管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

出世しないタイプ?

不動産業界内では 血液型 が偏っているという事実を閑散期に力説していると、お局様に言われました。『よし!統計をとってみよう♪』イケメン営業マンに、『相性占いをしたいので~ぇ、あなたの血液型、教えて下サイ♪』って聞きに行くのは私の役目ではございません。

お局様が責任を持って集めたデータがだいぶ揃ってきたところで、言われました。『あとは、●●さんと▲▲さんだけなんだ。よろしくね。』 関わりたくないなぁ。 おいしい所を食い荒らされたあとで冷めたピザが回ってくる…よくある話です。極めて事務的に問い詰めて参りました。

部署ごとに集計しても、男女別に集計しても、偏り方は同じです。それでは面白くならないので、役職ごとに集計してみることにしました。『うそっ?!』全体を占める割合が高いはずの血液型の人が、管理職には居ないことが判明しました。ええーっと、きっと独立心が強いから、社内で出世する前に退職しちゃうのかしら?中には仕事の出来る人だっておられますもの(汗)。

この話には面白くないオチがついて回りました。詰問調で接してきたつもりの▲▲さんが私の顔を見るたび、『ども!B型○○座の▲▲でーす♪』って話しかけてきます。一回聞いたら覚えられますからもう結構です。出世しそうにない男の生年月日にも興味ございませんが、何か?

社外秘

紙切れ一枚に、『ありがたく思って読んでね!』という意味を付けるためのマークですね。レインズに載せていない物件の概要書には必ず『社外秘』マークを付けます。載せないのは反則じゃないかと思われがちですが、価格を決めかねているとか、まだ売ると決めた訳じゃないとか、色んな事情で媒介契約に至らない案件というのはあるものです。反則なのは、日付以外が全て埋まった媒介契約書があるのに登録しない場合だけじゃないでしょうか?(トボケてみました)

レインズに登録する図面の場合は、絶対的記載事項を厳守する等 ( 不動産公正取引協議会さんのサイト なんかが参考になってお勧め☆)、作成に気を遣います。対外的に公開してしまう広告ですもの。一方、水面下の『噂』状態で流れる情報の場合、原則『社外秘』なので、広告ルールは気にしません。価格はもちろん、指値の目安すら打ち込まないことがございます(手書きで書き足す方がより一層、ありがたみを感じて下さいますでしょう?)。

担当の営業マンの気分によって?意味があって?今回はその収益物件の年収を載せてくれだのやっぱり載せてくれるなだの言われます。ぷんぷんした顔は見せませんが、そうやって作り直した図面って印象に残りますよね。上手にトリミング出来た地図を、『気持ちもうちょっとだけ引いてくれない?』ってひとことを聞き、最初から作り直したという記憶も残っております。

そんな印象的な図面をプロの技を駆使して丁寧に 帯替え された形で受け取ることがまれにございます。『 物元 はどちらですか?』って伺っても、『たしかな業者さんらしいですよ。』と、誤魔化されます…知らないのかも?『この情報はどちらから回ってきたものですか?』に対しては、絶対に口を割りません。社外秘って書いておいたのに勝手に流通させたのは誰なの?!

素行不良な営業マンが、『情報流すことで小遣い稼ぎしてるんじゃないのか?』って疑われるのはお気の毒。図面の重要な部分に気付かれにくい印を付けておくことで、どなたに回した『社外秘』が漏れているのかが追跡出来るようになります。子供の頃、『絶対誰にも言っちゃダメって言われてるんだけど…』という枕言葉のついた噂話が特によく流通したのと似たお話ですが。

単純

単純に私が誤解していた話…近付いてくる男の人って結局アレだけが目的じゃないの?ブログ書いてきてわかりました。どうやら私の自意識過剰だったようです…お恥ずかしい…ごめんなさい!圧倒的多数が紳士的で、私の入力した文字をWeb上で読む以外の目的もなさそうです。ごめんなさいって気持ち以上に、嬉しいって気持ちが大きいです。どうもありがとうございます。

今までの誤解は申し訳なかったですが、やっぱり男の子の好きな世界って女の子の好きな世界と比べて単純だと思うんです。例えば少女マンガ。見分けの付きにくい多数の登場人物の複雑な思いが交錯しています。考えにふけるシーンも多く、マンガなのに活字がいっぱいです。少年漫画の場合は、『うぉりゃー!』『ボカッ』『ぐぶぅ!』等の短いセリフが大きな吹き出しで繰り広げられ、たびたび出てくる暴力シーンではパラパラ漫画のように素早くページをめくります。

女の子が工夫を凝らして人形の洋服を着せ換えている間、男の子は正義のヒーローごっこに興じています。ヒーローになりきるためには、やっつけるべき悪者が必要です。人畜無害な食パンマン人形と比べて、悪者であるバイキンマン人形の痛み方が激しくなるものです。

かつて郵便局を悪者にして勝った政党をライバル視する政党が、今回は不動産業界を悪者にしたがっているようです。他の業界ならいじめてくれても構わない…とは申しませんが、既に痛み方の激しい私たちをこれ以上いじめないで頂きたいです。単純に理解されそうな、『悪者征伐』政策を出す方が楽勝するものかも知れませんが。『○○党に入れて下さい』的なことを言うつもりは全くありませんが、不動産が悪者扱いされて、単純に熱く語りたくなってしまいました。

両手禁止などという愚策を見て、『ケンカ売られてる』ってとる方、『いじめられてる』ってとる私、慌てふためく方、色々な感じ方があると思います。 直接電話して聞いてみた方 もおられたようです。「勉強会レベル」発言に、振り回されているってこと?!でも、発表しちゃってるんですよね?…男の人の考えていることも、政治家先生のしたいことも、私にはよくわかりません。

タイプだらけ

3年後の日本経済とか、あまり関心がない。本当は3ヵ月先のこともよくわからない。本当に3日で飽きる。3時間前に宣言したことを平気で撤回出来る。転職を3回以上しなくちゃ一人前になれないと本気で思っている。さすがに離婚3回は多いかなと思って隠している。…男性の場合。

よく言えば、恋愛体質。『女の子はこれぐらいワガママじゃないとかわいくないよね。』と、困惑顔で言わせて当たり前だと思っている。感情を理性で抑える気にならない。平凡な男性と平凡な家庭を築くのが女の幸せとは全く思えない。ロマンティックな恋に溺れたい。…女性の場合。

クラスに半数も居なかったはず。だけど、最近ご縁が深いみたいです。転職しても転職しても、こんな人たちの集団に囲まれます。きっと私は出会うべくして出会ったのでしょう。毎回居心地の良い職場で幸せ♪『日本人の半数も居ないはずなのに、これって私の運命かも知れない。』

同僚に言われました。『普通は3回以上業界内転職したら気付くはずだけどね。』3回以上して、運命だと確信したわよ?『血液型A型の同級生はどこに就職した?安定性のある都市銀行とか転勤のない地方公務員じゃなかった?』…言えてる。つまり、不動産業界に絞って転職し続ける限り、当然B型だらけの職場に居られるってことです。やっぱり私の運命だと思います。

