管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

業者さんのお土産

私が個人で自社以外の会社に立ち寄る際は、当然、菓子折り持参です。大人が訪問するのですから、当たり前です。

業者さんが業者さんを回る場合は、菓子折り無しが多いです。小学生が遊びに誘っているみたいにも見えますね。小学生と違って、『おっ?またカワイイ子増えました?よろしいですね~♪』なんてサービストークを聞かせてくれることがあるので、手ぶらでも全然構いません。息子が宿題している途中でも、『○○ちゃんが遊びに来たわよ~』って呼びますよ。本物の小学生が、『今日もお母様お綺麗で♪』…とか言うと気持ち悪いですが。

菓子折り持参の業者さんもいらっしゃいます。絶えず女性従業員の人数を聞いて下さるのでマメに申告します。女性限定でショートケーキを買ってきて下さることも♪社長、だーいすき!

たまに駄菓子を山盛り持ってきて下さる業者さんもいらっしゃいます。軽いから負担ではございませんが、両手でかかえるのが大変な量です。なんと大げさなパフォーマンス!大げさに、『こんなにいっぱい?どうもありがとうございまーす♪』とリアクションするのですが、これがとても疲れます。この業者さんの山盛り駄菓子は、パートを帰したあとの打ち上げで消費され、その日のうちに消えます。味はだいたい想像できますが、私は一度も食べたことがありません。

わざわざ持ってきて下さった業者さんに、『私は一つももらえないのですが、社員さんは喜ぶでしょう。ありがとうございました。』…なんて言えませんし、一応、求められるであろうリアクションをしております。しかし、嬉しくもないのに嬉しいフリをするのは疲れます。

お金を使っているのに、『面倒臭いもの受け取っちゃったなぁ』…と思われるのも損ですね。受け付けたパートのおばさんにもれなく、『おキレイですね♪』と言うのはタダなので、トークで頑張っていただきましょうか。…キレイだと思ってないのにキレイだと言うのも、疲れますか?

本日2度目の記事まで読んで頂き、ありがとうございました
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へビジネスブログ100選
ブログランキング参加中です。よろしければ、クリックお願いいたします。(いつもありがとうございます)

離婚が原因

一人で住むより二人で住む方がトータルでおトクです。立地等の条件が同じ場合、1Kの賃貸マンション2室の家賃合計より、2DKの賃貸マンション1室の家賃の方が安いはずです。ただ、離婚目前の家庭内の空気の重さは、おトクだからと言ってわざわざ味わいたいものではありません。本来、お勤めから帰ってきて癒される空間であるべき家庭が、最も激戦区。家路について自宅の前でホッとするのではなく、余計に気合を入れなくてはなりません。

婚約指輪を選ぶ時、『これが私の価値の証明になるんだから、もっともっと高いのにしようよ♪』と言ってみると、『これ以上出したら洗濯機が買えなくなっちゃうぞ。ダイヤの指輪つけたまま靴下を手洗いするつもりかよ?』なんて…。今思えば楽しく値交渉したものです。同じメンツでも、手切れ金の値交渉をする時、『これっぽっちが私の価値だって言うの?バカにしないでよ!』と、険悪です。

私の場合、維持費がとても高くつきます。ピアノと車を所有するので、一人で住むにしてもある程度の家賃がかかります(ワンルームではなかなかピアノを搬入できません)。車の維持費もかかります。化粧品も衣類も、そこそこかけています。生活水準を落としたくありません。

扶養控除範囲内の収入では家賃すら払えないため、離婚前提で退職したことがありました。本当は退職してすぐにフルタイム(出来れば正社員)で働ける会社に転職したかったのですが、当時の勤務先の仕事内容も人間関係もストレスが多く、家庭は険悪で、胃に穴があきました。就職活動は完治後すぐに始めるから、しばらくタダで家に置いてほしい、と、懇願し、まずは退職だけしたのでした。

