管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

予算を下げてからの住まいかた

いい暮らしを続けて来られた方が、何らかの理由で今までと全然違うお家賃での生活を突然強いられた場合とか。今後もいい暮らしを続けられるけど業務上、『何コレ?使い方がわからない!』っていうお部屋に出会われる場合とか(不動産関連で食べておられる方)色々ありそうなのでブログに書いてみます。主に水回りの話題ですが。

浴室乾燥機付きのお部屋なら難易度の低い生活が出来るとは思いますが、それでも厳しいという方には対応できなくてすみません。もっとお安い物件に暮らすコツです。バルコニーの向きが南でも西でもない場合は起床後の日照時間が短いと思いますが、お部屋にロープを張ることも出来ない場合は洗濯物を乾かすのに困りそうですよね。乾燥機を置くスペースがないからと言って毎日コインランドリー利用ではお金がかかりますし。

東向きの場合、天気予報を確認しながら夜通し干しておくのも手。日の出前から洗濯機を回すのははばかられるけど、洗濯物を干したまま寝たところで他人様に迷惑はかかりません。バルコニー南向きでなくても ルーフバルコニー を使えばいいじゃないってお話もございますが、今回は格安物件が対象ですので置いておいて。次のお引越し先にも持って行きやすい、組み立て式のハンガーラックなど購入されてはいかがでしょう?




『かなり小さめの洗濯パンしか無いよー。』っていうのはまだマシ、そもそも排水出来そうな場所が見当たらないお部屋もございます。私は脱衣所に洗濯機を置いて、ホースを浴室に垂らして使ってきました。真冬は寒かったですけど、使用後にホースを上に向けて引っかけておくと、排水時に垂らし忘れてもブザーが鳴って便利でした。上階の人が短いホースのものを使われていたらしく、『洗濯排水で水浸しにしちゃったんですけど、大丈夫でしたか?』って飛んで来られたこともございました。今は解体済みの物件でしたが、板間の下はどうなってたんでしょうね(直接の被害は感じませんでした)。

【数量限定特価】アイリスオーヤマ メッシュパーテーション RP-420 ホワイト




両手が自由になった状態でシャワーを使いたいというのはワガママですか?そんなささやかな夢のお手伝いに役立ちそうなアイテムの一つが、メッシュパーテーション(浴室に使えるとは書いてませんが)。うまく設置できればシャワーヘッドのみならず、色んな物をぶら下げられるかも知れません。浴室の床がスッキリすると掃除しやすいです。


お家賃控えめアパートと言えば追い炊きの出来ないお風呂もしくは浴槽無しってイメージだと思いますが、古い物件だと追い炊き出来るものもございます。バランス釜と言って、着火の手順がちょっと面倒に感じるのと釜が場所を取って邪魔に感じるのとで、あまりお勧めしたくないタイプですが、どうしても追い炊きにこだわるのであれば。いつまでも焚き続けるという悪い癖が有って、浴槽で居眠りするとご本人にも、(ビジュアル的に)第一発見者にも危険なので、疲れている時の入浴には要注意です。



プチプライスで楽しくお買い物して頂きたいのに後味悪いイメージで終わるのも嫌なので、狭小空間での食後に役立ってくれる物をご紹介しましょう。スリムタイプの水切りかご。このサイズしか置く場所がない、狭めのキッチンにお勧めです。お茶碗が立てられるタイプの物なら二段でなくても一人分の食器を全部並べられるかも知れませんが。そもそも私は二段かつお茶碗が立てられるタイプの物でも場所が足りず、百円ショップでいくつも買った、シンクに渡して使う網に色々並べて干してますが、何か?


