♪』って言うと、『絶対にあの重役に仲人頼まないとネチネチ文句言われるぞ!』とのアドバイスをもらい、知らない人だけど頼んでなって頂いたそうです。

こなれた感じで機嫌良く喋っておられました。『新郎の○○君は、我が社のホープで…』このフレーズ、少なくとも10回は使ってきたっぽい感じでした。『そして、新婦の○子さんは、ええーっと、そんな資格なんてあるの?ふーん。紅茶の…っていう試験に最近合格したとかいう、真面目で勉強熱心なお嬢さんです。』手元のメモの棒読みではなく、アドリブが間に入りました。

その後、彼女は紅茶と無関係の業界でパートとして働き始めました。儲からない資格に受験料を支払うのはもったいなかったですが、他人に迷惑をかけた訳ではないから良いと思います。

仮にある業界のあら探しをする資格が流行した場合、ある業界に失業者が増えるかも知れません。そこで失業者たちが関連する資格をとって波に乗ろうとするかも知れません。それで ライバルが急激に増え たことで稼げなくなり、元の業界に戻ろうとするかも知れませんが…。

例えば自社で見つけた商品を自社の顧客に売ることを禁止されるような業界だと、同業他社を敵に回すと商売が出来ません。あら探しされて商談を流された同業他社が、全てを水に流して今後仲良く取引してくれるのかは微妙ですね。敵を増やして得することなんてございません。

私も敵を作るのは好きではなく、同業者様が読んでもピンと来ないような、奥歯に物の挟まったような表現しか出来ませんでした。お役に立てなくて申し訳ございません>匿名希望さま。それから…頑張ってとったとかいう紅茶の資格の名前、忘れちゃいました☆ごめんね>○子ちゃん。

あくまでパートですが、何か?

営業マンに今更な質問をされました。『ネットの謄本って何時まで見られるんだっけ?』昔より長くなりましたよね?『夜9時までイケたと思いますよ。』営業マンならそのぐらいの時間まで残業して取ることもあるでしょうに。『さすがに日曜は無理だよね~。』『基本、法務局の開いてる日でしょう。』なんでパートの私なんかに聞くのかしら?無防備な私は深く考えませんでした。

『多くてごめんね。住居表示しかわかってないんだけど、ここに書いてある物件の謄本を全部取って欲しいんだ。』ホントに多かったです!9時までに揃えられる量でしたが。なんで遅い時間にまでネットで取れちゃう時代になってしまったのでしょう(そこに文句を付けられても?)。

私が1日8時間以上労働してしたら、フレックスタイマーであってもパートタイマーではなくなってしまうじゃないですか。私、『不動産屋のパートですが、何か?』ってブログを書いていて、そんな働き方だと困るんです!…とは言えませんでした。社内に読者様がおられることは存じております。唐突に管理人の顔はバラせません(夢を売るのがブロガーの責務でしょ?)。

看板に偽りございましたことをお詫びいたします。たまにフルタイマーです。質問の趣旨を瞬時に理解しておいて、『夕方までしか謄本取れないんですよ♪』って嘘ついておけば良かったかも知れません。もし、オンライン取得が土日も出来た場合、私は非番の日曜日に謄本取るために出社しなくちゃいけなかったのかしら?簡単な質問でも即答しないのが賢いやり方のようです。

政治音痴

私は顔を出して政治の話をすることがございません。タブー視しているせいではなく、パート同士で休憩しながら話す時に、相手に興味のない話題を出せないからです。毎月のように人事異動があるので、行く人来る人の噂話が多いです。選挙特番だらけになると、『テレビを見ない人』 が増える!とかで、今のうちにDVD借りに行こう☆って話題が旬ですね(お早目に…)。

それでも政治に興味が無い訳ではございません。言いたいことを顔も出していないのにハッキリと書けなかった私と違って、顔と名前を出して言いたい事を書いて下さった方もおられました(該当記事が削除されたためリンク消しました。期間限定の良記事だったみたいです)。隠された目的 に気付く方が増えると良いですね。私は色々読みながら悩んでいるところです。

不動産業界をいじめる所には絶対に投票したくありません。そして、パートという中途半端な立場の居心地の良さをかみしめている今、『正社員にあらずんば労働者にあらず』っぽい運動をされるのは、私にとってありがた迷惑…。派遣業界さんは多分もっと迷惑してそう…。