不動産屋の印象対策

優秀な事務員さんが居て下さると、会社は助かります。彼女もそのうち気付くでしょうが…そういう方は不動産業界、向いてなかったりして━━(゚∀゚)━━!!!!書いちゃった。天才的な反射神経で、私よりも早く受話器を取られます。素晴らしいことです。ビジネスマナーも熟知されているようで、応対の仕方も優秀です…特定の同業者様に対して以外は。アレはまずいでしょう。

声のトーンが変わるので、わかります。横から邪魔する訳にもいかず、なりゆきを見守ることしか私には出来ませんが。『(怒)失礼ですがっ!』時々、『○○さん居ますか~ぁ?』って小学生がお友達のおうちに掛けてくるみたいな電話の仕方をしてくる業者さんがいらっしゃいます。それが彼女にとって許せないみたいです。まず名乗って、お世話になっております的な挨拶を軽くしてから、本題に入るのが社会人として求められる最低限の礼儀…存じておりますよ。

『礼儀正しく出来ないのは、きっと 親の教育 が悪かったせいです。諦めましょうよ~。』って提案させて頂きましたが、どうしても許せないそうです。ちょっと意地悪なことも言ってみました。『名乗られなくても、もうその礼儀知らずな業者の声でわかるようになったんじゃないですか?』…声でわかることを認めるとオレオレ詐欺を助長するから、折れてはいけないのだそうです。

弊社は『お高くとまった事務員の居る会社』って思われたことでしょう。安っぽい事務員も居ることをアピールしておきましょう。私が同様のお電話をちょうだいした時は、こう申し上げます。『失礼ですが、どちら様でございましょう?…まぁ!○○不動産さま!!いつもお世話になっております~ぅ♪』テンションの高さに驚いたから?驚きの単語を発せられました。『こちらの方こそ、いつもお世話になっております^^』言えるんなら最初から言えばいいのに!って思いました。

つぼ売り

オトナと思われがちな私ですが、度量衡が平米に統一されてから生まれております。『m2』って書くと、『エムツー』って読まれる恐れがあるので、『平米(へいべい)』って書くのが好きなのですが、『今どき、ヘイベイは無いだろう!』ってよく言われます。よりによって、不動産屋に!1文字で『m2』を表す外字『m²』もありますが、文字化けが恐いので、使いません(今回が初めて)。

私の同級生で尺貫法を自在に使える人なんて居ないと思っていたのですが、この業界では、老いも若きも『坪』という単位を好んで使いたがります。畳の長い方の辺がだいたい、1間(いっけん)=6尺(ろくしゃく)。畳2枚並べて作ったぐらいの大きさの正方形で、1坪(ひとつぼ)=3.305785m2(さんてんさんぜろごしちはちご平方メートル)。m2で表記された面積は、0.3025かけると坪に換算出来ます。営業マンなら暗算で換算出来るのかも?尊敬しちゃいます!

敷地面積を坪でしか書いてない物件一覧表を見た時は、m2と勘違いして、『ネコの額みたいに狭い物件ばっかり!』と、思ってしまいました。坪で表記された方がわかりやすいととらえている業者さんが多いようです。『坪で言われても全然イメージ出来ません。』って言うと、いいことを教えて頂きました。『200坪ならテニスコート2面分ぐらい…って覚えておいて。』なるほど~。

スコーン、スコーンと打ち返す音、汗を散らして走る人。『ヘンな方向に飛ばしてすみません!』と、隣のコートの人に謝る私。頭の中で具体的に想像出来ました。『よくわかりました。大した大きさの土地じゃないってことですね♪』…思わずハッキリ言ってしまって、すみません。

先いくつ?

売主様・買主様、それぞれが仲介業者に支払うべき 報酬 の上限は、法律で定められています。両手 なら、合わせて6%+12万円♪片手なら3%+6万円頂ける見込みですね。間に仲介業者が何社も入っている不動産取引もございます。手数料分けて頂けるなら、間に入らないと損?

通常、ニコニコ現金決済が喜ばれます。ローンを組む必要のあるお客様が順番待ちで商談中だとしても、あとから来た方が、『キャッシュで買えますが、何か?』っておっしゃると、物件持っていかれるのが普通かも。金融機関を通さない分、スピーディーにことが運びます。

有名な会社と取引している企業さんの場合、『現金で払うのやめてくれたら、もっと勉強(=値引き)します!』って言うことがございます。有名な会社に現金を渡す余裕があっても、言われるままに手形を渡すことになりがち。手形には、振出人の名前が書いてあります。会社なら手書きじゃないと思いますが。そのまま銀行に持って行って換金することも出来ますが、それでは手形をもらった意味がありません。違う目的があるからこそ、現金決済を拒んだのです。

手形を受け取った人は、自分の名前を裏書きしてほかの人に渡すことで決済に使うことが出来ます。『有名な会社から直接手形を振り出されたんです!』ってハクをつけることが出来ます。『有名な会社と取引ある企業さんと取引してるんです!』ってハクがつくので、更に受け取った人も喜んで裏書きして決済しそうです。こうして手形に名前がいっぱい並びます。

有名な会社では起こりにくいと思いますが、手形を現金化しようとした人が銀行に持って行った時にまさかの事故があったとします。不渡りを出すような振出人の支払い能力は怪しいものですが、名前を連ねた裏書人にその落とし前をつけるように言えます。間に入りたがる仲介業者も、物件に何かあった場合、分けてもらった手数料以上の責任を取らされることがあるかも知れませんね。先3つ以上になると物件のこと知らなさそうですが、それでも間に入りたいもの?

お出口です(ジャンプします)→人気ブログランキングへジャンプ  別窓派の方はこちらを→人気ブログランキングを開く

お取引

以前もチラッと書きましたが、銀行系不動産会社でなければ、不動産屋さんは、銀行員にエラそうな人が多いです…影でバカにされているとは思いますけれど。エラそうに出来るのは、銀行からお金を借りて利子付けて返してくれそうなお客さんをザクザク紹介するからです。

担保が提供されるのが融資の条件なので、抵当権が設定されます。前回の説明が雑だったので、補足します。『銀行からお金を借りたから銀行のために抵当権を設定した』って話、あまり無いので。都市銀行が本当に担保権者になるのは、根抵当権の時でしょう。

不動産の価値が下がり、仮に抵当権を実行しても回収出来なかった場合、銀行名義の債権が不良債権になってしまいます。そうなる前に、負債を子会社に集める体制を作っておきます。都市銀行の融資を受けて購入した物件は、『保証』等のわかりやすい名称の入った会社が抵当権者になっていることが多いです。金銭消費貸借契約そのものは銀行と交わしたのですから、無事に完済出来た時の抹消原因は、『弁済』ではなく、『解除』になります。

