管理人ですが、何か?

Author:不動ゆり子



不動産投資or建設・不動産業ランキングへジャンプ

芸の幅を広げるべく、コストパフォーマンスの高さを武器に転職を繰り返して不動産業界を漂ってます。

※このブログはリンクフリーです。
承諾無くリンクして下さって結構です。


ご注意→当ブログについて
(初心者様用)ブログの読み方


連絡先/ご感想・ご質問

ご意見・ご感想・ご質問…こちらからどうぞ
管理人へメール
(お気軽にどうぞ)

不動産屋訪問者様(累積)


不動産屋の記事更新速報

当ブログ内に限定して検索

全過去ログ(1ヶ月分ずつ)

QRコード

QR

RSSフィード

ブログランキング参加中


↓人気ブログランキングへ
不動産投資or建設・不動産業ランキングを開く
(クリックありがとうございます)


しょぼくれん会員の印です。

ご注意

時々他のサイトへリンクを貼っておりますが、リンク先でのトラブルについて当方は一切の責任を取りませんので、ご自身の判断と責任で取引するようにお願いいたします。お問い合わせや苦情等も、直接リンク先へお願いいたします。

お菓子は小道具になるのか

尊敬する派遣社員の先輩に、『お菓子外し』…なる弱い者いじめへの対処法を語って頂きました。路傍の石を凶器に用いる人もいる一方、陰険なOLさんは、どなたかが親切心で用意して下さった菓子折りを、イジメの小道具に用いるのだとか。山分けすると見せかけて、派遣社員とかパートさんにだけ配らず、『こんないい物を貰えないあなたより私はトクしているのよ、いいでしょう?』って見せつけるのだそうです。『そんなことしたら幼稚園の先生に怒られますよ?』『怒ってもらわなくて良いのです。ダイエットにご協力頂きありがとうございまーすって態度を示しておけば良いだけですから。』

これは、『本来もらえるはずのお菓子は、ダイエット中の自分にとっては不要な物』って思うことで対処していますね。相手を変えなくても、自分の考え方次第で被害者面しなくて済むのです。『私の分だけシュークリーム無かったんですけど~』って買ってきて下さった営業マンにおかわりを催促するぐらい図々しいパートさんになった私は、数えるほどしかお菓子外し(事後に回収できたものは含まず)の被害には遭っておりません。買ってきたお菓子を路傍の石のような小道具として使われるよりいいでしょう?

他社さんが菓子折りを持って来るのは会社の看板に対してであって、正社員じゃない自分には関係ないので、『お菓子は労働の対価に含まれていない』…と、普通に思っておけば、『私にだけ配られないということは、ダメージを受けたのだ!』ってリアクションをする必要もありません。給茶機とか、早く出社した事務員さんが用意しておいたポットのお湯とかは、自分用には使わないって信念を貫いておけば、パートの弱点は減ります。不動産会社の営業マンは目配りの出来る方も多いし、お菓子外しに気付いてドン引きされていますけど、そこでし続けるメンタルの強さもすごいなぁとは思います。

自宅に、頂き物だったんですけど、見かけ倒しでイマイチな味の菓子折りがございました。食べ物を粗末にするのも悪いから捨てづらいし、面と向かって、『これ食べて』って言えるクオリティでもございません。これしか方法がないと思い、パートの勤務時間が終わってから給湯室に駆け込み、『一部だけ配った残り』っぽい感じで開封済みの箱を設置しました。翌朝チェックすると、個包装のお菓子がなくなって箱がカラになってました。全然美味しくなかったけどどこのお土産なのか?誰が持ち込んだのか?外した後ろめたさからか?唯一正解を知っている私にはどなたも聞いて来られませんでした。

清き一票を♪

厚かましいお願い

若手営業マンたちが吠えていました。『アイツ、自分のミスを棚に上げて好き勝手言いやがって!』『俺がひとこと言ってきてやるからな!』若い事務員さんもソッチ側…かしら?共同仲介しようとしていた相手の不動産屋さんがミスしたのがきっかけで(弊社の言い分)、取引が流れてしまったそうです。『これさあ、先方もコッチも、二人とも若手だからこそ、こうなったんだよ。どっちかベテランだったら未然に気付いて防げたんだと思うよ。』『流れてしまったものは仕方ない。気持ち切り替えていった方がいいよ。』年上グループはこんな感じ。退屈そうに聞き流していたパートのおばさんもね。

名指しで他社さんを悪く言わない主義ですが、大手さんです。大手不動産会社の営業マンだからって間違うことはあるのです。人間ですもの。弊社のベテラン勢の言い分によれば、不動産に長く関わってる人ならミスに気付くはず…とのことですが、それでも全然ミスしないとも限りません。発生率が低いだけ…かも知れませんし、低いのは露呈率だけなのかも知れません。契約予定が流れない程度には慎重であるべきですけどね。