清き一票を♪

パートの壁

相手によって本音は敢えて語らないようにしております。直接雇用をお願いしたくて不動産屋さんの面接を受ける際は、『主人の会社(=勤務先を指す)が色々とうるさいみたいでスミマセン…』ですし、無関係の親族やら友人やらには、『よくわかんないけど難しい決まりが有るらしくって…』ですし、派遣元には、『不器用なもので、毎日の家事をこなすのに時間がかかるんです…』って感じで。本当は、『堂々と使えるお金が欲しいしお勤めには出たいけど、身体が疲れ過ぎない程度にしたいわ…』って本音をそのまま伝えると感じ悪いから言い換えているだけですが。パートで働きたい理由です。

社会的な見られ方(主婦していると明後日の方向から色々文句言われますので…)という点で一番おトク(私の偏見)だと思うのは、フルタイム勤務の終身雇用正社員です。色々辛抱する点も多いでしょうけど、安定性とか色々羨ましいもの。見られ方も悪くなく、勤務による疲れ方も悪くないと思うのは、時短社員。社員としての権利は保障されつつ、パート勤務のような働き方ですが、『育児中の正社員』等の適用条件が有るので簡単にはなれません。社会的な見られ方がパートよりも良くて、時短社員よりはお仕事による疲れが大きいイメージなのは派遣社員。派遣元が色んなハラスメントから守ってくれようと頑張って下さるのは心強いですが、交通費が個人負担でボーナスも出ないことが多い等、『経済的に損してる』って気分になる機会が多いものです。

それより損(やはり偏見)で他の従業員より下に見られるパートという働き方を選ぶ理由?『身体が疲れ過ぎない程度で…』って言いづらいし、表向きは、『社会保険料とか配偶者控除とか配偶者特別控除とかを考慮して家計からの支出をセーブしたいので…』ということでしょう。私がOLだった頃は、『派遣社員さん100万円の壁が有るから来月から来られないんだってー。』って言われてなんとなくわかった気になっておりましたが、壁って一枚岩じゃないんですね。収入以外に、労働時間の壁もございますし。


去年の政府広報オンライン→社会保険の加入対象が広がっています


時給はほぼ最低賃金、労働時間は扶養範囲内なので交渉不可…って条件でパートの求人されている不動産屋さんが多いとは思いますが。『フルタイム勤務できる方歓迎、時短勤務も相談可』って書いてある場合は、面接前に自分が望む収入の範囲と労働時間について把握しておく方が良いでしょう(スラスラ言えると賢そうに見えるかもです)。

注意しておくべきことは、ご主人の年収が高い場合は配偶者控除が無い場合もあるので、主張する前に要確認。労使合意していれば従業員501名以上の企業でなくても社会保険にパートが入りやすい(週20時間以上かつ月収予定88,000円以上等の条件になります)環境にはなっているはずですが、『御社の従業員数ですと…』って言い方ではなくて、『社会保険料の負担をしたくないので労働時間を…ということでよろしいでしょうか?』っぽく聞く方が感じ悪くなさそうです。あとで調べて頂けるでしょう。

今年2018年分の収入に関しては、パートが今から12月末日までに受け取れる賃金の合計(9月~11月勤務分?)はなかなか90万円ぐらい(住民税はお住まいの自治体によって異なるので要確認)を超えないでしょうから、初めて働く方は今年の年収の心配不要そう?何らかの計算間違いで?ご主人の勤務先で社会保険加入を断られ、ご自身の勤務先では加入条件を満たせない場合、国民健康保険料や国民年金保険料を自分で負担する必要がございます。その手続きが完了しない間に病院や診療所で治療を受けて全額負担した場合も、遡って国民健康保険加入者だったという扱いで3割負担として返金を受けることは可能です。あまり我慢せずに早めの診察を受けて下さいね。


清き一票を♪

終点間際のマイルーム※賃貸ですが、何か?