『銀行からお金を借りている=将来性のある会社だと銀行がお墨付きをくれた』って解釈も出来るせい?『○○銀行とお取引があるんです^^』って自慢する社長さんもおられますね。この場合のお取引って、『単に住宅ローン1件紹介したことがある』って意味じゃありませんよね?ちょっと客付けして頂いたことのある不動産屋さんのホームページで、『主な取引先:○○不動産』って書かれているのを見た時は、『誤解を招きそうな表現、ヤだな~』って思っちゃいましたよ。



是非またお越し下さいね

業者違い

ひと口に不動産業者と言っても、色々居ます。普通、業者同士仲良くしています。『僕たち不動産屋だもんね♪』ってノリで。そうじゃない不動産業者も居ます。『どうしても客付けしたいって言うなら付き合ってやってもいいけど、何か?』みたいな所もございます。

そんな不動産業者では、親会社様が神様でした。予算の低い、『お客様未遂』さんは、『ゴミ』…とは言ってなかった気がしますが、『あとくされのないようにお断りしましょう』って姿勢でした。信販会社が月末に、『相場教えて下さい』…なんて電話をしてきたら、『はぁ?何言ってんの?この忙しい時に?』とは言わなかったけど、そんな対応でした。

不動産業者に対する態度は常に上から目線でした。寄って来る仲介業者は常に下から目線でしたし。ほとんどの物件に、『業者には商談中対応』っていうお約束があったので、よっぽどでないと共同仲介することがございませんでした。社内両手ですら避けていますね。売案件を頂いた担当者様から買案件を頂くのが理想です。買案件が先で直後に売案件頂くのも結構です。

方針を理解した上で、社の人間として振舞ってきました。不動産業者っぽい名前でも色々あることを辞めてから知りました。ええ~っと、ごめんなさい。『商談中です(ウソだけど)』って答えてきました。ハウスメーカーさんや建売業者さんは、お客様だったんですね!新築戸建の 物確 をした時、『アンタの所から買った土地に言われた通りに建てたけど、売れないよ!どういうこと?』って言われたことも、ございました。何て言われたのか知りませんが、あの立地は厳しいかと…。



お願いします♪

抜いてませんが?

不動産屋が、『 抜き行為 』って言うと、アレしか意味しないのですが、妙なコメントが付くのを恐れて、本来、『抜き行為』ってタイトルをつけるべき記事に、 『 仲介業者臭 』 って名前を付けて投稿したことがございました。…コメント受け付けないようにすると、自由に書けますね。

『あの不動産屋は平気で抜くから。』って言われても気にしないような、嫌われ者不動産屋もあるでしょうが、そうは思われたくない、ごく普通の不動産屋での出来事。中堅営業マンと懇意にしている業者さんの所に、いつものように 物件確認 をすると、『 全部、うりやめになりました。』って言われました。ここ何か月間か、ずっとございましたのに?

不自然な、『何か』を感じて調べてみると、弊社はその業者さんの持っている物件なら必ずそちらへ客付けさせて頂いてきたのに、そのルールを新人クンが破ったことが背景にあったようです。中堅さんが懇意にしている業者さんは一般媒介で他社と 共受け だったからって、新人クンが他社の方へ客付けしてしまったそう。弊社は全く法を犯しておりませんし、謝る義務はないかも知れません。でも、『抜いた』って言われても仕方無い気がいたします。

新人クンがその業者さんと取引出来る可能性はなくなった気がします。タブーを犯してしまったのですから当然です。今まで良好だった営業マンとの関係はどうなるのでしょう?業界初めての新人クンに、宅建試験に出ない規則を教えていなかったのは会社のミスですが、たった一回の無礼を理由に、弊社との取引を永久に停止したりは、しないで頂きたいものです。



どうか寛大なお心で、ポチッと。

イケイケな不動産屋

『トラブルが怖いから、女性の営業職は絶対に採らない。』って言っちゃう不動産会社もありますし、『遵法してまーす!』というアピールのために若干名の女性の営業職を採用する大手(系)不動産会社もあります。敬遠されがちですが、女性は営業職の適性がないのでしょうか?

『担当者がきれいなお嬢さんなら嬉しい。』…という顧客感情は、この業界のみならず、あちらこちらで見受けられますね。一般に女性の方がよく気が利きますし、お客様の立場から、女性の営業職は歓迎されるはずです。リスクの高さについての説明を全くせずに、若い女の子ばかり採用して営業させる不動産屋さんも、居るみたいですね。無責任に?

する・しないは自由ですが、女性は、結婚したり出産したり育児したりすることが多いです。結婚指輪をしたら契約が取れなくなる?そういう方は、営業の仕方を見直してみても良いかも知れません。正社員なら産休をとったあと復帰するという選択が賢明かも知れませんが、誰も復帰したがらないどころか、途中でどんどん辞められていく不動産屋さんも、ございますね。

パートや派遣社員など、長居しないことを前提に職探しするなら、長い目で見る必要はなさそうです。せっかく正社員として働くつもりなら、誰もが復帰したがるような職場を選びたいものです。無責任に若い女の子ばかり入社させて、そのほとんどがスグに辞めちゃう会社、『言えないような何かあったの?』と、心配になりますよ。老婆心ながら、警告しておきます。


恐れ入ります。本日のクリック、お願いいたします。

いつもありがとうございます^^

天空人

商社に勤めているカワイイ友達が、公務員と結婚しました。景気が悪いとモテる職業なのでしょう。トクしましたね!二次会では商社の方々の近くの席になりました。適度にオシャレでいい感じ♪『今日だけ独身です、よろしくぅ』…なんて言うと新婦の格が下がりそうなので、よしました。
人気ブログランキングへ
フと遠くのテーブルを見てみると、一見明白に公務員しか座ってなさそうな所がございました。髪型と言い、お約束の?白シャツと言い、確信が持てました。商社マンも思ったらしく、おっしゃいました。『アッチ、絶対に安定島だよね。』…御社もあと数年は大丈夫だと思いますけど?
人気ブログランキングへ
不動産屋の中に居ると、目が慣れてきます。異業種から転職してきたパートさんに、『あの若い子、ケバくない?』って言われると、『若いワリに地味じゃないのよー!』と、我を忘れてかばってしまいます。地味なパートさんが増えてきたら私も地味にしますが、入りたての頃はもっと華やかだったんです。『主婦のくせに』…って主婦から言われると、居づらいので。
人気ブログランキングへ
結婚式とかで、違う業界の集団も居る中での不動産屋の集団は、ちょっと恥ずかしいですね。確かに髪の色に年齢制限もございませんけど。髪型で自由な表現をして下さって構いませんが。きっと、他のテーブルから言われていそうです。『あの島、浮島だよね』って。
人気ブログランキングへ


それでも好きって言ってくれる彼女に感謝してね☆私も・・・大好きよ!

ほぼ年中無休

たいていの不動産屋さんは水曜定休です。案件が流れることを忌み嫌うので、流れるイメージの強い、『水』は、休んでしまいましょうって話です…多分。同業他社がみんな休むので、ウチも休みましょうって考えになるのが普通です。『お正月、一日二日はお休みを頂いておりますが…』って年中ほぼ無休で営業している不動産屋さん、今時ございませんよね?

