管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

不動産屋のパートの全て

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

大人としてお願いしたいお話

複数名同時採用された新卒の社員さんたち…。夢とか希望とか期待とか宿しているせい?目がキラキラしていて…まぶしいです。『若いなぁ』って思うと同時に、『こんな感想を持つ私ってばトシとっちゃたのね!』とも思います。そんな年長者が、若い方に聞いて頂きたいお話です。

もちろん、掛け持ちバイト禁止の不動産会社にお勤めの方はダメですよ…。たまにパートの後でアルバイトに出ることがあるのですが、そちらで気付かされたこと、それで今更ながら世界がつながったような大発見をしました。みなさんにとっては、ただの小さいお話ですが、何か?

私が10歳ぐらいの頃、『20歳以上は大人だし、大人の言うことは正しいし、先生のおっしゃることは聞き入れるべきだ』って教わったものです。でも、20代の先生のおっしゃることが間違っていて、指摘すると逆切れされるし、『先生は大人なのにどうして大人気げないのかしら?』って首をかしげていたものです。20歳ぐらいになると、『自分が悪い時は非を認めて謝るべし…って躾をされないまま年月が経過して成人しちゃった人はいくらでもいるものだ』…という真理に気付き、子供が思っているほど大人は大人でないということがわかりました。

子供と大人に体格差以外の境目なんて無いのかも知れないなーって思い始めた30代、新卒若人のキラキラ瞳にあてられて、『全然同じじゃないオバチャンが厚かましいこと思ってスミマセン!』って一人無言で反省しました。ピカピカの新しいスーツもよくお似合いですよね…。
キラキラ新入社員の図

20代の社員さんが新入社員に研修してきたあと、『あいつら、学生気分が抜けてないのか、先生っ!て呼んできやがる…』って仰るのを、30代女性社員と一緒に笑って聞いていたのですが。次に研修してきた彼女が、『そこまでトシ離れてないはずなのに、間違って、お母さん!って呼びかけられました…』って笑えない報告をして来られました。彼女は未婚なのよ…。

さて、私の夜のアルバイト。学習塾で主に中高生を受け持ってきたのですが、『どうしても代理の先生がこの日必要だから』って頼まれて、『今日絶対に残業できません』宣言をして夕方から小学三年生クラスを見てきました。そちらでは教室に蔓延するテンションが高過ぎて生気を吸い取られるような心地でした。『〇〇クンは小生意気なこと言って大人を困らせる子だけど悪い子じゃない』って引き継ぎを受けてきたところの〇〇クンに、言われました。『先生、今日で〇ページまで進まないといけないからペース配分に気を付けてね。今から急ぐと間に合うと思うから大丈夫だけど、覚えといてね。』あ…ありがとうね、〇〇クン(たじたじ)。

私が〇〇クンぐらいの頃、『先生のやり方だとダメです!』って言い方しか出来ませんでした。言いたいことを伝えたあと、『大丈夫だけど、覚えといてね。』なんて柔らかいダメ押しをするとか高度な話術、今の私にも出来ません。状況判断力とか話術とか、臨時で来たパート上がりのオバチャンよりこの小学生の方が格上でした。年齢=人格習熟度ではなかったのです。

だからこそ、新入社員のみなさん!不動産の知識とか経験は、私たちの方がたくさん積んでいるかも知れませんけど。けど!主任以下の先輩を『先生』とか『お母さん』とか呼ばず、同じ会社で働く仲間という認識で、とりあえず苗字にさん付けで呼んで下さい。お願いします。あとね、『だって、僕(22)より母(48)の年齢の方が近いじゃないですか?』…なんて残酷な事実は指摘しないで下さい。『そういう風に見られているのか。』って気付いてショックでしたよ。

清き一票を♪

花冷え

不動産屋さんの繁忙期も落ち着いてきた頃ですね、皆さまお疲れ様です。お住み替えの皆さまは今が一番多忙でしょう、体調を崩されませんように…いい人アピールしておきました!春になると、『忙しいなぁ!』って思うことが多いのですが、同時に思い出すエピソードがございます。テーマである『温度差』よりも、いい人そうに見える記事タイトルとさせて頂きました。

パートを複数名同時募集されている不動産会社では、希望の配属先を聞いて頂けることがあり、その時は迷わず、『極力お客様と話さなくて済む場所』に入りたがります。カウンターで待機していると、通行人に道を聞かれたり色々ございますが(余裕の対応)、時々、『絶対にいいお客さん!』って雰囲気(だいたい当たる)の方が来店すると、『いい人そうオーラ』『怖くなさそうオーラ』『頼れそうオーラ』という、普段全然出さない空気のようなものを数種類同時に醸し出しながら、奥で待機する営業マンに繋げないといけなくて、メインの業務が苦手で疲れます。