職場のストレスがなくなると、気持ちがおおらかになります。小さなことで怒ってケンカするのがばかばかしいと思う余裕が出来ました。お手洗いを使ったあとは便座を上げっぱなしにしないでちゃんとフタをしめましょうってルールは確かに作ったけれど。お仕事で疲れて帰ってきて、家の中でもルールでがんじがらめにして悪かったわね。転職は何度でも出来ますが、再婚はそう簡単に出来ません。離婚する前にパートを辞めてみて冷静になると、不思議と円満解決できることがあります。辞める順番に気をつけましょう。

今晩のブログも最後まで読んで頂き、ありがとうございました
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へビジネスブログ100選
ブログランキング参加中です。よろしければ、クリックお願いいたします。(いつもありがとうございます)

財産分与

登記簿上の無機質な文字も、見る人が見れば、色んな人間ドラマが伺えます。『破産』『差押』不動産の所有権名義人の方には、こうハッキリ記載されます。不動産の所有権を移転する場合の原因は、不動産屋さんが関わる場合は、『売買』がほとんどになりますね。売ることなく所有し続けて所有権登記名義人が亡くなった場合は、『相続』を原因として相続人名義に移転登記をします。

離婚を原因として移転する場合も、登記簿に記載されます。そういう物件を媒介していると、詳しい事情を聞きたい旨、業者さんからお電話を頂くことがございます。『離婚なさったことは事実ですが、今回ご売却なさるのは別な理由でして…』的なプライベートなご説明はパートの口からはいたしません。担当者から折り返させます。

近いうちに日本中の登記簿がインターネットで料金さえ払えば見放題になるでしょう。私なら移転登記の理由も考えたいところです。脱税と思われても困りますし、担保がついているとややこしくなりそうですね。虚偽の登記をすると犯罪になりますし。

銀行系の保証会社から、取立てが厳しそうな会社へ抵当権移転登記がされていると、買い換えたいと言われてもローン無理かも~という臭いがしてきますね。逆に都市銀行が根抵当でもつけていると、無担保よりいい香りがするかも知れません。悪いことをすると、どこかでバレます。借りたお金はきちんと返しましょう。

本日2度目の記事まで読んで頂き、ありがとうございました
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へビジネスブログ100選
ブログランキング参加中です。よろしければ、クリックお願いいたします。(いつもありがとうございます)

投資家気取り

不動産業に興味がなければ一生接点のなかったような方々をチラッと拝見することがございます。投資家の皆様。レベル高いです。レベルの高い集団の中で生活なさってきたのでしょうからご存知ないかも知れませんが、世間の平均はもっともっと下です。仲介業者の大半は、投資家の皆様より下に居ます。

親からもらったお金でビル一棟ぽーんって。現金で買って家賃収入が入ります。多分、私が知らない方法も色々使って潤沢な資金を投資なさっているのでしょう。大きな物件を媒介すると手数料も沢山頂けます。ありがたいです。ローンを組んで収益物件をご購入される方もいらっしゃいます。銀行に預けるより利回りよろしいですし?住宅ローンの返済であっぷあっぷでないからこそ、別のローンが組めるのでしょうが。

投資をしていない者からすれば、『なんで借金してまで投資用物件買うの?』と、疑問に思うのです。『現金がたまるまで不動産買わない方がいいですよ』…なんて言うと手数料が入りませんし、お客様には言いません。手元に現金を残しておいて、ローンで購入してその担保もその物件でまかなう。…みたいな、投資家さんならではの美学があるようですが。

我々庶民からすれば、借金の返済が滞っているという記録は恐ろしいものです。『生活必需品じゃないけどローン組んで返せなくなったから助けて~』と言ってかじれるスネはありません。余分な貯蓄もございません。それでも投資用物件が売れるのは、余裕さえあれば儲かるからなんでしょう。賢そうな方が買っていかれますし。

持って生まれた貧乏性。悲しいことですが、一時間いくらかでチラシを刷って時給を貰い、一枚いくらかでチラシを撒いて歩合給を貰い、文字通り汗を流した分だけ給料を頂く生活をしていると、『あ~労働したなぁ』…と、充足感を感じるのです。