大型連休中はレインズにアクセス出来ませんし、水曜に物件確認のお電話を頂くこともないので、敢えて出勤すると、ヒマであることが多いです。着信音に邪魔されることなく事務に専念出来るのも良いものですよ~(…と、強がってみます)。

とは言うものの、周辺の不動産屋さんがお休みなのに自社だけ営業している日は、寂しいものです。私が今まで水曜出勤して3度ほど面倒臭い話で呼び出されたことがございました。いずれも、宅配業者さんなのですが…。ウカツに押印するとこっぴどく叱られますので、荷物の受け取り時には宛名をよく確認しております。『XXさん?誰?』よく見ると、社名も違います。

この宅配業者さん、毎週人を換えては、全然関係ない不動産屋さん宛ての荷物を弊社に持ってくるのです。『そもそも、ウチ、△△不動産って名前じゃないですよ。』『そうだとは思ったんですが、このへんの不動産屋さん、みんな閉まってて、ココだけ開いているから持ってきたんです。』本当に重要な書類を弊社が受け取った場合、どうなるんでしょう?

『あのね…不動産屋は水曜休むのが普通だから、このへんの不動産屋さんはみんな休みなんです。たまたまウチは開いてますけど、他社宛ての荷物を持って来られても、預かれません。覚えておいて下さいね。水曜は不動産屋、休みですから!』悲しいレクチャーを合計3度、させて頂きました。それ以前の基本的なことを勉強しておいて欲しいものですが。

....

今日があなたにとって最良の日になりますように☆心からお祈りしております。By yuriko_fudo

都市伝説

新築分譲中とか新築後未入居とかいう物件が売られまくっているのをよく見かけます。いい加減見飽きてきた頃ですが、まだ近隣に建築しているみたいですね。将来その周辺に大企業を誘致する計画があるとかで人口が爆発的に増える見込みなんでしょうか?デベロッパーのえらい人の考えることはワカリマセン。 本当にわからない方は、こちらをクリック

不動産屋から直接聞いたのではなく、普通の人から普通の人へ伝わっている、某物件の噂があります。『とびっきり上質の居住性を約束したマンションらしい。』ほほ~。あいまいなアピールポイントがかえって斬新かも?確かに、TVモニタ付インターフォン・オートロック等の具体的なアピール、聞き飽きましたよね?『…だから、ただやみくもに売ることはないそうだ。』?!

『入居者の引っ越しのトラックも制限をかけているから、月に数日しか受け入れない主義らしい。』だから?『最初の入居者が引っ越してきて1年以上たった今でも時々引っ越しのトラックが出入りしている。とびっきり上質という噂は事実に基づいているのだ。』…理屈は通ってます!

1年たっても完売出来ないという事実に基づいてこんな噂を作り出したのはどなただったのでしょう?新築分譲の時に契約したのに引き渡しが完成後1年以上たってからになっても構わないなんてノンビリ構えるお客さんが居るなんて、不動産屋が考える訳、ありませんよね?


お疲れのところ、大変恐縮でございます。例のやつ、お願いします。ポチュ・・と、カチッと。

も、も、もしも、そちらのご都合さえよろしければ、お願いしても良いでしょうか?ポチッと。有難うございます!

BKの意味

普通は 『銀行』 って解釈するものだと思います。bankの省略ですね。私もとりあえずはそう理解してみます。アパレル系企業にお勤めの営業マンと仲良くしていた頃(…忘れましたが!)、その業界では 『黒色』 と考えるのが普通だと教えてもらいました。blackの省略なのでしょう。

不動産業界では、『 銀行 』 だと最初に思うのが正しいのでしょうか?もしかすると、『 バック 』 を最初にイメージすべきかも知れません。レインズとか図面の隅に堂々と書いてある場合、売物件なら 『 BK○% 』 、賃貸なら 『 BK○か月 』 …みたいな表記が一般的でしょう。

色んな事情で売主が表に出てこない場合、不動産業者が代理で売ることがあります。代理物件に客付けした業者が買主さんから手数料を取らない分、売主から6%とったと思われる代理の業者がバックとして3%支払うとかいう約束があるはずです。この場合、買主さんに何と説明すべきかは、社の方針に従うべきだと思います。社内の先輩との事前の相談をお勧めします。

仲介物件でも、『 BK○% 』 って書いてあることがあります。 遠方 の物件だとか、手数料 分かれ じゃ 客付け してもらえなさそうだとかいう場合、売主から3%もらう手数料のうち1%部分をバックしてつけてあげるよ♪とかいう意味です。チャンスだから頑張って売る気になるでしょ?

後ろめたい意味での、『 バック 』 という言葉もございますが、今回とはちょっと違う意味かも知れません。そっちの受け取りは上司と相談しない方がいいでしょう。営業マン向けサイトをコッソリ読んで勉強してみて下さい。


…無理してまでクリックしてくれなくてもいいのよ。

だから、明日も来てください!私はいつも、ここで待っています。

ヘンな会社

新人の間は、どうしても先輩にお聞きしなければならない場面が多いので、新人らしくおとなしくしています。先輩が正々堂々と間違っていても、指摘しません。ひととおり教えて頂くまでは、こちらから何か情報提供することは出来ないのです。お許し下さい。

お気持ちはよくわかります。不動産屋さんの魅力に取りつかれたのでしょう?その先輩は不動産屋さんは初めてだったらしいですが、お気に召したらしく、長くお勤めみたいです。会社の悪い部分は正すべきだという正義感をお持ちの方で、正せない部分をもどかしく思っておいでのようでした。会社を愛し続ける人は少数派ですが、業界を愛し続ける方がたくさんおられるのを嬉しく思っています。会社も業界も好きって言う人を見ていると、気分よく一緒に働けます。

また、おっしゃってました。『ホント、ヘンな会社だよね~。』もうぼちぼち教わることも出尽くした感じなので、私も思っていることを言ってみることにしました。『これだけの規模で半年以上人の入れ替わりのない不動産屋なんて見たことありませんよ。短期間に人が入れ替わるのが、普通の不動産会社です。○○不動産も△△不動産も、そうでしたよ。』…ヘンな業界ですか?

慣れてくると疑問も感じなくなりますが、そう言えば、なぜ不動産屋さんだけがスグに転職したがるんでしたっけ?一応、その都度、『うそ~!ショック!辞めないで下さいよ!!』って言っておきますけど、驚きません。儲からない会社で稼ぐ人が出ていくのは当たり前。儲かる会社で大失態したら出ていくのも当たり前。何かおかしなところ、ございましたっけ?


わーい♪クリックありがとうございまーす!!