カウンターからは見えない場所での出来事ですが、『頑張って四年制大学を卒業したのに希望の職種である事務系で就職出来なかったよー!』っていうお嬢さんがコネで入社してきたことがございました。エクセル入力の仕方から教えてきましたが、本当に事務に向いてないなぁと思いつつ、カウンターにも出せないし…。アウトな電話対応やら、データ破壊やら、色々やらかされたのをお人よしのフリをしてにこやかに後始末するのに苦労しました(主にメンタル面)。

やっと、忙しい時に何か簡単なことを頼めるレベルの人材力が身に付いた頃、『もっといい所(←軽く失礼)に就職するために大学院に進学したくなったから』…という理由で、退職したいと言われました。社内一丸となって、そういう理由なら仕方ないですねーってお引止めもなく、トントン拍子で最終出勤日も決まりました。お人よし会社らしく花束を用意したり、最終日まで、『私いい人ですから、ちっとも迷惑だなんて思いませんでした』っぽい雰囲気を貫きました。

最後の最後に、お嬢さんがたいそう感動しながら、『不動さーん、今まで本当にありがとうございましたー!!』って言って下さいましたが、その時私は、ひどくショックを受けていました。その感動に全然共感していないし、『なんかデータおかしいんですけど?』って社員さんがコッソリ言ってくることがこの先激減するであろうことに安堵しているし、それを隠しながら、『私も名残惜しいです』って顔を作っている自分に嫌気がさしました。お嬢さんの感動と社内に残る人たちの本音の温度差、演技する私と私自身の本音の温度差。嘘をつくような後ろめたさ。

私が全然いい人じゃないからこそ、いい人のフリが疲れるのか?私が特別、演技をすると疲れやすい体質なのか?矢面に立つ社員さんの背中に、心の中で手を合わせながら、『いい人のフリなんて重労働をして頂いて、ありがとうございます。』って感謝しています。もうカウンターの奥に居ながら演技なんてしたくありませんし、お嬢さんのご希望通りの就職をどっかしらの他社で遂げて頂きたく、健闘を祈り続けております。ブログをご覧いただいている皆様には、花冷えの折、夜桜を見ながら冷たいビールなんて飲んで風邪などひかれませんようにお祈り申し上げます。…って部分まで、嘘っぽく見えたら更にショックですけど、本当にご自愛下さいませ。

清き一票を♪

営業マンに騙された話

彼は不動産業界経験のある営業マンとして中途入社して来られたのですが、その不動産屋さんでは、私の方が先に働いていました。後輩パートさんにお仕事を教える立場でもあり、パートと言えども社内ルールには新入社員より詳しいぐらいでした。…というか、宅建業法を知らない宅建士なんて居ないはず…じゃないですか?どう考えても、知ってて内部の人間を騙すつもりだったとしか考えられません。私がコロッと騙されることを確信していたのでしょう。

私の方が中途入社の方より詳しいのは社内独自のルールのみです。金額、件数のみならず、案内した回数とか物件登録数とか、毎月色んなノルマが有るのは他社でもよくある話でしょうし、そのうちの一つが足りないとか催促するのは上の方の業務。営業マンとは、渡された書類を見て定型フォームに入力するだけの関係でした。いつも月末に契約いっぱい入れてくるなぁとか物件登録数は常に少ないなぁとか個性だと思って見てきましたが、それが伏線でした。

『これ、午前中に全部入力しといてね。』って言われた時に、締め切りの短さのあまり疑うことを忘れてしまった私のミスです。他社物件は実質仲介しない主義の不動産会社ではありますが、建前上、他社物件をいくつも登録しておりますアピールのために、営業マン一人一人に登録件数のノルマがあるのです。どうせ仲介しないのにって思うと面白くないのでしょうが、社内ルールも法律も、それでお給料を頂くのなら守らなければなりません。

登録物件に反響があってから問題が発覚しました。資料を下さったという他社さんに確認してみると、『何の話ですか?』と、寝耳に水のような反応です。資料を再度見てみると、まったく歪みのないFAXの端に印刷された文字部分だけ、この他社さんのものとは違う?頂いた会社印の部分だけ全くカスレが無い?『 エンド さんから反響あったので他社さんに確認のお電話してみたんですけど…この資料、どういうことですか?』詰問調で訪ねても、『今忙しいからあとで!』と、逃げようとします。『 物確 も出来ないのに、反響にどう答えるんですか?』『もう放っといてよ。』反響電話に折り返す約束した後輩パートさんに、放っとけなんて言えない…。

帯替え 作業(決して悪いことではない)のコツを後輩パートさんに教えていたところでした。目立つ局所カスレの消し方、帯だけあとで載せましたーって雰囲気が出ないようなじませる方法、頂いたFAX資料の端を隠すためにA4サイズの長さに切っておいた修正テープを使い回すと便利だとか…色々。『これぐらい丁寧に作りこまないとお客様に違和感を与えてしまいます。』って私が指導してきたレベルより、営業マン作成分は低かったのです。それに騙されるなんて、不甲斐ない!先輩パートである私の信用も道連れに失墜してしまいました。

清き一票を♪
 | HOME |  » ▲ page top