身の程知らずに、なけなしのお金を投資してみました。キャンペーン中で初めてのお客様にこんなにキャッシュバック!みたいなのがあったので、つい…。今まで興味のなかった経済ニュースで真っ青になっております。ニュース見るのがイヤになりましたが、気になります。…やっぱり私には、流した汗に比例して報酬を頂く方が向いています。

今晩のブログも最後まで読んで頂き、ありがとうございました
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へビジネスブログ100選
ブログランキング参加中です。よろしければ、クリックお願いいたします。(いつもありがとうございます)

投資家さんと雑談

ものすごい失敗をやらかしかけたことがございました。
…いえ、やらかしたのですが、運よくことなきを得たのでした。

売主さんと買主さんと一緒に雑談をして場を持たせないといけない機会があったのですよ。私は接客が苦手ですのに。大きめの案件でした。マンションですけど、まるまる一棟です。買主さんは、都銀でらくらくローンが組めるお客様で、お父様が資産家らしいです。対照的に、売主さんは…賢そうな方でした。それまで何の問題もなかったのです。

買主さんはいかにもボンボンらしく楽観的な方で、『楽しみだなぁ、自分のマンション♪』と、ゴキゲンです。売主さんに、『そもそも儲かるマンションを手放すのはなぜなんですか?』と聞くと、『固定資産税の支払いとかキツイですから…大変なんですよ、マンション所有するのも。』と、即答されました。

しまった!買主さんの前でした。

やっばー!と思っておそるおそる買主さんを見ると…。相変わらずルンルン気分で、『そうだ!集合ポストのチラシ片付けてくれる人も交通費のかからなくて時給が安く済む人を見つけて、経費をもっと浮かせてみよう♪』と、独り言をおっしゃっています。

助かりました。

既存のチラシ片付けてくれる人がいつどうやってリストラされたかなんてことは知り得ません。買主側の業者さんが、『もう借金してまでマンション買うのはこれで最後にしなさいよ。』と、最後に言っておられましたが、買主さんは聞く耳持たず、『ううん。もっともっといっぱい俺のマンション持つの。楽しみだなぁ♪これからもヨロシクね!』なんておっしゃってました。

聞く耳持たない前向きなお客様、大歓迎でーす!

本日2度目の記事まで読んで頂き、ありがとうございました
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へビジネスブログ100選
ブログランキング参加中です。よろしければ、クリックお願いいたします。(いつもありがとうございます)

好きなんです

気持ちが止められません。たまらなく好きです。ハンパじゃないハマり方しています。

50mの巻尺を軽々と持ち上げるその姿。【売土地】の看板と木槌を持って颯爽と歩く姿。『もぅぜーんぜんダメです、困ってますよ。社長、いい案件こっちにも持ってきて下さいよ。』…とか言いながら、すごくいい案件の卵を隠す話術。見たことないけど、どノーマルの白色セダンをスイスイ運転する姿も妄想。

もし、生まれ変われるとしたら?不動産屋で営業したいです。女性ではなく男性として。いつクビになるかわからない危機感、来月は坊主になるかも知れない強迫感。スリリングな業界こそがハードボイルド、男の中の男の世界。

飲みすぎると、『そんなに好きなら不動産業と結婚すれば良かったんじゃないの?』と言われるまで、熱い思いを語り続けてしまいます。『だからさ、どうやったら私がイイ感じの不動産屋さんたちからプライベートで誘われるかって聞いてるのよ。ちゃんと真面目に考えてよ!』と、友達に怒られます。『生まれ変わったら不動産屋の営業マンになって、毎晩でも誘うんだけど…。』『私は現世を生きてるの!』

不動産屋の営業マンに誘われたつもりで飲んではくれないものでしょうか?多分、女の子を飲みに誘っても、『巻尺が重たい』とか、『大きな看板は持ち歩きにくい』…とかいうお話をなさってるんでしょ?そういう話に萌えます♪