業界内格差

上から紹介されたすごく良いお客様と、上から紹介されたすごく良いお客様とを仲介するだけの不動産屋さんは、すごく良い物件を預かりがちです。通るローンがあるかも知れないし無いかも知れないけど根性で客付けしまくるのが本業みたいな不動産屋さんも居ます。お世辞にも良いとは言えない物件の重要事項を長々と説明する不動産屋さんも居ます。

すごく良い物件は価格が高額なので、仲介手数料(詳細は過去ログ参照のこと)がたくさん頂けます。ラクなのに。ラクで儲かっている不動産屋さんがお客様を選んでいるのは事実ですが、お客様だって不動産屋さんを選んでいるのですから、信用されていない不動産屋さんがラクなお客様の所へ飛び込んで行ったって、相手にされないことも多いでしょう。

すごく良い物件のことは諦めて、クセのある物件を仲介することになるのも当然です。クセがある分、価格を下げないと売れないので、仲介手数料は安くなります。全然ラクでないのに。キッチリ重説しないとトラブルになりがちですが、したってトラブルになりがちです。安いのに。重説漏れは深刻なトラブルを招きます。説明しなきゃいけない箇所がそもそも多いのに。

不動産業界の中では損な役回りですが、クセのある物件でも、手数料が安くても、誠実に仲介してくれる不動産屋さんも居ます。信用第一ですからね。私はそんな不動産屋さんが大好きですよ。自分が生まれ変わって営業マンになるとしたら、損な役回りをしてみたいと思うか、上に媚び続けさえすれば面白くなくてもラクで儲かる方を選びたいかは、別として。

もともと経験も少ないのか、安いから真面目に仕事してくれないのか、ひどい業者さんも居ますね。売ってしまえばあとは知らぬ存ぜぬ…のつもりなのでしょうか?エンドさんから以前頂いたメールに、あんまりな業者さんのお話が書いてありました。人が良いせいか、業者に全く不満を抱いてないようなので、具体例を挙げての攻撃はしません。『もっとお客様の立場になって考えて欲しいなぁ~』って言われるような業者しか居ない訳ではないことも、ご理解願います。


今夜も一生懸命書きました。ちょびっとでも喜んで頂ければ幸いです。
今日があなたにとって素晴らしい1日でありますように・・・By yuriko_fudo

不動産屋の敵

顧客だった頃、占い師さんは敵ではなくて味方でした。学割千円とかで、面倒くさい説明は抜きに、『今の彼氏とは別れなさい。西の方角でいい出会いが待っているから』…とか、教えて下さるんです。ありがたい存在だと思っていました。私は喜んでお金を払う側の立場だったから。

求人誌が愛読書になった頃、面白い求人を見かけました。『占い師募集。初心者でも構いません。お客様の悩みに耳を傾けるのがお仕事です。』って。時給も悪くないので試してみたいと思ったのですが、連絡先が携帯電話の番号だけなのが何か怖くて、やめました。『私ごときインチキ占い師にお金を払う顧客が居たら申し訳ない』という気持ちもあったかも知れません。

なけなしの千円札を差し出していた頃は気付きませんでしたが、占い師さんの中にはお金を貰うためなら手段を選ばない人が居るらしいのです。大金を扱う不動産屋さんになってから気付きました。エリア外へ出ていく顧客に『悪い相が出ているから引っ越してはならない』って言うんですね。『大きな賭けに出てもいいですか?』って聞かれたら『ダメです』って言うのが普通なのに、占い師さんが言うと特に『じゃあ、やっぱり不動産取引の話は流そう』ってなるんですよね。

だから、不動産屋さんで『占い師嫌い』って言う人は多いみたいです。…なかには、個人的に信用できる占い師さんもいらっしゃるんですけどね。そんなこと言ってる私は、『騙されてる』って言われますけど。不安を煽る手段はさておき、心の平安を供給する、いい商売です。プライベートでも敵対することになるまでは、そう思っておりました(戦いの詳細は午後に♪)。


ねぇ~・・いいでしょ?したいんでしょ?・・いいわよ。・・していいわよ。クリックしてイイワヨ~!
じらさないで。お願い、これ以上はじらさないで!シテ!お願い!クリックして!・・・アリガト

名刺交換は友情の証

我が話術の師匠は、『募集中』ではございません。薬指にいいモノを光らせて、婚約中です。『やばいよ!あれだけ頑張ったのに、いつのまにか、新郎の友人なんかに名刺渡されちゃったよ…』って師匠に報告するだけで、私の役目は終わりました。和やかな場を作るためのトークまでは私ごときでも出来ますが、男前に一歩リードされた男友達を救う奇策は浮かびません。

隙を見て、師匠がカワイイ女の子を奪還しました。『これも何かのご縁ですよね~。是非とも一緒に新居をお邪魔したり、幸せなお二人を囲む会、なんて集まりを実行したいので、今後ともよろしくお願いします』…って、新郎の友人なんかの名刺の上に被さるはずの、彼女の名刺を渡しました。師匠のイイ感じトーク炸裂しております。きっと又お会いしたいと思ってくれるハズ。

師匠も私も薬指が寂しかった頃は、共に狭い漁場を荒らし回った良きライバルでした。余裕が出来ると、闘争心の全てを『友達の幸せのために』って集中させることが出来るのです。今後はみんなが幸せになっていける、良い実績を積み上げていきたいものです。元ライバル同士タッグを組んで、結婚相談所でも運営していきましょうか?

不動産屋さんも、色んな所で友情をはぐくんでいます。普通に探してもみつかるような物件をご紹介出来るのは当たり前。レインズにちゃんと載らないようなナイショの物件も、横のつながりで見つけてきます。『僕のお客さんで、こういうの探してる人が居るんだけど…』って言っておくと、『まだ誰にも言ってないけど、ちょうどいいのが出たよ』…と、教えてもらえます。みんなと仲良くしておくことで、みんなで幸せになれる。いい業界です♪


あなたの笑顔を想像しながら、がんばって書きました。喜んで下さるかしら?
それでは、ステキな午後をお過ごし下さい・・・By yuriko_fudo

不動産屋を薦めます

私の友人で主婦の方は、パートに出ている人が多いです。でも、職場での愚痴がとても多いです。私が仕事の愚痴を友達にしないので、『ゆり子は、たまたまいい職場に恵まれたのよ~』って言われます。転職しても転職しても、仕事の愚痴を友達に話さないのには理由があります。ブログの記事に書くまで口外するのがもったいないからです。…ウソです。

『久しぶり~元気ぃ?』のあと、こちらの『元気よ』という返事も聞かずに、機関銃のように彼女の職場の愚痴を聞かされます。私のツマラナイお話なんて聞いてもらう猶予はありません。話すことでスッキリするようで、質疑応答のように正確な答えを求められている訳ではないみたいです。回答して良いならこう言いますが。『その仕事辞めて、不動産屋に転職しなよ』…って。

多い愚痴のパターンは、こんな感じです。
とかとか
とかの需要のあるオジサンが…キ・キモイ?!そんなかわいそうなこと言わないでよ!

