管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

謝罪

『申し訳、ございませんでした。』肩甲骨ぐらいまでは床から垂直に、頭はややうなだれ気味で手を前に組む傾聴姿勢。そこからよく通る声で活舌よく発声。声で注目を集めてから、大げさ過ぎず軽すぎない角度で深く一礼します。勢いをつけずに頭を上げたあと、『今後二度とこのようなことが無いように…』等の、さっき考えておいた適切なセリフを発話しながら、意識して苦い顔を継続します。真横で涙を貯めて立っている若い事務員さんは他人に届く程度のボリュームの声なんて出したら嗚咽しそうですからね。わかりやすく謝るのがパートの役目でしょ?

170803pose_namida_koraeru_woman.png

先ず、お局様が若い事務員さんの名前を怒鳴って呼びつけておられました。悪気のない子だけどボンヤリしておられますし、機嫌悪い時にミス発覚してお気の毒ねーって他人事のように思っていたら、『不動さんも来て!』って怒鳴られました。何か悪いことしましたっけ?首を横にかしげそうになるのを修正しながらお局様のお席まで急行しました。『なんで二人が呼ばれたのかわかってる?』『……。』やぶへび回避のため無言のまま、俯いて神妙に反省顔。

担当が若い事務員さんに代わってから、営業マンが必要な書類を全然出して来なくなったとのことで、それを催促しないのは職務怠慢であると大きな声で責め立てておられました。『仕事やる気あるの?』やっぱり。こういう答えが一つしか想定されない質問をぶつけてくるのが機嫌悪い証拠です。『…あ、あり、ます…。』ああダメだ、この子もうこれ以上発話できない。

お局様のテンションは高いままなのに、困りましたね。『不動さんも!』『?!はいっ!』『あなたなら全体の進捗状況を把握できるでしょ?月末は特にチェックしないとダメじゃないのよっ。』んんんん?わざわざ呼びつけられて怒鳴られる趣旨が何なのか2秒くらいわかりませんでしたが、ようやく空気が読めたので、冒頭の丁寧な謝罪というパフォーマンスに至ったのでした。

170803businesswoman4_cry.png

『わかったんなら、席に戻りなさい。』の一声で私たち二人は解放され、若い事務員さんはお局様に聞こえるかどうか微妙なボリュームで『すみませんでした。』と、呟き、お席に戻ってさっとハンカチを取り出してから、おそらくお手洗いの個室へと消えました。泣いているのかな?かわいそう(´・ω・)ってパートのおばちゃんでも思うのですから、黙って耳をそばだてていた男性営業マンたちが同情しないはずありません。5分以内にほぼ全ての営業マンが立ち上がりました。

若い事務員さんは席を外したままなので、みなさんパートの私に声をかけて来られました。『さっきの、なんか、ごめんねー。これ締め切り過ぎちゃったけど書類、事務員ちゃんに渡して、謝っといてねー。』ヒソヒソ声に合わせて、よく通らない声で返すことにしました。『あぁ、全然、お気になされずー♪書類ありがとうございましたぁ。』女の子の涙って無限大の威力ですね。

でも、ですよ。わざわざ会社で泣かさなくてもいいんじゃないですか?パートだけを呼んで怒鳴ったって、営業マンの半分は5分以内に持ってきて下さったでしょう。自発的に持って来なかった方には、『あなたが職務怠慢なせいで私が怒鳴られたんですよ。早く出して下さい!』って催促しに行くに決まっているじゃないですか。誰か泣かさないと気が収まらないぐらい、機嫌が悪くなることってあるものなのでしょうか?仮に不動産屋さんから怒号やら嗚咽やら聞こえてきても、どうせつまらないことが原因です。勇気を出してのご来店をお待ちしております。

清き一票を♪

大平原にて

それは工場用の土地探しにしては電気も水道もそれほど使わない業種とのことで、豊富な選択肢の中からご予算にあった物件を見つけるという、比較的簡単そうなお仕事でした。ただ、工業団地は都心に集中して在る訳ではないので、見に行くのも一日仕事、遠すぎるエリアの物件は日を改めてということで、チマチマしたお仕事をたくさんこなしたい不動産屋さん(…少数派?)には不向きかも知れません。各地の業者さんと連絡を取ること自体は簡単でした。…レスポンス悪い業者さんとはご縁が無かったのだと潔く諦められたからですが、何か?

一件目というか、一台目。第一印象が『ボロいなぁ!』という社用車で、『電気系統がおそらくショートしてません?』って言いたくなるぐらい、ウィンカーの調子もおかしかったです(失礼)。『お車を値踏みしに来たのではない、不動産を見に来たのだ!』と、心の中で言い聞かせながら色んな物件をオジサン営業マンに案内して頂きましたが、エアコンのある車に戻って来られるとは言え、夏は少し外に出るだけでも汗だくになります。私の化粧が…(泣)。

遊びに来ているならリゾート仕様ワンピースにパラソルとか涼しい対策も出来そうですが、炎天下コンベックス(巻き尺)持って小走りする状況で日傘も出していられません。私の日焼けが…(泣)。遊びの内見(暇か!)だったら、スマホに入れている無料アプリ(カメラ、騒音チェッカー、距離カメラ、水平器、コンパスなどなど)で済ませて軽量化出来そうです。そうもいかないので靴と服の形に日焼けして、違う靴を履いてきた日なんかよく笑いを取ることになりました。

このボロ車の営業マンが、お客さんそっちのけで自分だけ車内に置いてあった水を飲むんですよ。何も用意してない私も悪いのですが、その飲みかけペットボトル寄越せとは言いたくないし、その辺のコンビニで停めてくれとか言えそうにない、大平原の工業団地だし。一番汗をかいていた私でも日焼け以外の健康被害は無かったのですが、それからは500mlのペットボトルを何本も持ってくることにしました。これで何時間連れまわされても大丈夫?