今晩のブログも最後まで読んで頂き、ありがとうございました
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へビジネスブログ100選
ブログランキング参加中です。よろしければ、クリックお願いいたします。(いつもありがとうございます)

事務員さんへアドバイス

特にプライベートなお誘いにつながる出会いを求めている女性には言いたいのです。簡単、簡単。『私、パソコンとっても弱くって。わからないところがあるんだけど、見て下さらない?』
10人に言って1人も持ち帰れないことは無いと思いますが…試してないからわかりません。

『だけど、あなた1人暮らしだから、そういうことはしない方がいいと思う。』
この手のアドバイスには、ちゃんと耳を傾けてくれます。たいてい誰でも。
(親と同居中の女性宅にやましいこともないのに親の在宅中に訪問するのが賢明な男性の取るべき行動かどうかについては述べません)

『せめて意中の男性の前ではキレない方がいいよ』
…みたいな痛い所を突くアドバイスに従ってくれない人が多いです。独身のお嬢さんには。

若い不動産屋さんは爽やかでかっこいい子が多いですね。いくらでも遊びに来て下さいね。
特別かっこいい子が来ました。残念ながら今、営業マン外出中ですが。お茶も出さずにお帰しするには惜しいです。業者訪問に無関心気味だった事務員さんまで出てきましたよ。
『すみません。もう帰ってくる時間なんですが、遅れているみたいです。』
私が言ったまんまじゃないですかっ!

あんまりお気に入りみたいなので、頂いた名刺を預けておきました。
『ほーんと、カッコイイ営業マンでしたね~♪』
ヤバイよ、あーゆータイプの不動産屋は。『ほーんと、モテそうですよね!』

ううん。かえって、前から言っているアドバイス『無職の彼氏にはぼちぼち見切りを付けた方が…』に従って頂くためには、カッコイイ営業マンを利用するのもアリかも知れませんね。
『指輪、していませんでしたよね。』営業マンくん、感謝してよね!

耳から聞こえるアドバイスに従えない方は、体で覚えて下さい。

本日2度目の記事まで読んで頂き、ありがとうございました
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へビジネスブログ100選
ブログランキング参加中です。よろしければ、クリックお願いいたします。(いつもありがとうございます)

寺子屋不動産

それはそれはかわいそうな不動産屋さんのお話です。どちらかと言えば、人生でお利口と言われたことのないようなタイプの営業マンが多い不動産屋さんでした。

会社によっては定義が違います。
○入社条件
○3年以内に取らないとクビ
○みんなの憧れ

その不動産屋さんでは憧れの対象である、【宅建主任】。持っているのは管理職だけですが、5人に1人の割合ですから法律上問題ありません。憧れるだけではなく、取れば出世の道が開きます。

5問免除を受けているはずです。この道10年のベテランさんたちです。…なぜか世間の合格率より低いのです。これが学習塾なら大問題ですが、月謝をとっているのではなく、月給を支払っているのです。合格率が低いことぐらいでは倒産の危機にはさらされません。ある年、久々に合格者が出ました。みんなでお祝いしましたが、途端に大手不動産会社に転職なさいました。

資格のない営業マンに給料を支払って大手へとエスコートする…そんな悲しい会社で良いのでしょうか?私は経営者になったことがございませんが、合格したらサヨウナラと言われる不動産屋って何か経営方針が間違っているような気がします。入社条件として資格が要らないので、転職してくる人はいくらでも居るのですが。

今晩のブログも最後まで読んで頂き、ありがとうございました
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へビジネスブログ100選
ブログランキング参加中です。よろしければ、クリックお願いいたします。(いつもありがとうございます)

戦う主任候補

若い頃はおてんばでした。暴れてストレス発散して回りたいのはやまやまですが、女の子がむやみやたらとケンカ売り歩くのはみっともないです。

満員電車はウサ晴らしに丁度よかったですね。後ろめたい事のあるおじさんは、相当攻撃されても文句を言いません。私服(ある意味制服?)刑事のおとり捜査じゃなくてよかったでしょ?黙っててやるから慰謝料よこせ的な商法があるなんてことは、だいぶ大人になってから知りました。制服パワーで相当寄ってきましたよ。攻撃なんてバカなことせずに商売していたら相当儲かっていたはずです。今の私が制服を着ていたらかなり怪しい姿ですが。