嗅覚や聴覚に訴えてくるものは『公害』と認定しておりますが、ビジュアルで他人に迷惑をかけることって滅多にないと思うのです。不動産屋さんにも3パターン全てとか1~2種類とか揃えている営業マンが当然居ますが、全然キモくありませんよ?そもそもキモい不動産屋さんなんか見たことありませんし、絶対にビジュアルのせいじゃありませんってば。

不動産屋さんの営業マンは『不快感を与えない』こと、『爽やかに見せる』ことにかけては天才みたいな方ばかりです。騙されたと思って、1度は不動産屋さんで働いてみることをお勧めします。…爽やか過ぎて困ったことになっちゃっても、責任を負いかねます。そこはご容赦下さい。


逢ったことも無いなんて悲しいことは言わないでね。
私とあなたは毎日ここで逢っているのですから・・・


 【今回の話の流れで敢えて注文してみようと思われた方へ】 
実際のお買い物、商品のお問い合わせ、発送等についてはリンク先のショップ・サイトへ直接お願いします。当ブログでは如何なるトラブル・損益・損害等に関しまして一切の責任を負いかねます。ご容赦下さい。

遠方の媒介

専属専任や専任で媒介受けた物件は、当然レインズに登録します。法律で定められた義務ですから。一般で媒介受けた物件も、だいたいレインズに登録します。義務ではありませんが、一般媒介の場合、他社でも媒介できるので、他社がレインズに登録する可能性がございます。

業者さんがレインズで物件を見つけて 客付け したいと思って他社さんの所にお願いする可能性は十分ございます。極力、『ウチが窓口でーす!』ってアピールしておかなくては、ですよね?『どうしてもレインズに登録せず広告も出さずにコッソリ人知れず売って欲しい!』なんておっしゃるなら、法律を守っている業者さんにお願いするとしたら、一般媒介がお勧めですね。

このレインズ、日本中の不動産業者が使っている言葉なのですが、東日本・中部・近畿・西日本と分かれていて、物件の所在地によって登録できる所が違うのです。物件検索できるのは、その業者が所属する所のレインズだけのはずです。全国規模の不動産会社にお勤めの方が遠方に転勤になったからと言って、『そっちのレインズにアクセスしたいからパスワード教えて♪』…なんて言ってはいけないはずです。

業者が所属する所と違う管轄の物件の媒介を取った場合、違う所のレインズにアクセス出来ないので、自分でレインズに登録することが出来ません。所属するレインズの職員さんに頼んで、代わりに登録してもらうための話を付けて頂くことになります。

自分で図面をアップする場合、お気に入りのスキャナで読み込んでお気に入りのサイズにしてお気に入りのやり方で送信すれば、業者さんがボタンを、『ぽちっ』…と押すだけでキレイにA4で印刷できるはずなのです(だから図面ファックスくれとか電話してこないで下さいね)。

ただ、『遠方だから代わりにお願いしまーす♪』と、頼まれた物件は、図面のアップの仕方が納得いかない仕上がりです。プリンタの設定の所で、『B4サイズの原稿をB5に縮小して印刷…』とか変更しておくと、なんとか一枚の紙に図面が収まることもありますが、お話にならない仕上がりになることも。どうしようもなかったら、『図面ファックス下さい』と、長距離電話かけてみるしかありません。

遠方で媒介された物件は、たまにオイシイ特典がついています。図面のオビの所に BK ○%って書いてあると、チャンスかも知れません!必死で客付けしちゃいましょう。…というお話を、初対面の不動産屋さんが教えて下さいました。ありがとうございました!!やっぱり不動産屋さんは、いい方が多いです♪

※面倒臭いから「レインズの人」みたいに書いてますが、正確には、宅建業法に基づいて国土交通大臣が指定した指定流通機構である公益法人で働く人です。オフの日が仲介業者と重ならないこともあるみたいです。

今晩のブログも最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へビジネスブログ100選
ブログランキング参加中です。よろしければ、クリックお願いいたします。(いつもありがとうございます)

絶対正しい不動産屋

本当はエリア外なのですが、他県の物件の媒介が取れました。
時々、エリア外の業者さんから確認のお電話を頂きます。

「○○町○千万のトダテ、ございますか?」
「トダテ?○○町○千万のコダテでしたら、ございますよ」
「○○町○千万のトダテ、あるんですね?」
「コダテ」
「トダテ!」

私がオトナになって折れました。
「トダテね…ございますよ」

「戸建てのことを頑なにトダテっていう業者さんが居たのよ」
というお話をしていたら、それも正解だと言われました。
え~?普通、戸建てと書いたらコダテと読むでしょう?

居宅も陸屋根も、自分が「普通」と思っている読み方が、別の業者さんからは「頑固に間違ってる」って言われるのかも。
普通、「きょたく」で「ろくやね」ですよね?違います?

…「ろくやね」って入力したら変換されず、渋々「りくやね」って入力してやりましたが。
でも、「いたく」と入力したら変換されないことを確認し、自信を取り戻しました。

今晩のブログも最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へビジネスブログ100選
ブログランキング参加中です。よろしければ、クリックお願いいたします。(いつもありがとうございます)

真綿の心で初出勤

真綿のように真っ白な心でお邪魔いたします。御社の社風に合わせます。最初のうちは、無難で個性のない事務員としてふるまいます。芸人並みの面白いギャグ連発を期待されれば、話芸も磨きます。黙って大人しく品よく過ごしていて欲しいなら、そう振舞います。

どこかの派遣会社で、登録~おしごとご紹介の間に、お給料の出ない、『勉強会』なるものに参加させられたことがございました。テンションが上がらないので極力黙っておりましたが、学校の授業みたいに指差されて答えを求められました。

『派遣社員として一番求められるものは何ですか?』『スピードでもスキルでもございません。協調性、ただそれだけです。』…正解だったようです。短期間、無難に馴染んでくれればそれでいいとおっしゃる企業さんが多いのだそうです。『感じ悪くて空気読めない人が来た』…なんて言われると、派遣元の信用が落ちます。

その方針を、私は直接契約のパートも求められているものととらえて、踏襲しております。短い期間だけ居るつもりですので、無難に会社のカラーに染まっていれば上出来でしょう。

ものすごくいい加減なのに、『弊社は厳しいですから』…なんてギャグをのっけからかます不動産屋さんがございました。『なるほど、銀行さんみたいにキッチリしてらっしゃいますね~。』と、私もギャグでお返ししました。何度も、『きっちりしてらっしゃるからですよね~。』と、ボケ続けましたが、どなたもツッコミませんね。【ボケられたらボケで返す】…という社風みたいです。

本日2度目の記事まで読んで頂き、ありがとうございました。
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へビジネスブログ100選
ブログランキング参加中です。よろしければ、クリックお願いいたします。(いつもありがとうございます)

お好きなんでしょ?

毎回毎回、面接前夜は寝付けません。私は気が小さいので。…なんてことは全く顔に出さず、機関銃のように喋る方の場合は従順に聞き入り、あらゆる情報を聞き出したくて仕方のない方の場合はペラペラ喋ります(喋っていいことに限定。信用第一ですから!)。

ほぼ確実に、受かります。履歴書の右側に、『○年宅地建物取引主任者資格試験合格』うんぬん書いてありますから。万一見落とされたら大変!ナニ対策と言うのか知りませんが、余白ある限り、『宅建』の文字を書き散らしております。イヤでも目に入るでしょ?