相手のことはお電話の声でしか存じませんが、少なくとも弊社の担当営業マンは他人から嫌われない方です。冷めすぎと思われているであろう社内年配層だって本当は悲しく思っています。お客様が残念に思っておられるのは間違いないでしょう。誰一人として望まない結果のために、みなさん時間や労力を無駄に注いできたのでした。

そこで、厚かましいお願いがございます。担当の営業マンはプロとしての自覚と責任を持って一生懸命頑張っております。部下の抱える案件を時に厳しい目で見守る上司も、売主様買主様共にご満足頂けるように気を付けております。…と、一応は努力しているのですが。売主様も買主様も、『プロだからミスするはずがない』…とは思わず、何かおかしいかも?って思われたらお申し付け下さい。仮に間違ってなくても、お客様から怪しく思われるような説明しか出来なかったことについては、営業マンの反省材料になりますので、とてもためになるご意見です。積極的にチェックして頂けると幸いです。

内見予定段階でミスしても社内一同が悲しむことは滅多にございませんが、見たいお部屋じゃない方のお部屋の鍵しかご用意出来なかった…では、お客様の貴重なお時間を無駄にしてしまいます。どこかのパートと違ってオウム返しのように復唱しなくても叱られることはありませんが、『この営業マン、本当に間違えてないよね?』って気持ちで、『では、日曜日の10時半に〇〇マンション〇号室のお部屋の中を見ますので…』って感じで、確認して頂けると助かります。スムーズに成約していけることはみんなの願い。みんなで叶えていきましょう。…本当に厚かましいこと書いてすみません。

清き一票を♪

社会保険 vs 個人事業主~奥様の決断~

ブラック企業ではない会社で正社員として採用されるのは楽ではないと思ってますが、不動産業界に限って言えば、退職金の額とか伺っていると、社員でなくてもいいのかなとも感じます。主婦が事務の仕事を探すとすると、派遣社員かパートとして雇って頂くケースが多そうですね。当たり前のことをキレることなく自ら店長に説かなければいけないパートよりも、労働基準法の知識を持つ派遣コーディネーターを介する方が、そういう意味では楽かも知れません。フルタイムのお仕事の方が歓迎されるようですが。

正社員でないことのデメリットの一つは、雇用が安定しないこと。3カ月とか1年とか雇用契約の期限が定められているので、契約更新されない可能性を忘れてはいけません。なので、求職中だろうが就業中だろうが、常に求人情報はチェックしております(相場より時給安いのに気付いたから辞めます!って言うためではございませんよ)。そこで、労働法の範囲外で『求人』しているケースがあるのに気付きました。

『時給は〇〇円ちょうどです。』って明記されていないのが特徴でしょうか。書けないから。『労働法によって保護される労働者の募集ではありません。』とか、『どれだけ働いても社会保険に加入出来ません。』とか、『雇用契約ではないので最低賃金(相当)の所得を保障できません。』も、書いてないと思います。書かなくてもいいから?

どんな方が個人事業主として業務委託契約をするメリットを享受できるのでしょう?現在、ご主人の扶養家族になっていて、国民年金の第3号被保険者であり、その立場を捨て去る覚悟のない方は違いますね。ご主人の勤務先によって配偶者を扶養家族から外す要件は様々です。奥様の年収制限はもちろん、直近1~3カ月で稼ぎ過ぎたという理由で外す企業もあれば、所得が少なかろうが個人事業主はダメとする企業もあります。

複式簿記で帳簿を付けることに慣れていて、税務署の手続きをすることが平気な方には向いているかも知れません。被雇用者と違って給与所得の控除がないので、青色申告特別控除を受けるための手続きをすることになると思いますので。最大65万円の控除を受けることなく所得税を払うとしても、開業届を提出する義務はあるので、確定申告ほか税務署への届け出は必須となります。未経験の方には覚悟のいるお話ですね。

アルバイトにせよ、パートにせよ、お給料を頂いて働く以上はプロフェッショナル。責任をもって従事しましょう。個人事業主は失業保険にも入れませんし、いい加減な業務内容で済ませたら次は無いかも知れません。やはり責任をもって成し遂げましょう。…このあたりは労働者も個人事業主も似たようなものですね。他人に促されたから開業しようという主婦よりは、社会人として知識と経験を積んで独立したくなってきたという方の方が向いているように思います。『どんな方が享受できるか?』の、私なりの答えは、『もともとその道でフリーランスとして稼ぎたいと考えていた方』…です。

清き一票を♪
 | HOME |  » ▲ page top