満員電車で大人の女性に寄ってくるおじさんは、なかなか『相当な反撃』をされないように用心なさいます。極端に不自然な動きもありません。でも、車内全体からして、私の周辺だけ妙に混んでいませんか?あまりによっかかってくる方には、『何か?』と言ってみますが、『失礼しました。』と、紳士的なお答えです。自意識過剰かなぁ?とも思っていたのですが…。

受験勉強中の急いでいる朝、ブックカバーをつける余裕もなく参考書をそのまま持ってきました。妙に周辺が混んだ状態で開いた本は【民法】。なぜか、私の周辺が急にすきました。味をしめて、宅建業法も建築基準法もその他法令もぜーんぶ【民法】のカバーをつけて広くなった車内で読みました。

おじさんたちの恐れるべき法律は、民法じゃなくて刑法とか迷惑防止条例とかじゃないんですかね~?ご自分のなさっていることがどの法令に触れるかぐらいは勉強しておいた方が良いかと思いますよ。

本日2度目の記事まで読んで頂き、ありがとうございました
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へビジネスブログ100選
ブログランキング参加中です。よろしければ、クリックお願いいたします。(いつもありがとうございます)

あとで還付します

お金の計算がすごく苦手です。簡単な暗算もできません。それに引き換え、不動産屋の営業マンの税金計算ってなんて緻密なんでしょう!専用の電卓がまぶしく見えます。

転職が多いせいなんでしょうけど、私は確定申告をよくしてきました。何回しても慣れません。年に1回程度だとやり方忘れてしまいますし。いつも期限ギリギリにうーんと唸っています。唸らないといけないほど返して貰える訳ではありませんが、持っている権利を主張しないと国家に負けているような気がしますので。

毎年、『不動産屋の営業マンの奥様なら、全部こんなことご主人に任せてらっしゃるんだろうなぁ。羨ましいなぁ。』と思ってきました。成績もよくて、当然税金の計算なんてお手のもの。良くも悪くも不動産屋らしい営業マン。毎年、年末調整には参加せずに、確定申告書を持ち込むらしいのです。

『なんでそんな面倒臭いことなさるんですか?みなさん年末調整に書類出してらっしゃいますよ?』と、聞いてみると、『年末調整は給料と一緒に振り込まれてしまうじゃない。確定申告は振込先を自分で指定できるもんね。』って。裏金でお小遣い稼ぎをして、奥様のご存知ない所で遊んで来られるようです。

主婦向けの雑誌にも、年末調整とか確定申告とか特集組まれてますけどね。バレないものなんですね。あとで夫の裏金を知るとショックを受けそうですし、私は地道に自分で確定申告いたします。気付かない奥様はラクで幸せですね。やっぱり羨ましいです。

今晩のブログも最後まで読んで頂き、ありがとうございました
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へビジネスブログ100選
ブログランキング参加中です。よろしければ、クリックお願いいたします。(いつもありがとうございます)

ご主人レンタル

トップセールス営業マンの武勇伝を伺うのが好きです。炸裂する話術であの手・この手…どんどん契約をまとめてこられます。けれど、最近感動したのは、ご家庭での話。結婚記念日で、奥様に高級エステをプレゼントしたのですって。事前にエステの方にしつこく念押ししたのだそうです。

『いい?ウチは大金持ちでもないし、エステになんか行ける身分じゃないんだよ。だけど、結婚記念日だから特別に気分よく過ごして欲しいから無理して行かせてやるんだよ。不快な思いなんか一つもさせたくないからね。絶対の絶対に、セールスはするな。何も売りつけるなよ。それが約束出来るんなら、一番いいコースの予約を入れるから。』