採用して頂くと、通帳のコピーなんか提出することがございますね。…ついでに差し上げます。面接の時から感じてました。あなたの視線でわかりますとも。

私が宅建主任だとわかった途端に顔色変わりましたもの。また、御社は営業マンが宅建主任である率が低めであることもリサーチ済みですわよ。さりげなく、通帳のコピーを一番上にしつつ、コソッと宅建主任者証と運転免許証のコピーを重ねて(いかがわしい図書を隠すみたいな手段ですが…)、お渡ししました。

やっぱり好きなんでしょ?面接の時と同じ目をしてらっしゃいましたね。一瞬キラン☆と光りましたよ。キャラ設定、『温厚でおっとりさん』…らしい上司が、お刺身ひったくるネコみたいな素早い手付きで、重ねたコピーを引き出しにしまいこみました。…カワイイ♪

パートという身分で資格を持っていたところで、金銭的なメリットは全くございません。ただ、効率よく仕事が探せます。また、資格が珍しい会社の場合、とっても大事にして頂けます。私にとっては十分なメリットです♪

今晩のブログも最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へビジネスブログ100選
ブログランキング参加中です。よろしければ、クリックお願いいたします。(いつもありがとうございます)

縦書不動産







…シブい。毛筆書きの看板。国交省の看板より字が上手ですね。そんなに規模の大きな不動産屋でもないので、新規のお客様に入店して頂きたいはず。どちらかと言えば、『 フランチャイズ21 』 ってノリの横文字で清潔な店舗の方が入りやすい雰囲気だと思うのですが。絶対に曲げたくないポリシーをお持ちのようです。経営者、ガンコなのかな?

仮に私が入れば最年少と呼ばれるのでしょうが、最年長らしき方も、逝かれる ほどのご長寿ではなさげ。飛び込み客を装ってもっと中の様子をさぐってみたくなるのですが…なんかコワイ。一応地味そうなスーツを着てらっしゃるけど、営業マンらしき人たちが怖そう。

招き猫とかダルマとか、置物がそこにある意味がよくわかりません。奥の水槽で錦鯉みたいなものを育てているみたいです。連休中、どなたがエサやりなさるのでしょう?勤務先と取引のある業者なら、多少の評判はわかるのですが…。『 こういう業者さんって何してらっしゃるのかしら?』 と、とても興味をそそられるのですが、勇気が出ません。

『 求人広告出してらっしゃいませんが、私を雇って下さいませんか?』…なんて、言えません。『 こういうノリの不動産屋さんで働く機会は数年後にでもやってくるよ。』…と、自分で自分を言い聞かせ、『 今のところは見送り 』 を続けております。

不動産【全般】って書いてあるけど、どこからどこまでなさるんですか?なんでオシャレな看板じゃなくてシブい看板を愛用なさるんですか?飾りつけのセンス、どうにかなりませんか?そろばん使えないとそちらで働けませんか?

お聞きしたいことは山ほどございますが、関わったことを後悔するのが怖く、気になり続けて『見送り』です。時々お店の前で立ち止まって、のぞいています。

今晩のブログも最後まで読んで頂き、ありがとうございました
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へビジネスブログ100選
ブログランキング参加中です。よろしければ、クリックお願いいたします。(いつもありがとうございます)

投資家さんと不動産屋

たまに、私の大好きなサイトの紹介をこのブログ上でしてしまいますが、ご本人の許可を事前にとったことはございません。『 絶対にリンクしないで下さい 』 とか 『 勝手に紹介しないで下さい 』 とか書かれていない限り、私に都合の良い解釈をさせて頂いております。管理人さんのお顔が怖そうな場合、ちょっとビクビクしながら書きます。

『 人気ブログランキング 』 というサイトがございます。各記事の左下にある、バナーのリンク先です。たいていのブログランキングの場合、『 アルバイト先でのお話を書いたブログ 』 ばっかりとか、『 不動産屋さんのブログ 』 ばっかりとかになります。『 人気ブログランキング 』 さんの場合、投資用不動産をお買い求めの投資家さんと不動産屋さんが、同じカテゴリーで参加されています。そういうご縁で投資家さんからコメント頂いたり(すみません、今はこのブログでのコメントは出来ません)、コメントさせて頂いたりしております。

その中で、私がしょっちゅう 『 癒し 』 を求めてお邪魔するサイトがございます。

管理人 星輝(ほしてる)さん の、 ソシアルビルオーナーの不動産投資日記 です。

投資家さんが収益物件を入手して、融資を受けて、購入して、経営して、管理していくサクセスストーリーです。そちらの右上に 『 全ての記事を表示する 』 リンクがあるので、全記事一覧の一番下から順番に読んでいけば、あたかも自分が収益物件の情報を入手して~という気分になって読めます。勝手にサクセスストーリーと言っておりますが、まだ途中です。

本文も十分面白いのですが、コメント欄に泣けます。怒らせたらめちゃくちゃ怖いに違いない(失礼!)不動産屋さんたちがこぞって、わかりやすくアドバイスしてらっしゃいます。
お優しい…(ToT) 決済が済んでも手数料一銭も入らないのに…。

『善良な不動産屋さんがこんなに居るんだ!』と、感動して、高原のまきばで深呼吸してきたようなすがすがしい気分になれます。もちろん、善良な投資家さんたちからのアドバイスもいっぱい見えますが、私は 『 不動産屋さんたちが 意外に 善良 』 ということに感動いたしました。

怒らせたらめちゃくちゃ怖いに違いない不動産屋さんたちが、魔よけの札のように名を連ねているのです(おまじないより効果大だと思います)。守られていますね~。だから、いつまでも管理人の星輝さんは、温厚でお優しいのでしょう。勝手にリンクしても、怒らないですよね…。またWeb上でいい空気吸いに伺いますね!

本日2度目の記事まで読んで頂き、ありがとうございました
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へビジネスブログ100選
ブログランキング参加中です。よろしければ、クリックお願いいたします。(いつもありがとうございます)

地域密着じゃないもん

『○○町の相場ですね?少々お待ち下さいませ。』業者からのお電話です。確か関連会社の○○支店に出入りなさっている営業マンが社内に居ます。『○○町の相場?業者でしょ?そんなの知らないって答えといてよ。』『○○町に一番お詳しいの、あなたでしょ?』『知らないものは知らないんだから、業者の電話は断っといてよ。』不動産屋なのに 相場 も知らないのー?!