(c) .foto project


二台目はファーストクラスのシート(座ったことないけど)みたいな高級な座席のお車を美人営業マンが運転して下さいました。これでもか!ってぐらい大量に飲み物が何種類も用意してあって、おやつとウェットティッシュ付き(負けました…)。余ったのも全部持ち帰って下さいねーと言われ、飲まなかった自前の水含めて大荷物で戻ることになりました。さすが女性営業職は気が利いているなぁ!と涼しい車内で冷えた炭酸を飲みながら思ったものですが、ちょっと時間が経つと、変な話、あわよくば化粧室に入りたいなぁと思ってしまいました(我慢の範囲内)。

ボロ車の時は暑くて汗かきっぱなしで水分補給もしてなかったので、色んな物を濾して出すべき水も汗の方に回っていたのでしょう。あまり汗をかいてなくて水分も十分にとっていると、時間がたてば当然、濾過したくなるというものです(一カ月ぶりの更新が下ネタですみません)。こういうのを我慢し続けていると女性でも結石が出来たりするらしいので、やはり暑さ対策+水分補給+トイレ休憩はどれも欠かせないように思います。夏場はみなさん気を付けて下さいね。

お客さんの都合も聞かずに返事を急かした三台目の不動産屋さんは論外として、出来れば気配り上手な方の女性営業職に儲けさせてあげたかったのですが。ボロ車さんの物件を気にいられたので、彼女のお役に立てませんでした。エリア内に安い居住用賃貸需要がございましたが、『安い仕事にまで高級車使わせる気?』って思われても恥ずかしいですし、安い方の案件も飲み物とおやつとウェットティッシュ持参の上、ボロ車(失礼だって?)で決めました。

残念ながらご縁の薄かった気配り営業マンですが、あの時の快適ドライブのことは感謝しておりますし、仕事中あんなにトイレ我慢することもなかったなぁと、今もよく覚えております。

清き一票を♪

マンションとかチラシの女性ブログ

不動産業界以外のお仕事で、本当は就きたかったなーと思っている業種はございますか?パートだと掛け持ち禁止されてない方が多いでしょうから、体力があるなら夜働けますよね(ちょっと前に書きましたね)。ある不動産屋さんから時々チラシを配りに行ってくれるおばちゃんが、色んな同業他社さんとも同様の契約を結んでいることが発覚しました。何社も同時に配れるという兼業で、『だから格安の報酬でも引き受けてくれたのか!』って納得したことがございました。特に弊社の紙は分厚いから他社のと一緒に持ち運ぶと重たいとは思いますが。

不動産屋さんでチラシを配るのではなく印刷する係だった時に、兼業しようかどうか迷ったアルバイトがございました。当時は自社のチラシを刷りつつ、エリア内で中古マンション購入を検討していたので、他社のチラシを大量にストックして熟読していました。そこに、『自宅に来た不動産のチラシを集めて送って頂くだけのアルバイトです』っていう募集のチラシが来たのです。宅建士目線で見ると法令違反なチラシも多かったし(その間違い探しが密かな楽しみでした)、お叱りを受けることになるのかしら?意義のあるお仕事だと思ったのです。

問題は、自社のチラシです。法令違反は無いつもりです。ただ、支店長より偉い人の承認を待たずに印刷して配ってしまっているという証拠を、一般人より詳しそうなチラシ収集団体に提出してしまうのはいかがなものか。私がこの職に就くことで自社のチラシだけ送らないようにすれば、偉いかも知れない団体から叱られるのを防げるのではないか。いえいえ、アルバイト代を頂くのに必要な物をわざと提出しないのはプロとしてよくない。かと言って、パート代を頂いている会社に不利な情報をポイポイ流すのも気が引けるし…。悶々とするだけでした。

そんな私が収集した広告コレクションは、本屋さんの袋のお下がりにザックリ放り込んでいるだけだったのですが。市役所とか法務局で『おひとり様3枚まで』って書いて置いてある無料の広告入り封筒をゴッソリ持ち帰るなんてこともせず(主婦っぽい発想?)、対価を支払って購入してから定規で長さを揃えて切り取った茶封筒に一枚ずつ日付を入れてキレイに保存しておられる男性が、ブログを書いておられるんですよ。几帳面で丁寧な方であることは、ブログを少し読むだけでわかって頂けると思います。→ 『 マンション・チラシの定点観測

私、見た目はオバチャンですけど中身はオッチャンですからね(最近書きました)。こんなキッチリした方に絡みに行くとかしたら軽蔑されるかもーと思ってまして、かなり遠巻きに拝読しておりました。正確なデータと共に新築マンションの販売予告チラシを紹介していく記事の多いブログだと思っていたのですが、思うところあって女性ブロガーをお探しみたいです。で、当ブログが紹介されました。恐れ多いやら申し訳ないやら…v(*´∪`*)vどうもありがとうございます!私と一緒に並べられている女性ブロガーさんたちは、ちゃんとしておられました。他にも良い女性ブロガー多数おられると思うので(自薦他薦は問わない)、ご存知の方、紹介して差し上げて下さい。一応、条件みたいなのがあるようです。→ 『 女性マンション・ブロガー(まとめ)

清き一票を♪
 | HOME |  » ▲ page top