…で、とても気分よく過ごして来られたとのこと、とても感謝されたそうです。年に一度とは言え、気分いいですね。羨ましい限りです。私も年に一回ぐらい、とても気分よくエステの一番いいコース受けてみたいです。二番煎じですが、マネしてみよう!と、思いました。

ええ~っと…。自分の年末調整の書類を揃えるのも妻任せの無防備な主人に、『絶対の絶対にセールスはするな!』なんて予約電話が出来るでしょうか?私が自分で予約して自分で、『事前に言っておきますが、絶対の絶対にセールスしないで下さいよ。』と、言うのでしょうか?それをするぐらいなら、現場で伝家の宝刀 『 不動産屋なんです 』 をチラつかせながらうまくかわす方が、お互い気分よくありません?

人様のものだとは重々承知しておりますが、ご主人貨して頂けないものでしょうか?何も疑わずに不快な思いすることなく過ごせる、幸せな奥様になってみたいのです。もちろん、貸して頂くのは予約電話を入れる時だけで結構なんですけど。

本日2度目の記事まで読んで頂き、ありがとうございました
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へビジネスブログ100選
ブログランキング参加中です。よろしければ、クリックお願いいたします。(いつもありがとうございます)

善人集団

緻密な計算・繊細な調査・雄弁な話術…不動産屋の営業マンは、ウットリするようなスキルをお持ちの方が多いです。
見た目も爽やかですし、パソコンも上手にお使いですよね。

なのに、なぜ?
若輩者の私が言うのもなんですが、子供みたいなケンカする人、多くありません?
仲間のためのケンカは見ていて気持ちよかったですが、つまらないことでケンカしている営業マンも、よく見かけます。

いい人が多いせいでしょうか。

東西方向の信号も青。南北方向の信号も青。
…なんてこと、ありえないでしょう?

あっちもこっちも正しいんでしょうか?
たまには言ってみて下さい。
「自分が悪い」って。

お客様にはむやみに言わないで下さいよ。
「不快な思いをなさっていること、大変残念に思います」程度で陳謝して下さいね。

今晩のブログも最後まで読んで頂き、ありがとうございました
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へビジネスブログ100選
ブログランキング参加中です。よろしければ、クリックお願いいたします。(いつもありがとうございます)

良い不動産屋

不動産を買いたいとおっしゃるお客様に物件を紹介して手数料を頂くのが不動産屋の仕事です

○何か紹介して納得して貰えるように話術を磨く
→これが基本スタイルかも知れません。

○たな卸し在庫を無理矢理押し付けるために話術を駆使する
→ちょっと悪い不動産屋さんかも知れません。

○お客様がおっしゃるニーズのほか、隠れたニーズ(お子様が成長してから出てきそうな問題など)も満たすような物件を厳選してご紹介する
→良い不動産屋さんですね。

○お客様が気にいったらしい物件の弱点を見抜き「それはやめておいた方がいい」と進言する
→とても良い不動産屋さんですね。

私は元来とても素直な人間ですので、相手の言うことは原則鵜呑みでした。
ですから、頑固な人の気持ちがわかりかねる場合がございます。

なぜ、不動産屋がプロの知識と経験で、「やめておいた方が…」と、進言しているのに無視なさるのでしょう?当然、ご購入なさってからとても良い不動産屋さんの予言通りの困った事態に陥るのですが。

人生の途中で何かよっぽどのことがあって、他人のアドバイスが全部ウソに聞こえるようになったとか?それとも、とても良い不動産屋さんの人相がたまたま悪いから言う通りにしたら絶対に損をするとでも思われたのでしょうか。

買って頂くことで生計を立てている不動産屋が、「やめておいた方が…」と、進言する場合、よっぽどのことです。「今すぐ買った方が…」とのアドバイスは従って良い場合も別に従わなくて良い場合もございますが、買わない方が…とのアドバイスに従って損することはないと思いますよ。

ごくまれに、買いたいとおっしゃるお客様ご自身が社内のブラックリストに載っている人物なので取引禁止されているとか、不動産屋側の都合で仲介をご遠慮させていただくこともございますけどね。

本日2度目の記事まで読んで頂き、ありがとうございました
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へビジネスブログ100選
ブログランキング参加中です。よろしければ、クリックお願いいたします。(いつもありがとうございます)

理想の価格

区分所有の一室と言えども、マンションって大きな買い物だと思うのです。不動産屋任せにせずに、多少はご自分でも勉強されてみてはいかがでしょう?