あとで、上の方から注意を受けました。関連会社やエンド客からの電話は、何があっても丁重な対応をしなさい。業者やクレジット会社が相場を聞いてきた場合は、『わかる者がおりません。』と、答えて切りなさいって。そこでは常識だったようです。学校区とか坪単価とかマンションの管理会社名とか、不動産屋なら当然知っているものかと思っておりました。色んな不動産屋さんが居るようです。

エンド客から何を間違ってか、そんな不動産屋さんに相場を知りたいとのお電話ございました。『どうしましょう?エンドさんが△△町の相場教えてって…』『△△町?…そうだ!△山さんは△川不動産から転職してくるまでは△△町を担当していたはず。△山さーん!』転職経験もあながちムダではないようです。もちろん、お客様には2年前の情報なんて言いません。

実は現場は混乱しております。相場とか詳しくお知りになりたい場合、地域密着型不動産屋さんに限定してお電話下さい。チラシとかホームページに、『 地域密着 』 の文字が入っているから、わかりやすいでしょう?地域密着じゃないのに、『 地域密着 』…なんて書かないと思うんです。地域情報即答できなくて困りますから。お客様至上主義じゃないのに 『 お客様至上主義 』って書くことは、多々ございますが。

本日2度目の記事まで読んで頂き、ありがとうございました
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へビジネスブログ100選
ブログランキング参加中です。よろしければ、クリックお願いいたします。(いつもありがとうございます)

相場教えて下さい?

『お電話ありがとうございます。地域密着キャンペーン実施中!にこにこ不動産でございます。』…なんだ、業者か。『相場のわかる人?』私なんかじゃなく。営業マンはビルの喫煙コーナーで合コンの打ち合わせ中でーす。『申し訳ございません。あいにく営業マン全員不在なのですが、どちらの相場でしょうか?担当戻り次第折り返しお電話させましょうか?』

そばで聞いていた上司が、『ちょっと待って!営業全員喫煙コーナーでサボってるよ。トップくん呼んで来なさい。』と言うので、『あ、社内に居るようなので、少々お待ち下さい。』と、言ってから、猛ダッシュしてトップさん呼んできました。

業者のクセに素人みたいなこと聞かないでちょうだいよーって思っちゃったけど、業者同士の助け合い運動はとても大切なことらしいです。ここはライバル同士が切磋琢磨していく業界みたいですね。仲がいいっていいことです。

だから上司は転勤してきて間もない営業マンに、『担当エリアの坪単価が即答できないなんて絶対にダメ!』って怒っていらしたのですね。…地域密着型の不動産屋さんの場合は。

今晩のブログも最後まで読んで頂き、ありがとうございました
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へビジネスブログ100選
ブログランキング参加中です。よろしければ、クリックお願いいたします。(いつもありがとうございます)

裏切られた?

目つきは随分悪くなってしまいましたが、まだ私の心の中心部分はピュアなんです。相変わらず他人を信じやすいところがあります。

気をつけないと…と、気合を入れることで、目つきが悪くなりますね。困ったものです。目つきが悪くなると、人ごみですれ違いざまに触ってくる悪い男性が寄って来なくなりますが、ナンパ激減しますね。そんなに困りませんけど。私、お茶評論家じゃないから、お茶なんか誘って下さらなくて結構です。誰にもぶつかって来られず、誰にも話しかけられずに目的地に着くと、時間が短縮できて便利ですよ!かわいそうな目で見ないでよ(…顔が怖いだけですか?)。

某建築業者さんのことは、信じておりました。たま~に、中古住宅を売却して建築なさるというお客様をご紹介して下さるのです。大事に住まわれたお宅をいいお値段でご売却するために、お役に立ちますよ。建築するための土地もお探しいたします。相思相愛の仲良しのつもりでおりました。

その建築業者さんに建築お願いしようかなぁと思っているというお客様が、弊社も見ておこうかと思って…と、来店して下さいました。『でもね、建築業者さんには、ここは土地しか扱ってない業者だから行かない方がいいって言われたんですよ。』…ですって!

ちょっと!仲介業者に向かって土地しか扱ってないから行く価値ない呼ばわりは失礼なんじゃないの?お客様が買いたいとおっしゃる物件は一生懸命探しますわよ。土地だけ扱ってても商売成り立つぐらいに、もっと土地お探しのお客様連れてきて下さったらどうなのよ?

お客様がご自宅を建築しようかどうかということを迷っておられる場合、建売の新築やお値ごろになった中古豪邸を仲介する業者は敵ですか?中古戸建ての売却をお手伝いしているのを知っていて、『土地しか扱ってない』…なんて言って落とすのですね。恋人に裏切られたようなショックでした。

もっとも、『家を新築したいんです』…と言って来られたお客様に、別の建築業者さんの建築条件付土地を仲介したりは、よくしておりますけどね。もちろん、土地や戸建てだけでなく、中古マンションも収益ビルも仲介しておりますよ♪来る者全く拒みません。

今晩のブログも最後まで読んで頂き、ありがとうございました
にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へビジネスブログ100選
ブログランキング参加中です。よろしければ、クリックお願いいたします。(いつもありがとうございます)

業界は回転寿司のごとく…

たまに全皿百円なのにネタがすごく美味しい回転寿司屋さんがありますね!立地によっては、不良少年少女(ヤンママ・ヤンパパ)がミニ不良少年少女(子供なのに金髪、うなじの毛が異様に長い男の子とか)を引率しているような客層です。美味しければ周りは気にならないのですが、ミニ不良少年少女のヒジと接触したお皿は取りたくありません。入店したら、『あの席に座りたい。』と、座席指定します。川上なら他人に先駆けて一番新鮮なお寿司を取れるからです。客層によっては、『川下の席しか無いならいいや…』と、帰ったりします。

不動産屋の営業マンは回転寿司のようにくるくる回ってきます。パートの私も回ってきます。ポスティングのおばちゃんも、回ってきました。

私は面倒くさい事を頼まれた時なんか、『バカだからわかりません』…ぐらいのことは平気で言います。気の利かない営業マンのことを、『あいつバカだから』…と、聞こえてもいいと思って言います。不良少年を見かけたら、『頭のてっぺんでバッカでーすってアピールしてるみたいな髪型!』と、聞こえないように言います。ただ、シャレにならない相手のことをバカと言うことはありません。…シャレにならないおばちゃんでした。

他社でチラシのポスティングをしてくれるパートさん募集の面接に来た人たちにお茶出しをしたことがあるのですが、そのおばちゃんが強烈な印象だったので覚えています。『態度がどうとかいう次元じゃなくて…日本語が通じないんだよ』…と、落とされました。日本生まれ日本育ちの日本人なんですが、受け答えがうまくいきづらいのです。効率を優先させる会社なので、受け答えの可否を重視しました。

私がくるくる回ってきた先で、ポスティング求人でやってきたおばちゃんに再会しました。『日本語が通じないんだけど…○枚○円で配ってくれる人はほかに居ない』…から採用でした。

意思を疎通させるのにコツがあることがわかってきました。最初に必ず、『昨日は親戚の人が家にたくさんやってきたから大変だった』…とか、『歯が痛いから歯医者に行った方がいいような気がする』…とか、明らかに業務に無関係なことを言われるのですが、そこで『はぁ?』と言わずに、『そうですねぇ大変ですよねぇ』…的に適当な相槌を打っておくと、本題に入ることが出来ます。念のため、2~3回に分けて、こちらの要求を理解しているか復唱してもらいます。

私はこのおばちゃんのお陰で、『通訳』と呼ばれて重宝がられました。いろんなタイプの人がいろんな形で不動産業に携わっているのです。
«  | HOME |  » ▲ page top