悩みぬいて、結論を出したいと思います。何年前だったか、それぞれの候補者の主張を読み比べて、トータル2時間以上かかったと思います。『やっぱりこの人に決めた!』って投票した候補者さんが居ました。私はテレビを見る人なのでジッと見ていますと、開票されると同時に、その方が『当確(当選確実)』になりました。1秒で答えが出る問題を解くのに2時間かけていたということです。今回は1秒で『当確』の出る候補者さん以外を選ぶことになると思いますが。

イライラした挙句

女性は時々、理不尽にイライラするものです。わざわざ、『別れよう』って伝える日をイライラしている日にぶつけてくる悪い男性も居るようです。あとで変な言いがかりをつけられることを防いでいるつもりなのでしょう。悪人に徹する方がフラれた女性のショックが軽くて済みそうですが…。着床出血はいかにもアレっぽいタイミングで起こるものなので、お気を付けあそばせ♪

そういうイライラのせいなのか、突然残業するように言われたから突然イライラしてしまったのかは書きません。頼まれたお仕事の量が多いことが、余計に私のイライラに拍車をかけました。地番がわからないけど住居表示から調べて謄本を取れ、と。根抵当権 がついていて 共担目録 から芋づる式に取れる物も確かにございました。担保一つだけなら良いお話ですが。

謄本 をA4縦で出力しても、共担無し乙区だけで10枚ぐらいになる土地でした。担保が多すぎてWebでは共担を付けて頂けませんでした。公図に イロハ すら書いて下さってない(多分、地番の記入漏れ)部分の謄本も取りたかったのですが。隣地の 地積測量図 で地番を特定出来るかも知れないと思いましたが、そちらはオンライン取得出来ませんでした(イライライラッ!)。

営業マンが豆鉄砲を食らったような顔をしているのを見てようやく、私は無意識のうちに言ってしまったセリフを思い出しました。『車を使えば10分で着くでしょう?ご自身で法務局に出向かれれば、地積図あげるなり最終共担だけ付けて頂くなりして、もっと効率よく揃えられますよ。』営業マンに走って来いだなんて…ヤダッ!私ったら何言ってんの?!…以後、気を付けます。

マンションを買う女性

不動産屋は言わないでしょう。『一旦実家を出ると、二度と戻る所がなくなりますよ。』…だなんて。言わなくてもわかってるからいいと思います♪出ざるを得ないプレッシャーも多方向からございますので、私たちが新しいお住まい探しのお手伝いをさせて頂いております。

だいたい最初は賃貸で暮らしてみてから、住んでいるうちに環境の変化等を待つスタイルをとると思います。女性の一人暮らしをあまり推奨したくありませんが、実家に居られないプレッシャーから逃げるためなら、危険で不安な生活に逃げ込むのも仕方ないとは思います。

昔は違和感ございました。『○○さんがマンション買った』っていう表現に。マンションという言葉の意味を、『居住用物件一棟まるごと』だと思っていたのですが、世間では、『共同住宅の専有部分』ということになっているようです。賃貸でしばらく暮らしても特に良い変化もなく、ただ不便や不満、何となく焦りを感じるだけになってくると、今度は分譲マンションを買おう!という話になってくるようです。どういう訳か、女性は新築にこだわるようです。潔癖な人が多いせい?

『不動産なんて資産を持ってしまったら誰も嫁にしたがらなくなるかも?』って焦りは不要です。私の周りにも新築マンションを買って間もなく彼氏が出来てその後結婚してそのまま新居として暮らしている人が居ます。買うことで良いご縁が近付いたのかも知れません。なぜか…?

親元から通勤してマンションを買えるぐらいに貯金もしっかりしてきた女性に多いセリフ、『女だからってバカにしないでよ!何よ!こんな会社辞めてやる!』…を、言わなくなります。ローンを抱えているでしょう?クビになったら困ります。左遷されても困ります。『コレぐらい、忙しくても気を利かせてやっといてくれて良かったハズでしょ!』と言っていた代わりに、『ご多忙の所、恐れいりますが、コチラもお願い出来ますか?』って言えるようになります。モテますよ♪
 | HOME |  ▲ page top