日本みたいにこれ以上発展しそうにない国で、立地の悪い中古マンションが新築時の倍以上の価格になるとは思いません。『国家が建替費用の大半を税金で補助してくれる』…という制度があるならともかく、日本政府にそんな予算はないはず。使える年数は減っていきます。建替までの年数が年々短くなるのです。

駅から遠いマンションは、価値がどんどん下がっていくものだと自覚して下さい。住めなくなるほど朽ちていく前に相続その他で土地を所有する見込みがあるとか、お子さんが小学校に通う6年間だけとか、時期に応じた買い物としては、お勧めしますけど。

どういうお考えで購入されたのかは詳しく知りませんが、条件のよくない中古マンションを売却しようとしているお客様がいらっしゃいました。査定より相当高い価格でないと媒介取れないので、渋々、高い価格で出しました。ご案内もしました。

相場で売り出してリフォームまでなさっている隣室にお客様が買い付けを入れたそうで、同業者に変な意味で感謝されました。弊社もそっちを媒介したかったです。売る気、あるんでしょうか?現実を見て頂きたいです。どんどん価値が下がっていますよ。

高く売れない営業マンの腕が悪いとか言わないで下さい。価格変更に応じないお客様のせいです。…って言うか、そういう頑固なお客様にかまっているせいですね。『 いつまでたっても売ることが出来ない不動産屋 』 としてそのマンションでは有名になってしまいました。隣室を売った業者さんは人気です。とほほ…。

今晩のブログも最後まで読んで頂き、ありがとうございました
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へビジネスブログ100選
ブログランキング参加中です。よろしければ、クリックお願いいたします。(いつもありがとうございます)

されど売案件

相場と乖離した価格を見直してくれない。正直、誰もこんな物件買いたくないと思う。出来ればあまり関わりたくないタイプの売主さん。色々いらっしゃいますが、ご売却の媒介を頂けたら、お客様には違いありません。

最低限、法律で定められた頻度で報告書を送らせて頂きます。社内の報告書にも、 『 未だにバブルの頃の感覚を引きずっておいでで、価格変更に応じません。静観中。』 …など、より正直な感想も書いております。物件が一つもないよりは、ある方が良いのです。社内的に。売案件が一つもないと、上の者から、 『 業物をホームページにもっと登録しろ。 』 とか言われますから、媒介物件があると助かります。

ただ、売れる訳ない条件の案件は、報告書作成以外の活動はいたしません。売れない直物件よりも売れそうな業物を広告する方が効率的ですし。本当に売れそうな案件で多忙になってくると、売れる訳ない案件の報告書が面倒になってきます。3ヶ月に一度の媒介更新を切ってもらえるよう、色々仕向けてみたくもなります。もちろん、苦情が来ない程度に。

正直言うと、売れない物件を放置するだけでは誰の得にもならないことは知っています。プロとしての意見を取り入れて、すみやかに売却できるように協力して頂けましたら幸いです。売却できないと手数料頂けませんし、本当は売りたいのです。

本日2度目の記事まで読んで頂き、ありがとうございました
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へビジネスブログ100選
ブログランキング参加中です。よろしければ、クリックお願いいたします。(いつもありがとうございます)

遡及効

※『遡及効』と書いて、『そきゅうこう』と読みます。日本の法律は、その行為の時よりあとに出来た法律によってより厳しく裁かれることがないようになっています。あとから制定された厳しめの法律の効果は過去に戻って遡及(そきゅう)しないという意味です。