空気は悪くないし、野菜と地価は都会の半額以下のように感じるし、一応は鉄道が通ってるんだから長い通勤時間を我慢して郊外(の、その向こう)に住むのも悪くないかも、と、甘く考えていました。家賃安いですし(仲介手数料が安すぎて?大手不動産会社はこの町に皆無です)。『田舎暮らし』という言葉からイメージするような面白そうな生活は期待できない町ですが、郊外(の向こう側)の暮らしをナメていたみたいですね。色々トラブルがあって、高速インターネットという今まで当たり前に享受できていたインフラに長期間ありつけず、ブログの更新がかなり遅れてしまいました。

ネットサーフィンできない夜も星空を眺めて過ごせるのは良いことだと思っています。裸眼でも今は火星がハッキリ見えますし(それは都会も同じって?)。天の川が見えるぐらいの田舎だったらもっと楽しめそうですが、おそらくもっと想定外な何かで苦労しそうなので、まずは郊外(よりもうちょっと郊外)生活に馴染んでいこうと思います。

星右向き

都会からちょっと離れた所で暮らしてみようと思っている方が同じ落とし穴にはまるかも知れないので、私の失敗例を書いておいて参考にして頂くことにします(主にネット接続関係)。来て頂ければすぐにわかる話ですが、ネットカフェが見当たりません。若い層が少ないからでしょうか。そして、当たり前に光回線の入っているマンションやアパートがなかなか見当たりません(これは調べないとわからないでしょう)。

都会だとターミナル駅とか地下鉄の駅周辺は便利なものが揃っているイメージですが。電車通勤する人が少ない町では、国道とか官公庁周辺の方が便利になっています。地元のケーブルテレビのカバー範囲も官公庁から数キロ以内とのことでした。光回線がダメ、ケーブルTV回線もダメということで、次に選択したのはポケットwifiです。長い間借りてきて、建物の中でも電波が通じる機種を選ぶ等のコツは習得できましたが、何カ月も借り続けるには安くありません(にわかユーザーの偏見だったらすみません)。

通話用とは別に持っているスマホに格安SIMを入れてテザリングすることで、費用をもっと安くしてみました(知らない用語に戸惑った方、推奨しない方法なので説明は割愛します)。好きなタイミングで繋げられるようにロック解除して電源入れっぱなしに設定を変えたところ、翌朝には端末が熱くなって膨れてスマホカバーが外れて入らなくなり、バッテリーが膨張して何ミリか盛り上がってしまいました。携帯電話に過酷な仕事を押し付け続けたのが敗因、充電が全然もたなくなったので長く充電する必要が出来ましたが、結露しないように気を付けながら冷ましたりして騙し騙し使い続け…。

新聞は今まで通りオンラインでダウンロードしたり、インターネットで動画見たり、使い方が激しかった?ある日突然、接続速度が極端に遅くなってしまいました。使い放題プランでも使い過ぎると速度制限という制裁を受けるシステムのようでした(他社もそうかはわかりませんが)。スマホのアプリをダウンロードしたり更新したりするサイトにもアクセスできない速度、これではブログも書けません。でも新聞のダウンロードは続けたいので、その分の接続料だけ通話用スマホから課金しました。

うごくキャー

色々試して私の場合はブログが書ける速度のインターネット回線を得ることが出来ましたが。自宅でオンラインゲーム三昧という生活は田舎のほとんどの場所では出来ないらしいことを初めて知り、まだまだ私には勉強が足りないということがわかりました。ほとんどの場所ではADSL回線の新規登録は出来ないようですが、このサービスが終了する時に代替の接続方法が来てなくて困る地域も有りそうですし。かと言って人口の少ない所に新しいインフラを整えるのも大変そうですし。解決案が浮かびませんでした。

ブログ更新が出来ない間も、遅い回線で当ブログを閲覧することが可能であることは確認出来ました。色んな環境の方に読んで頂けるような地味なブログ記事を作り続けていきたいと思う所存です。更新サボりっぱなしのブログにずっとアクセスして頂いていた方々へのお詫びと感謝の気持ちを、文字でお伝えする方法があれば良いのですが。

清き一票を♪
 | HOME |  » ▲ page top