パートの私を不動産屋だと思われても困るですが(…とはお客様には言えません)、たまに知人から不動産屋だと思われて難しい相談をされて、困ります。ご自宅を約10年前に建築した知人が『家のことで相談したい』…と。あれこれうるさくて厚かましい方だから?細部にまでこだわって何度もやり直しさせたというお宅は10年たってもいい状態だと素人目には見えましたが。

「住宅メーカーに点検してもらおうと思うんだよ」
「ん?雨漏りとか困ったことでもあるんですか?」
「いや、問題は一つもないんだけど、住んで10年たつから」
「10年後にメンテナンスに来ますとか言われてたんですか?」
「そうじゃなくて。ほら、新しい法律が出来たそうじゃない」

確かに品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)は出来ましたが…。それよりもっと前に建築なさったのでは?

かなり好意的に解釈すると、法律が出来たことで、誰でも建築後10年以内なら無料で点検してもらえてどこでも無料でよくしてもらえる、と、思ったらしいです。

ちがいますよ!

法律施行後で新築住宅の引渡しを受けてから10年以内であれば、重要な部分について瑕疵を見つけた場合に無料で修繕するよう請求できるという意味ですよ。

『せいぜい2年間問題なければいいやと思って建てた建築業者さんが、あとから出来た法律で10年間保証をつけろとか言われたら困るでしょ?』から、『仮に他人の頭をこづいたあとから<人の頭をこづいた者は、死刑とする>なんて法律が出来て死刑にされたら困るでしょ?』的な例えまで持ち出して、法が遡及しないことを説明しました。納得してもらったはずですが。

その後届いた年賀状に『それでも今年は10年保証目指して頑張ります!』と書いてありました。勝手に頑張って下さい。私にではなく、住宅メーカーにかけあってみてちょうだい。相手にされないかも知れないけど。…いちいち相手にする私が悪いのかしら?

今晩のブログも最後まで読んで頂き、ありがとうございました
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へビジネスブログ100選
ブログランキング参加中です。よろしければ、クリックお願いいたします。(いつもありがとうございます)

注文建築

私は頭を使うのが苦手です。極力何も考えたくありません。かと言って肉体労働に従事して稼げるほどの体力もないので、そこそこ頭を使いながら労働しております。

本音を言うと、車は新車じゃなくて中古車を買うのが好きでした。ネットとか雑誌とかで自分好みにカスタマイズされた車に出会うと、『やった♪』と、会いに行ったものです。たまに、『はぁ?』なチューニングに遭遇することもありますが、センス抜群な車に出会うと、『 前のオーナーさんはどんな方だったのかしら?』と、余計なことにまで興味を持ってしまいます。

今では出資者の意思に従います。新品好きで新車がいいというので新車です。ルームミラーを交換したり小回りハンドルに替えたりしてはいけないのだそうです。いわんや、足回りをや。

ボディカラーや内装の色、付けたいオプションの種類で決める車の等級。車種を決めても、自分で考えることがいっぱいです。何も考えずに走る方が好きなのに、乗る前から考えることだらけで、疲れました。給料が入るごとにちょこちょこいじっていく中古車と違って、新車は最初に全部決めるのです。

おうちは、センス抜群な施主さんのお古が欲しいです。他人のおうちのシステムキッチンに、『 おおー 』 と、感動することが多いのですが、自分で全部決めろと言われたら面倒くさいです。壁紙もフローリングも何色でもいいです。間取り図を見るのは好きだけど作るのは好きじゃありません。

かつて、センスの悪い注文住宅に住んでいたことがありました。格好悪いので詳細は書きませんが、売却したら、『 古家付土地 』 になって、もうちょっとセンスのいい家が建つのでしょう。設計士さんのアドバイスを聞き入れず、妙なワガママばかり通すと、あんなに変わった家で暮らすハメになる、ということを体験しました。建築する資力があるけどセンスのない人におかれましては、よーく話し合ってプロの方のアドバイスに従われることをお勧めします。

本日2度目の記事まで読んで頂き、ありがとうございました
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へビジネスブログ100選
ブログランキング参加中です。よろしければ、クリックお願いいたします。(いつもありがとうございます)
«  | HOME |  ▲ page top